2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

予測震度に予測到達秒数まで表示される緊急地震速報ソフト『SignalNow Express』

予測震度に予測到達秒数まで表示される緊急地震速報ソフト『SignalNow Express』地震の情報は、気象庁の高度利用者向け緊急地震速報から受信。普段はタスクトレーに隠れているが、緊急地震速報配信サーバと常時接続されている。もしも地震が起きた場合は、警告音と共に予想地点と地震の規模、予想震度に予想到達時間が表示されるのだ。本ソフトは無料だが、メールアドレスの登録が必要。登録後にライセンスキーが送られてくるので...

Googleが日本のために作った応援メッセージ翻訳サービス「Messages for Japan」

Googleが日本のために作った応援メッセージ翻訳サービス「Messages for Japan」Googleが日本人のために、世界中の応援メッセージを即座に翻訳するサービスを開始した。このサービスは世界中のネットユーザーが母国でメッセージを投稿すると、自動的に翻訳され、日本のユーザーが閲覧できるようになっている。また、同時に寄付金を募ることも可能のようだ。4月9日にプロモーションの動画がYouTube上に公開されているのだが、それに...

最悪の「レベル7」引き上げの意味-小出裕章(京都大学原子炉実験所) YouTube-

12.04.2011【福島原発】★最悪の「レベル7」引き上げの意味05.04.2011再臨界の可能性示唆みなさまへ (BCCにて転送)松元小出裕章先生(京都大学原子炉実験所)、再臨界の可能性示唆。=========永岡です、毎日放送ラジオ、たね蒔きジャーナル、今日も放送がありました。今日は強烈な内容です。 まず、毎日新聞、平野幸夫解説委員より、前日に出た田中真紀子氏のような人がなぜ政権中枢にいないのかと、政権批判がありま...

必要物資・支援要求マップ

必要物資・支援要求マップ地図上に必要物資・支援要求などの情報を書きこむことが出来ます(書き込み方法)支援者は「米」などで書き込み検索すると、米を必要としている地域がわかります。(左のメッセージをクリックすると地図上に本文が表示されます)書き込み方法 * 住所を検索してください。 * 地図上のマークを掴んで移動、もしくはクリックすると、発言ウィンドウが開きます。 * 発言内容を入力して送信ボタンを押...

庶民感覚で本質を突く本紙の時事川柳/東京新聞

07.04.2011【コラム】筆洗 庶民感覚で本質を突く本紙の時事川柳には、はっとさせられることが多い。<専門家こんなにいたのに事故起こる><原発を薦めたタレント知らん顔>。その通り、と膝を打った▼<マスメディア原発後押し一休み>。「原発ルネサンス」などと浮ついた言葉を吐いて、政府が進めてきた原子力政策に無批判だった新聞やテレビへの痛烈な批判と受け止めた▼いま、こんなことを考えている。殺人や汚職事件の取材にか...

ニュースの深層「東京電力会見は信用できるのか YouTube-

05.04.2011ニュースの深層「東京電力会見は信用できるのか」1/4 ニュースの深層「東京電力会見は信用できるのか」2/4 ニュースの深層「東京電力会見は信用できるのか」3/4 ニュースの深層「東京電力会見は信用できるのか」4/4...

地震・原発-用語解説/47NEWS

地震・原発-用語解説 ≪東日本大震災、福島第1原発事故に関連する用語の解説記事一覧≫...

福島第1原発事故 原発の問題点を聞く-大島堅一・立命館大国際関係学部教授/毎日jp

◇大島堅一教授 1967年、福井県生まれ。92年一橋大社会学部卒、97年同大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。経済学博士。高崎経済大経済学部助教授、立命館大国際関係学部准教授を経て08年より現職。専門は環境経済学、環境・エネルギー政策論。近著に「再生可能エネルギーの政治経済学」(東洋経済新報社)がある。03.04.2011福島第1原発事故 原発の問題点を聞く/上東日本大震災で発生した東京電力福島第1原発...

ニュースにならない被災者の本音/ニューズ・ウイーク

31.03.2011ニュースにならない被災者の本音(その1)「ありがとうございます」「お疲れ様です」――先週末から5日間、仙台を拠点に被災地を取材した際、幾度となく言われた言葉だ。タクシーに乗ったとき、ホテルの受付で、県庁や市役所、そして避難所を訪れたとき。 話を聞いた被災者のなかには、家族を失った人、大切な人がまだ見つからない人、家も職場もすべて失った人もいる。自分が彼らの立場だったらと考えると、そんなとき...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。