2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

日経ビジネス・オンライン/支援の気持ち、持ち続けてくれますか

27.03.2011 白壁 達久(日経ビジネス記者)支援の気持ち、持ち続けてくれますか震災経験者だから分かる「気持ち」と「効果的な活動」 行方不明者の捜索活動が続く一方で、被災者の仮設住宅の建設も始まった。懸命な復旧活動により道路や空港、港の利用も再開されつつある。物流網が整えば、支援物資や燃料の供給にも弾みがつく。日本全国、いや世界中から集まる力を合わせて、未曾有の大災害が残した爪あとの修復が始まろうとし...

Financial Times/大災害の爪痕 ~FT現地ルポ

25.03.2011大災害の爪痕 ~FT現地ルポ(1/3)~地震と津波は東北地方に最もひどい打撃を与えた。現地の惨状を目の当たりにしたデビッド・ピリングが、恐ろしい惨状と人々の毅然とした態度についてリポートする。日本の家屋では「敷居」が非常に重要な意味を持つ。敷居は外と内、すなわちパブリックとプライベートを分ける境目である。神道という日本古来の宗教では、2つの相反する世界を分け隔てると同時に結びつける、目に見えな...

Bloomberg Businessweek/チェルノブイリ、25年後の現実

16.03.2011 James M. Gomenz/Daryna Krasnolutskaチェルノブイリ、25年後の現実 チェルノブイリ原子力発電所の凍てつく敷地内では、カタカタと音を立てるガイガーカウンター(放射線測定器)が、史上最悪の原発事故の影響を今も伝えている。焼け落ちた原子炉を封じ込めるため、一時しのぎの策として造られた“石棺”は腐食が進む。 「石棺はこれほど長期間使われるはずではなかった」。同原発の現場監督、アレクサンドル・スクリ...

ECO JAPAN/原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差

29.03.2011 石 弘之原発事故を巡る国内と海外のあまりに大きな温度差今回の原発事故ほど、日本と欧米との受け止め方に大きな「温度差」のある現象にこれまで出会ったことがない。自国民を日本から避難させ、甲状腺がん予防の安定ヨウ素剤を送りつける欧米と、実感とかけ離れた発表を繰り返している政府や東京電力との差はどこからくるのだろうか。 日本政府や東京電力が「事故は収束しつつある」「放射能汚染の健康への被害は考...

MSN/東電“機能不全” 情報公開錯綜、安全確保の支障に

02.04.2011東電“機能不全” 情報公開錯綜、安全確保の支障に東京電力福島第1原子力発電所事故で、同社の情報公開が錯綜(さくそう)を続けている。汚染水の放射性物質(放射能)濃度などの計測データで誤りと訂正を繰り返しているほか、公表の遅れも目立つ。背景には最悪の事態を想定した危機管理の不備がある。迅速で正確な情報公開は、周辺住民や作業員の安全確保の大前提。原発や放射能漏れの状況を把握し的確な対策を打つのが...

愛の夢 フジコ ・ ヘミング Liszt / Liebesträume No.3 You Tube-

フジコ ・ ヘミング。幼少期、ヨーロッパ時代、帰国後の大ブレイクと、波乱万丈のドキュメンタリーを地で往ったピアニスト。猫が好きで愛煙家でもあり、絵も秀でた才能の持ち主である。愛の夢 フジコ ・ ヘミング 2009 Liszt / Liebesträume No.3 Fujiko Hemming - Debussy Clair de Lune 月の光(「ベルガマスク組曲」より) Ingrid Fujiko Hemming - La CampanellaPavane pour une Infante defunte:RAVEL Fujiko Hemming...

BLOGOS/原発事故報道と戦前の新聞

30.03.2011 高田昌幸原発事故報道と戦前の新聞東日本大震災の後は、半ば呆然とした日々が続いていた。札幌は、地震も津波も原発事故も、ほとんど影響がなかったし、今もない。自分の日常の仕事も、震災前と同様に続いている。新聞労連の集会に呼ばれて青森県の八戸市へ出向いたのは、2月初旬のことだった。東北各地から地方紙の記者や販売・営業担当の人たちが集まり、夜は店を3軒もハシゴしながら「地方紙はこれからどうしたら...

日経BP/リスクマネジメントとツイッター力

29.03.2011 林 志行の「現代リスクの基礎知識」東日本大震災(1) リスクマネジメントとツイッター力2011年3月11日、14時46分に発生した東日本大震災。 冒頭、犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、震災から2週間以上が経過し、被災地域ならびに被災者の方々が少しでも安らげる体制をいかに作るか、さらに復旧復興に向け、筆者自身もネットワークを駆使し、知恵を絞り、貢献できるよう行動したいと考えている。 1000...

発表されている(放射)線量の見方

01.04.2011 合原亮一の「電脳自然生活」ブログより発表されている線量の見方知人から線量の判断について質問された。一般的な解説が必要と思ってはいるのだが、実際のところ多様な要素を判断しなければならないので簡単には説明出来ない。本質的な話としては、全ての人が複雑な核物理学を理解していなければ自分の身を守れない社会がおかしい。しかし残念なことに既にそういう社会になってしまっている。参考になればと、知人への...

ダイヤモンド・オンライン/日本の大手メディアと欧米メディア、プルトニウム報道の“温度差”

31.03.2011 上杉 隆 [ジャーナリスト] 日本の大手メディアと欧米メディア、プルトニウム報道の“温度差” 福島第一原発周辺の土壌からプルトニウムが検出された。 検出されたプルトニウムは、乾燥した土壌1キログラムあたり最大で0.54ベクレルと東京電力は発表した。 この猛毒プルトニウムの検出は世界中に衝撃を与えた。BBCは速報を流し、ル・モンドもさらなる核汚染の危険性を伝えている。 世界中のほとんどの新聞・テレビ...

