2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

被災地・気仙沼に伝わる昔話「みちびき地蔵」が、海外サイトで紹介される/ロケットニュース24

被災地・気仙沼に伝わる昔話「みちびき地蔵」が、海外サイトで紹介される70年代から80年代にかけて、土曜の夜を高視聴率で支えた番組『まんが日本昔ばなし』を覚えている人も多いだろう。その中で放送された「みちびき地蔵」という題名の話が、今回の震災への警鐘だったのではないかとして、海外のサイトで紹介されている。この話の内容は、ざっと要約すると以下のとおりだ。宮城県気仙沼市大島での物語。地元の伝承によると、亡く...

海外の警察官から弔慰金 「国は違えど仲間」/47news

29.03.2011海外の警察官から弔慰金 「国は違えど仲間」「国は違えど仲間。ご遺族に渡してください」。東日本大震災で殉職した警察官に宛て、海外の警察官から手紙と弔慰金が届いた。国内の警察も被災地の仲間に装備品を送るなど、友情と支援の輪が広がっている。 中野寛成国家公安委員長によると、手紙と弔慰金は、拳銃を携行した私服警察官が航空機に搭乗しテロやハイジャックに備える「スカイマーシャル」制度で交流のある国か...

岩手発 震災復興ポスター/PHOTOMO Notebook ブログ

岩手発 震災復興ポスターPHOTOMO Notebook ブログより ツイッターでみかけた岩手県 (釜石市) 発の震災復興ポスター。佐々木さんという方が制作、撮影は馬場龍一郎さん。右側のコピーは 一緒に悲しむことよりも、あなたの仕事を一生懸命にやってほしい。 それが沿岸を、岩手を元気にする力になると思うから。と書いてある。シリーズは全部で9枚。“前よりいい町にしてやる。” ”心まで壊されてたまるか。”ぐっときた。..........

Googleが日本のために作った応援メッセージ翻訳サービス「Messages for Japan」

Googleが日本のために作った応援メッセージ翻訳サービス「Messages for Japan」Googleが日本人のために、世界中の応援メッセージを即座に翻訳するサービスを開始した。このサービスは世界中のネットユーザーが母国でメッセージを投稿すると、自動的に翻訳され、日本のユーザーが閲覧できるようになっている。また、同時に寄付金を募ることも可能のようだ。4月9日にプロモーションの動画がYouTube上に公開されているのだが、それに...

将来世代のための地球環境論ブログ/世一良幸

環境を含め、諸々の事象について非常に判り易く指摘、提言を為されていますヒドすぎる原子力安全委員会の会議内容 投稿者:世一良幸 投稿日:2011年 4月 8日(金)01時29分40秒 こんばんは。原子力安全委員会がどんな議論をしていたんだろうと思って、ホームページで議事録を読んでみたのですが、これってヒドすぎますね。ちょっとご紹介しましょう。.......将来世代のための地球環境論( 経   歴)世一 良幸 (よいちよしゆき...

汚い電気、きれいな電気/下野新聞

13.04.2011汚い電気、きれいな電気東京電力福島第1原発の事故で在り方が問われている原子力発電。電力業界の資料によると、2009年度には日本の電力の29%が原発からのものだった▼「二酸化炭素(C02)の排出量が少ない」などとして国と業界を挙げて推進してきた割に、この比率は1990年度の27%とあまり変わらない。逆に大きく増えたのが石炭火力発電。90年には電力の10%しかなかったが、09年には 25%に増えている。.....

せっかくの人材や技術を生かせたのか-正論大賞受賞記念大阪講演櫻井よしこ/msn

31.03.2011「せっかくの人材や技術を生かせたのか」正論大賞受賞記念大阪講演会で櫻井よしこ氏第26回「正論大賞」(フジサンケイグループ主催)に輝いたジャーナリスト、櫻井よしこ氏の受賞記念大阪講演会が31日、大阪市北区のリーガロイヤルホテルで開かれた。「勇気をもって国難を乗り越えよ」をテーマに東日本大震災における政府の対応などを論評。「せっかくの人材や技術を生かせたのか」と、国家の組織を生かしきれない民...

