スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBプレス/頼れるどころか、もはや「有害」な日本の震災報道

2011.03.18(Fri)  烏賀陽 弘道
頼れるどころか、もはや「有害」な日本の震災報道
信頼に足る情報を探し求めて分かったこと


3月17日午前0時40分。今、この原稿を東京の自宅で書いている。
3月11日金曜日午後2時46分(東日本大震災発生)以来、この国がもう後戻りの
できない別の時代に入ってしまったことを刻一刻感じている。
 マグニチュード9.0の巨大地震。大津波。原子力発電所事故。
どれ1つとっても「国難」級のクライシスが3つ、束になってやって来たのだ。
これ以上深刻な危機は「戦争」か「大規模テロ」ぐらいしか思い浮かばない。

 今後の日本の歴史は「3.11以前」と「3.11以降」に分類されるだろう。
そういう意味で「2011年」は、「1868年」(明治維新)「1945年」(敗戦)に続く
日本の現代史の分岐点になるだろう。
私は新幹線に乗って関西に逃げるべきなのか?

 日本のマスメディアや報道を観察している私にとっては、
これは歴史的な好機である。新聞、テレビ、インターネットなどマスメディアを
「最も過酷な条件にさらした場合の実績データ」がそのまま記録できるからだ
(アメリカのマスメディア取材報告を続ける予定だったのだが、
次回はいつ再開できるのか分からなくなってきた。しばらくお待ちください)。(続く)


2011.03.22(Tue)  桜林 美佐
一体どこから来るのか、
自衛隊員の半端ではない使命感


「自分が行きます!」

 全ての隊員が口を揃えた。福島第一原発に放水をするため、
陸上自衛隊のヘリコプター「CH-47」が出動することになった時のことだ。

 「任せろ、これくらい大したことはないさ」「今、無理しなくてどうする」

 被曝覚悟の作戦にもかかわらず、そんな声があちこちから聞こえてくる。

 同原発では、3月14日に3号機で放水作業中に水素爆発が起き、4名のけが人も出た。
その中には、中央特殊武器防護隊長もいた。事故に遭った隊員は後送されるのが
通常だが、隊長は下がることを強く拒んだという。
 「あの、温和なアイツがそんなことを・・・」
 同期の幹部自衛官が絶句した。とても、そんな無理をするタイプに見えなかったが、
何が彼にそう言わせたのだろうか。

車座になって涙を流す隊員たち

 原発への放水作業だけではない、被災現場での救援でも厳しい状況は同様だ。
氷点下の気温の中で作業を続けるが、燃料を使うわけにはいかないと、
暖をとることもない。持っていた隊員用の携帯糧食を、
迷うことなく被災者に渡す隊員ばかりだという。(続く)


2011.03.21(Mon)  森 清勇
「身を賭して活躍する」自衛隊に正当な評価を
政治は今こそ自衛隊に地位と名誉を与えるべきだ


東日本大震災およびこれに付随して起きた福島第一原子力発電所事故に関連して、
予備自衛官を含む10万人超の自衛隊が派遣され、
国民の負託に応えるべく「身を賭して」頑張っている。

 「事に臨んでは危険を顧みず」の宣誓を行う唯一の組織で、
日本人の一人として
自衛隊における教育訓練で培われた純粋で気高い志操の結果である。

 政党やイデオロギーに関わりなく全国民が自衛隊の存在に否応なく目を向け、
活躍に瞠目しているに違いない。
しかし、自衛隊は軍隊でないために公私にわたって
国民が及びもつかない不当な扱いを受けてきた。

 今次の災害派遣に当たっても法の未整備などによって、
人命救助その他の能力を存分に発揮できたとは言い難い面も
多々あるように見受けられる。

 以下、歴代首相をはじめとした政治家の安全保障、なかんずく
自衛隊に対する低い意識がもたらした現実に目を向け、
自衛隊を「苦しいときの神頼み」で終わらせることなく、
しかるべき地位と名誉を与えるよう提言する。

歴代首相の自衛隊認識

首相が直面する最大の試練は、今次のような未曾有の大災害や平戦時を
問わず安全保障・防衛に関わる対処より他はない。
しかし、歴代首相は真摯に対応してきたとは言い難い。その特徴的な表れが
自衛隊に対する姿勢である。いくつかを具体的に例示しよう。(続く)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。