ロイター/出口見えない福島原発危機、解決には数十年か

31.03.2011焦点:出口見えない福島原発危機、解決には数十年か[ニューヨーク/ワシントン 30日 ロイター] 巨大地震と大津波で被災した東京電力福島第1原子力発電所からの放射能汚染が広がる中、一段の深刻化を防ぐため現場で対応に追われている作業員らは、悪夢のようなシナリオに直面している。 あらゆる取り組みは生命の危険を伴い、福島原発危機が最終的に収束するには数十年かかる見通しだ。専門家らは、それまでに多...

MSN/泥だらけ遺体「少しでもきれいに」

29.03.2011 福島・南相馬市 検視の警部補泥だらけ遺体「少しでもきれいに」 津波に、余震、原発…。「正直、怖かった」。東日本大震災で津波に襲われ、原発事故で屋内退避地域となった福島県南相馬市。検視のため現地に派遣されたある警察本部の40代の警部補が、懸命に遺体と向き合った1週間を振り返った。 「遺体はまるで泥の塊だった」。警部補が南相馬市に入ったのは地震発生2日後。5府県警の計160人が10人ずつの...

WSJ/東電、甘すぎた危機対応策

31.03.2011東電、甘すぎた危機対応策東京電力が福島第1原子力発電所での危機対応のために配備していたのは担架1台、衛星電話1台、防護服50着――。今回起きたような事故はまったく想定されていなかったことが明らかになった。 ウォール・ストリート・ジャーナルが確認した福島第1原発の緊急時対応策は、外部への支援要請についてもほとんど書かれておらず、地震と津波による被害を受けた今回の原発事故の対応がなぜ混乱したかがうか...

原発 緊急情報-武田邦彦(中央大学)

武田邦彦-中央大学原発関係の記事は、「特設スタジオ」と「特設2」(最近のもの)に入っています。最初の頃の記事をご覧の場合は「特設スタジオ」にありますので、それをクリックしてください。最近の著作■原発 緊急情報その他...

NHK/IAEA 飯舘村は基準下回る

02.04.2011 NHK福島第一原発関連ニュースIAEA 飯舘村は基準下回る福島県飯舘村で、IAEA=国際原子力機関の避難勧告の基準を超える放射性物質が検出された問題で、IAEAは1日、その後の分析では、放射性物質の濃度が避難勧告の基準を下回ったと発表しました。この問題は、福島第一原子力発電所から北西におよそ40キロ離れた飯舘村で、日本側が測定した土壌のデータをIAEAが独自に分析したところ、IAEAが避難...

MarkeZine/震災情報の信頼度「NHK」が1位、ソーシャルメディアは功罪相半ば

29.03.2011震災情報の信頼度「NHK」が1位、ソーシャルメディアは功罪相半ば野村総合研究所は29日、東北関東大震災の発生後1週間の間に、人々がどのようなメディア(情報源)を重視したかを調査し、その結果を発表した。野村総合研究所は、3月19日から20日にかけて、関東在住の20~59歳の男女を対象に調査を行い、3224名から有効回答を得た。その結果、地震関連の情報提供で情報源として最も重視されたのは「テレビ放送(NHK)」で...

ロイター/訂正:東電の国有化案浮上、政府内には原発事業切り離す会社分割案も

29.03.2011訂正:東電の国有化案浮上、政府内には原発事業切り離す会社分割案も福島第1原子力発電所の事故収拾が長引く一方で、東京電力(9501.T: 株価, ニュース, レポート)の経営危機を先取りして同社の再建策をめぐる議論が水面下で政府部内で始まった。 事故を起こした原発の後処理や、原発事故による近隣住民や企業、農家などに対する補償問題のほか、火力発電の復活に伴う燃料コストの上昇などで、東電の損失は計りしれない...

日経ビジネスオンライン/今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう

今の放射線は本当に危険レベルか、ズバリ解説しよう「水道水、牛乳は飲んでも大丈夫か」「暫定規制値とは」「チェルノブイリと何が違うのか」――第一線の専門家にインタビュー小瀧 麻理子(日経ビジネス記者)、山根 小雪(日経ビジネス記者)東京電力福島第一原発での事故の影響で放射線被害の波紋が広がっている。 菅直人首相は3月23日、福島産のほうれん草や小松菜、茨城産のパセリや原乳など一部の農作物について摂取や出荷制...

「けた外れの支援だ」 台湾からの義援金が100億円を突破 親日ぶり示す

【2チャンネル]名無しさん@十一周年:2011/04/02(土) 00:13:23.38 ID:nW3z0jS60 みんなに100億を超える義捐金の意味を考えて欲しい。 「台湾」 国家予算:4兆8千億円 人口:2300万人 「日本」 国家予算:90兆円 人口:1億2000万人 もし台湾が災害にあったとき、はたして我々日本人の義捐金が ・国家予算ベースで1,900億 ・人口ベースで530億 これだけ集めることが出来るのか。 これは信じが...

千葉市内で測定した空間放射線量率の測定結果

財団法人 日本分析センターお知らせ■空間放射線量率について千葉市内で測定した空間放射線量率の測定結果を公表します。空間放射線量率の測定結果について(17) [平成23年4月1日(金) 9時現在]空間放射線量率の測定結果について(16) [平成23年3月31日(木) 9時現在]空間放射線量率の測定結果について(15) [平成23年3月30日(水) 9時現在]空間放射線量率の測定結果について(14) [平成23年3月29日(火) 9時現在]空間放射線量率の測定結果...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。