スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBプレス/放射能汚染列島ニッポン、本当の恐怖はこれから

2011.03.25(Fri)  広瀬 隆
放射能汚染列島ニッポン、本当の恐怖はこれから
福島とともに心配な浜岡原発、今後も事故が相次ぐ危険性

あらかじめ申し上げておきますが、私は日本の国民を脅かそうとか、
危機意識を煽って風評被害を広げようなどという意図は全くありません。

 これから私が申し上げることが、起こらなければ結構。幸いなことです。
でも、万が一起きてしまったら日本は取り返しのつかないことになります。
その前に、きちんと目の前にある事実と向き合い、対策を打つことが大切ではないでしょうか。

福島第一原発の事故は明らかな人災
なぜなら、福島第一原子力発電所で起きた今回の事故は、天災では決してなく、
明らかな人災だからです。

 福島第一原発を襲った津波は想定を超えていたと、よくテレビや新聞では
伝えられています。NHKなどは「100年に一度の想定外の地震と津波」と、
何度も何度も繰り返しています。これはいったい何なのでしょう。

 想定外を繰り返すことで、国民にこれは避けられなかった災害であり
国や地方自治体、東京電力には責任がないということを
刷り込もうとしているのでしょうか。

 でも、本当に想定外なのですか。今回よりも地震のエネルギーが大きかった
スマトラ島沖地震が2004年に発生しています。この時のマグニチュードは9.3でした。
今回の地震よりもはるかに大きかった。

 この時、津波の高さは最も高かったところで49メートルだったと記録されています。
今回、東北地方を襲った津波の高さは最大15メートルとようやく推定が出ました。
津波に襲われた人がほとんど亡くなってしまったこともあり
正確にはこれからも分からないかもしれない。(続く)


関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。