2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

復興支援ポスター配布サイト

復興支援ポスター配布サイトこのサイトのコンテンツは、デザイナーの心意気により、全てパブリックドメインに属している。自由にお使いいただきたい。...

2・5倍の被ばく新限度適用せず 原発作業員の放射線量/47NEWS

09.04.20112・5倍の被ばく新限度適用せず 原発作業員の放射線量高い放射線量下で進む福島第1原発の作業で、厚生労働省が事故後急きょ100ミリシーベルトから250ミリシーベルトに引き上げた作業員の被ばく線量上限を、派遣企業の多くが「現場が納得しない」などとして適用せず従来基準に従っていることが9日、共同通信の取材で分かった。 基準緩和は経済産業省などの要請によるもので、線量管理下での延べ作業時間や作業...

02.03.2006 日本共産党吉井議員/原発8割 冷却不能も 津波引き波5メートル 取水できず 炉心溶融の恐れ

原発 津波で冷却不能も2006年3月2日(木) 日本共産党 吉井議員指摘 「しんぶん赤旗」原発8割 冷却不能も津波引き波5メートル 取水できず 炉心溶融の恐れ吉井議員指摘 津波による五メートルの引き波が発生した場合、日本の原発の約八割にあたる四十三基の原発で、冷却水が一時的に海から取水できなくなることが一日、明らかになりました。衆議院予算委員会分科会で、日本共産党の吉井英勝衆院議員の質問に、広瀬研吉経済産業...

東日本大震災:非常電源、複数確保を 全原発対象に保安院指示/毎日jp

09.04.2011 毎日jp東日本大震災:非常電源、複数確保を 全原発対象に保安院指示東北電力東通(ひがしどおり)原発1号機(青森県)で、7日に最大震度6強を観測した東日本大震災の余震の影響で3台ある非常用ディーゼル発電機がすべて使えなくなった問題で、経済産業省原子力安全・保安院は9日、従来の方針を見直し、原発の外部電源喪失に備え常時2台以上の非常用ディーゼル発電機が作動できるよう、電力各社に保安規定の変更...

1号機の異常と東京放棄の可能性 !

これは注視し続ける事が必要だ!07.04.2011 読売オンライン窒素注入は米NRCの助言、水素爆発再発を警告新たな水素爆発を防ぐため、東京電力は福島第一原子力発電所1号機の原子炉格納容器に窒素を注入しているが、この措置は米原子力規制委員会(NRC)が報告書の中で必要性を強調していたものだ。 報告書は、同原発の現状について冷却のために原子炉に注入した海水の塩分が炉内にたまり、十分な冷却ができなくなっていると...

『休眠預金を活用した東北復興構想』(案)/NPO法人フローレンス駒崎弘樹

2011年4月NPO法人フローレンス駒崎弘樹NPO法人ETIC. SAL プロボノリサーチチーム『休眠預金を活用した東北復興構想』(案)中間調査報告書4月8日版目次1. 大震災からの復興に向けて必要な資金と課題2. 課題解決策としての日本版休眠口座基金3. 日本版休眠口座基金活用案~毎年生まれる休眠口座の30%(300億円)で震災時にできる支援~4. まとめと次の一歩.........
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。