スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSN/東電“機能不全” 情報公開錯綜、安全確保の支障に

02.04.2011
東電“機能不全” 情報公開錯綜、安全確保の支障に

東京電力福島第1原子力発電所事故で、同社の情報公開が錯綜(さくそう)を続けている。
汚染水の放射性物質(放射能)濃度などの計測データで誤りと訂正を繰り返しているほか、
公表の遅れも目立つ。背景には最悪の事態を想定した危機管理の不備がある。迅速で正確な情報公開は、
周辺住民や作業員の安全確保の大前提。原発や放射能漏れの状況を把握し的確な対策を打つのが
遅れかねないうえ、国際的な不信を招き、協力関係に齟齬(そご)が生じる恐れもある。
政府機関やほかの電力会社もバックアップし、態勢の立て直しが急務だ。

 「物質の種類や濃度を計算するプログラムの一部にミスがあった」

東電の松本純一原子力立地本部部長代理は1日の会見でこう陳謝し、“機能不全”があらわになった。
(続く)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。