スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経BP/リスクマネジメントとツイッター力

29.03.2011 林 志行の「現代リスクの基礎知識」
東日本大震災(1) リスクマネジメントとツイッター力

2011年3月11日、14時46分に発生した東日本大震災。
 冒頭、犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、震災から2週間以上が経過し、被災地域ならびに
被災者の方々が少しでも安らげる体制をいかに作るか、さらに復旧復興に向け、筆者自身もネットワークを駆使し、知恵を絞り、貢献できるよう行動したいと考えている。
 1000年に一度といわれるマグニチュード9.0の地震と、10メートルを超える津波。その津波に襲われ、
福島第一原発では1~6号機が損傷した。地震直後に、発電所は稼働を停止した。冷却装置などが壊れ、
機能不全となったため、事態はいまだ予断を許さない状況にある。

2週間という区切りに、
久しぶりにテレビカメラの前に立った菅総理とその言葉には覇気が感じられなかった。(続く)


31.03.2011 林 志行の「現代リスクの基礎知識」
東日本大震災(2) リーダーシップ、計画停電、メディアCSR

普段、私達が何かをマネジメントする場合、「グレーゾーン」(判断に迷うようなあいまいな部分)を
意識しなければならない。現実の世界では、あちらを立てれば、こちらが立たずの状況があり、
リーダーとはまさにそうした状況を判断し、事前に手立てを打ち、先々の不可抗力、不確実性に
対処することが求められる。

 緊急時には、その対象範囲がさらに狭まり、24時間体制で迅速な対応が要求される。
特に初動は重要である。一手打ち間違えると取り返しがつかないが、慎重になりすぎてもたもたすると、
かえって影響が拡大することがある。科学技術の進化に伴って、価値観が変化するので、
過去の成功体験に引きずられすぎず、対応方法も変えていくことが肝要だ。

 最適な(最善な)方法を考えたとしても、違う部分から、さらなる不都合が生じる。
想定外の事象にいかに対処するか、不眠不休で改善を要求されるが、我慢強く、あきらめずに、
制御することが求められる。(続く)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。