2011/04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Home - « 03 | 2011/04 | 05 »

スポンサーサイト

東電・エネ庁の電力供給量過少申告は「原発利権」温存のため

25.04.2011 news ポストセブン東電・エネ庁の電力供給量過少申告は「原発利権」温存のため「真夏の大停電」が起きると大騒ぎされたが、実は、当初の電力供給見通しでは、夜間の余剰電力を活用して水を汲み上げ、ピーク時に発電する揚力発電400万kW分が含まれておらず、大停電は回避できると週刊ポスト4月29日号で報じた。なぜこんなことが起きたのか。まずは大山力・横浜国立大学大学院教授(電力システム工学)の説明を聞こう。「...

菅首相「原発賠償、最後まで国が面倒見る」

29.04.2011 読売オンライン菅首相「原発賠償、最後まで国が面倒見る」福島原発 菅首相は29日午前の衆院予算委員会で、東京電力福島第一原子力発電所の事故について、「一義的には東電に責任があることは言うまでもないが、原発を推進する立場で取り組んできた国の責任も免れるものでない」と述べ、国の責任を認めた。 そのうえで、地域住民や農業、漁業の被害について「国としてしっかり補償する責任がある」と明言。さらに、...

太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇

28.04.2011 asahi.com太陽光導入で年利1.0% 城南信金が「脱原発」優遇 原子力発電所事故を受けて「脱原発」を訴えている信用金庫2位の城南信用金庫(東京都品川区)は28日、脱原発のための預金や融資を5月2日から始めると発表した。太陽光発電などを導入すれば定期預金の利息を年1.0%に引き上げ、導入のためのローンも最初の1年間を無利子にする。 「節電プレミアム預金」と名づけた1年間の定期預金を始める。利...

2号機から流出した高濃度の放射性物質、沖合で拡散か

28.04.2011 msn2号機から流出した高濃度の放射性物質、沖合で拡散か 福島第1原発2号機の取水口近くから海に流出した水に含まれていた高濃度の放射性物質について、東京電力と経済産業省原子力安全・保安院は28日までに、取水口付近に滞留する一方、既に外に出たものは沖合で拡散しているとの見方を示した。 東電によると、取水口付近で26日に採取した海水に含まれていたヨウ素131は濃度限度の3300倍、セシウム13...

核燃料損傷割合、1号機55%に訂正 東電「転記ミス」

27.04.2011 asahi.com核燃料損傷割合、1号機55%に訂正 東電「転記ミス」東京電力は27日、福島第一原発1~3号機の原子炉にある核燃料の損傷割合について、1号機55%、2号機35%、3号機30%に訂正すると発表した。これまで、70%、30%、25%と発表していた。計算や評価の際のミスだったという。 損傷の割合は、原子炉格納容器内の放射線量から算出する。東電によると、1号機については計算時に計測データ...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。