スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石橋克彦 私の考え/2011年東北地方太平洋沖地震による「原発震災」について

15.03.2011 石橋克彦(神戸大学名誉教授)
2011年東北地方太平洋沖地震による「原発震災」について

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震(M9.0)で亡くなられた方々の
ご冥福をお祈りし、被災された膨大な皆様に心からお見舞いを申し上げます。
そして、一人でも多くの方が救出されることを切に願っております。

 激甚な地震津波災害のうえに、東京電力福島第一原子力発電所で
重大な事故が発生し、かなりの放射能が漏出して多くの住民が避難を
強いられていることは、痛恨の極みです。
 私は、大地震によってこのような事態が生ずることを憂慮し、
1997年から警鐘を鳴らしてきましたが、
こんなに早く懸念が現実化してしまうとは思いませんでした。

 今は、東京電力・協力企業、政府、地元自治体、消防・警察、自衛隊、
国際的な援助チームの関係者のご奮闘により、
一刻も早く危機を脱して最悪の事態が回避され、住民の被曝と不自由な生活が
最小限に抑えられることを祈るばかりです。(続く)

石橋克彦(神戸大学名誉教授)-論文
■原発震災 破滅を避けるために
■原発に頼れない地震列島
■迫りくる大地震活動期は未曽有の国難
■日本列島で懸念される地震と、地震による核事故とが複合する破局的災害


関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。