「津波」先人の警鐘生かされたか 東日本大震災/河北新聞

10.04.2011「津波」先人の警鐘生かされたか 東日本大震災11日で発生から1カ月を迎える東日本大震災。東北の沿岸部を襲った津波は多くの家、人々をのみ込んだ。「人知を超えた災害」とも言われる一方で、先人は津波への警鐘を残している。歴史から何をくみ取り、教訓をどう継承するのか。再び同じ被害を繰り返さないためにも、過去の津波被災地を歩き、学ぶ。.......03.04.2011 NEWSポストセブン海外メディア「日本人賞賛」の...

レベル7 迷走した事故評価、政府の対策も後手に/msn

12.04.2011迷走した事故評価、政府の対策も後手に福島第1原発事故が、国際評価尺度(INES)で最も深刻なレベル7に位置付けられ、広範囲に拡散した放射性物質による人の健康や環境への影響が一層懸念される事態となった。政府による、これまでの事故評価は迷走。農作物や水産物に加え、日本の輸出産品に与える風評被害も深刻になることは確実で、政府の対策が後手に回ったことは否めない。......10.04.2011 ourplanet 全国...

日本の原子力災害:放射線に耐える /The Economist

11.04.2011 日本の原子力災害:放射線に耐える経済的・人的損失の暗雲が拡大している。精力的に動き回る南相馬市長、桜井勝延氏の首には、ペン型の線量計がぶらさがり、4週間に及ぶ原子力災害の悪夢のうち、後半2週間に浴びた累積放射線量を測定している。 43マイクロシーベルトという現時点での値は、胸部X線検査1回の被曝量とほぼ同じだ。それならば、恐れる理由は何もない。 だが、桜井市長は、市役所から25キロ離れた福島第...

【山崎解説・想定外に備えよ】/NHK科学文化部

NHK科学文化部2011年04月10日 (日)【山崎解説・想定外に備えよ】東京電力福島第一原子力発電所の事故で、先月11日の津波は、建物や設備に残された跡から、最大で15メートルの高さに達し、主要な建物があるほぼ全域で、高さ4メートルから5メートル程度浸水していたことが分かりました。「想定外」と関係者が口にする大災害、ではどんな備えが必要だったのか。山崎記者が解説します。......2011年04月11日 (月)【水野解説:余...

「メイド・イン・ジャパン」風評にどう対処?―60年代の放射線量は1万倍だった/WSJ

11.04.2011 尾崎弘之・東京工科大学教授「メイド・イン・ジャパン」風評にどう対処?―60年代の放射線量は1万倍だった食品で続く出荷停止と風評被害 東京電力福島第1原子力発電所の事故の影響を受けた食品の出荷規制はすでに3週間続いている。問題は、基準をクリアしている食品までも、「風評被害」によって、売れなくなっていることだ。これは国内のスーパーマーケットに限ったことではなく、アジア、オセアニア諸国は軒並み、...

反日感情を変えた「女川町の奇跡」 FRIDY連載『中国的インパクト』より/現代ビジネス

09.04.2011反日感情を変えた「女川町の奇跡」FRIDY連載『中国的インパクト』より「津波が来るぞ! 高台に逃げろ・・・!」 3月11日午後3時過ぎ、宮城県女川町。高さ18mもの大津波が市街地を一気に呑み込んだ―。東日本大震災により、同町では判明しているだけでも、死者と行方不明者を合わせて1100人を超える被害が出た(3月29日現在)。町内の大部分が壊滅し、震災から2週間を経ても電話回線すら復旧していない。 甚大な被害をもたら...

【台湾ブログ】日本のために…前向きに生きて祈りましょう!

13.04.2011 サーチナ【台湾ブログ】日本のために…前向きに生きて祈りましょう!ライターとして活躍中の台湾人女性・凱莉(ハンドルネーム)さんが、東日本大震災に心を痛め、ブログを使って被災者と日本に向けてエールを送った。  「日本が大震災に見舞われたというニュースを見て、重く暗い気持ちになった」という凱莉さん。3月11日午後は会議中だったというが、「地震の影響が千葉県に及んでいると知りつらかった。私の親友2...

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う津波被災マップ

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震に伴う津波被災マップ日本地理学会災害対応本部津波被災マップ作成チーム 東北日本太平洋岸を襲った津波による被害の全容を詳細かつ迅速に把握するため,地震後に撮影された空中写真(国土地理院がwebで公開)を実体視判読し,津波の遡上範囲を縮尺1/25,000の地形図に記した.家屋流出等の甚大な被害を受けた範囲もあわせて示した....
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。