スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MSN/ニューヨーク・タイムズ/【放射能漏れ】海外分析 政府発表より緻密

04.04.2011
【放射能漏れ】海外分析 政府発表より緻密

危機の程度

 いまだに危機的状況から抜け出せないでいる東日本大震災に伴う東京電力福島第1原子力発電所事故。
国民は政府や東電の発表、説明を注視しているが、今一つ実態や危機の程度が分からず、
もどかしい思いをしている。一方、今回の事故には欧米を中心に海外の専門家、メディアも注目しており、
その分析は日本より踏み込んだものが多い。鮮明な事故現場の写真が世界中に配信され、
その画像を元に、原発先進国の研究機関が独自に開発したシステムを活用して事故の状況をコンピューターで
シミュレート(模擬実験)し、積極的に情報開示しているためだ。

 ノーベル物理学賞を受賞した原子物理学者でもある米エネルギー省のスティーブン・チュー長官
(63)は1日、米紙ニューヨーク・タイムズのインタビューに答え、
「詳密なモデリング(仮説実験)の結果、(福島第1原発の)ひとつの原子炉(圧力容器)は
70%損傷しており、別の原子炉の核燃料棒は33%が溶融していることが分かった」と言い切った。
(続く)


02.04.2011  WILLIAM J. BROAD New York Times (元記事)
From Afar, a Vivid Picture of Japan Crisis

For the clearest picture of what is happening at Japan’s Fukushima Daiichi nuclear power plant, talk to scientists thousands of miles away.

Thanks to the unfamiliar but sophisticated art of atomic forensics, experts around the world have been able to document the situation vividly. Over decades, they have become very good at
illuminating the hidden workings of nuclear power plants from afar, turning scraps of information into detailed analyses.

For example, an analysis by a French energy company revealed far more about the condition of the plant’s reactors than the Japanese have ever described: water levels at the reactor cores dropping by as much as three-quarters, and temperatures in those cores soaring to nearly 5,000 degrees Fahrenheit, hot enough to burn and melt the zirconium casings that protect the fuel rods.

Scientists in Europe and America also know from observing the explosions of hydrogen gas at the plant that the nuclear fuel rods had heated to very dangerous levels, and from radioactive plumes how far the rods had disintegrated.

At the same time, the evaluations also show that the reactors at Fukushima Daiichi escaped the deadliest outcomes ― a complete meltdown of the plant. (continue)



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。