スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発原子炉のモニタリングデータ /各国気象局放射線拡散の時系列推移予測図

モニタリングデータ-福島原発原子炉
文科省が公表している情報を元に日本全国の放射能値をグラフ化しています。
データが公表され次第、グラフを随時更新します。各国気象局もグラフ化
文部科学省が各都道府県等からの報告に基づき作成したデータを当サービスがグラフ化
福島原発原子炉のモニタリングデータ/全国の放射能濃度一覧

台湾の政府直属の最高学術機関・中央研究院
「福島原発放射能塵(ほうしゃのうじん)拡散予報図」

ドイツ気象庁による日本における放射線拡散の時系列推移予測図 1

ドイツ気象庁による日本における放射線拡散の時系列推移予測図 2

FUKUSHIMA Potential Releases

ドイツ気象庁(DWD)による粒子拡散シュミレーションの日本語訳

04.04.2011
福島原発の放射性物質、拡散予測公表せず

欧州気象機関は開示

東京電力福島第一原子力発電所の事故で、気象庁が同原発から出た放射性物質の拡散予測を
連日行っているにもかかわらず、政府が公開していないことが4日、明らかになった。

 ドイツやノルウェーなど欧州の一部の国の気象機関は日本の気象庁などの観測データに基づいて
独自に予測し、放射性物質が拡散する様子を連日、天気予報サイトで公開している。
日本政府が公開しないことについて内外の専門家からは批判が上がっており、政府の原発事故に
関する情報開示の在り方が改めて問われている。(続く)




関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。