スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネス-ツイッターが変えた被災後の情報伝達

14.03.2011
-ツイッターが変えた被災後の情報伝達-
伊藤 暢人(日経ビジネスオンライン副編集長)
特別編:スピードと信頼性でミクロ情報広める

甚大な被害をもたらした東北地方太平洋沖地震。
現地の被災状況が明らかになるにつれ、情報収集や伝達の遅れが
目立つようになった。
こうした中、市民レベルでの情報伝達にツイッターが大きな役割を果たした。
それをどう見るのか。いちはやく市の全職員にツイッターアカウントを配布し、
日本ツイッター学会の会長も務める佐賀県武雄市の樋渡啓祐市長に聞いた。
(聞き手は 伊藤暢人)

樋渡啓祐市長
ph01.jpg


――今回の地震は、過去にないほどの被害を及ぼしています。
地方公共団体のトップとして、どう受け止めていますか。(続く)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。