2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

震災で変わった中国人の日本観/msn

23.04.2011震災で変わった中国人の日本観3月11日に発生した東日本大震災以降、中国メディアでは日本の報道が急増し、多くの中国人の日本に対する印象に大きな変化をもたらしたようだ。それまでにアイドルグループやアニメなど日本の流行文化の魅力に惹かれながらも、歴史や尖(せん)閣(かく)諸島の領有権問題をめぐり日本を敵視してきた多くの若者たちは、募金活動に参加するなど日本支援に回った。インターネットなどで秩序...

日豪の絆 紡いだ少年の手紙/msn

24.04.2011日豪の絆 紡いだ少年の手紙「ギラード首相様。首相はほかの国の首相と話すことができると母から聞きました。日本の首相にこの手紙を送ることができますか?」。手紙の主はオーストラリア西部パースに住むアシュウィン・クレスウェル君(9)。彼の訴えがジュリア・ギラード首相(49)を動かした。両親捜す少年に感動 「僕は新聞でトシヒト・アイサワという男の子の写真を見ました。母はその記事を読んでくれました」...

海外の反応 - 米軍の日本支援作戦、オペレーション・トモダチ /とりいそぎ。blog

2011年03月29日海外の反応 - 米軍の日本支援作戦、オペレーション・トモダチ -本日は、オペレーション・トモダチ(トモダチ作戦)。............とりいそぎ。blog http://gyanko.seesaa.net/article/193036198.html16.04.2011 msn「アリガトウ」の文字に感動 トモダチ作戦の米軍幹部東日本大震災の人道支援をする米軍「トモダチ作戦」の指揮に当たったトス空軍大佐が15日、電話で記者会見し、日米同盟の意義を強調、「戦時だ...

避難所で提供されたちらし寿司に驚愕/ここヘンJAPAN

08.04.2011避難所で提供されたちらし寿司に驚愕地震発生から約1カ月経ち、避難所生活が長期化する被災者たちを元気づけようと、さまざまな団体が炊き出しを行っています。最近では温かい食事を提供するだけでなく、何が食べたいのか事前に要望を聞いてから料理を提供したり、各国のボランティアが自国の料理を振る舞うケースもあるようです。そんな中、韓国ではある避難所の様子がテレビで報じられ、その時に提供されていた食事が...

がれき撤去後、放射線量低下 東電、汚染マップを公表/47NEWS

24.04.2011がれき撤去後、放射線量低下 東電、汚染マップを公表 東京電力が作業員に情報提供している福島第1原発敷地内の「汚染マップ(サーベイマップ)」 福島第1原発事故で、東京電力は24日、建屋周辺で放射線量を計測し、作業員に情報提供している「汚染マップ(サーベイマップ)」を公表した。明らかになったのは23日午後5時20分までのデータを記載したマップで、3号機近くで20日に見つかった毎時900ミリシ...

「世界のどの国もネットを監督」…中国メディアがそろって特集/サーチナ

22.04.2011「世界のどの国もネットを監督」…中国メディアがそろって特集新華社が運営するニュースサイト「新華網」、中国新聞社の「中国新聞網」、大手ポータルサイト「新浪網」などは22日までに、「世界各国は法にもとづき、インターネットを監督・管理している」などと題する特集頁を掲載した。中国当局がインターネットの情報を検閲・干渉しているとの批判に対抗するキャンペーンと考えられる。特集ページでは、各国のインター...

国民バカにした財務省シナリオ…東電“理不尽”値上げのワケ/ZAKZAK

22.04.2011国民バカにした財務省シナリオ…東電“理不尽”値上げのワケ政府が全国的な電気料金値上げを画策している。東京電力福島第1原発事故の巨額な賠償金にツケ回す狙いだ。人災の疑いも濃い事故の後始末を、電気料金値上げでお手軽に回収しようというツラの皮の厚さには恐れ入るが、東電管内以外の国民も負担するとあってはますます筋が通らない。ただでさえ、原油など燃料価格の上昇で電気料金の値上げが続いているのに、どれ...

中国、電気自動車部品メーカーに国内勢との提携求める/ロイター

22.04.2011中国、電気自動車部品メーカーに国内勢との提携求める 中国は海外の電気自動車(EV)部品メーカーに対する暫定措置として、中国企業への技術供与と提携を求める方針を打ち出した。これに対して海外企業の間では困惑が広がっている。 ただ世界最大の自動車市場である中国への進出に二の足を踏む海外企業はほとんどない。 国家発展改革委員会(NDRC)はウェブサイトで、4月1日以降海外の電気自動車・部品メーカ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。