スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネスオンライン/福島原発に助け船、中国「三一重工」どんな会社

02.04.2011 谷口徹也(日経ビジネスオンライン副編集長)
福島原発に助け船、中国「三一重工」どんな会社?
1億円相当を寄贈、「大キリン」作戦が始まった


3月31日午後、放射能漏れの事故を起こしている東京電力福島第一原子力発電所に1台の大型ポンプ車が
到着した。現場で「大キリン」と呼ばれるこのポンプ車は、間もなく1号機への放水を開始した。

 アームの全長は62m。ビルの20階に相当する高い場所からピンポイントで放水できる
このポンプ車を無償提供したのが中国の建設機械メーカー「三一重工」だ。本社がある中国内陸部、
湖南省長沙市から上海、大阪を経由して約10日をかけて福島に到着した。

 東京電力の窮状を察し、創業者の1人でカリスマ会長でもある梁穏根会長の鶴の一声で
総額約1億円に相当する支援に乗り出した三一重工。東京電力からの第一報からポンプ車到着までの
いきさつ、提供したポンプ車の概要などを同社の日本法人である「三一日本」の陳健会長と
川添智弘社長に聞いた。 (続く)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。