スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

被災地の経済を苦しめる「自粛」という二次災害

被災地岩手から「お花見」のお願い /
被災地の経済を苦しめる「自粛」という二次災害


被災地岩手から「お花見」のお願い 【南部美人】



被災地岩手から「お花見」のお願い 【あさ開】


04.04.2011 ロケットニュース24
未曾有の被害となった東日本大震災。まもなく地震が起きた3月11日から一カ月が経とうとしているが、
直接的な被害ではなく、間接的な二次災害に悩む被災地の方々も多いようだ。

そのひとつが、日本有数の酒どころ・岩手県の日本酒蔵元。自粛ムードにより経済的な二次被害を
受けているのだという。
動画サイトYouTubeには、岩手の日本酒「あさ開」、
そして「南部美人」の蔵元さんからのメッセージ動画がアップされており、「自粛よりもお花見を」と
呼びかけている。このまま自粛ムードが続き、お花見も中止になったりすると、
必然的にお酒の消費も少なくなり、お酒を造っている日本酒蔵元も経済的な二次災害を受けしまう
というのだ。
自身の蔵も直接被害を受けたという「南部美人」の五代目蔵元・久慈氏は、「義援金や物資は本当に
ありがたい」、「酒を飲んでいる場合ではないというのが東北の現状」としながらも、経済的には
「自粛をしてもらうよりも、お花見をしてお酒を消費してもらうほうが、ありがたい」と語っている。
(続く)



「Save The 東北の酒」実行委員会は、
東北関東大震災によって被災された酒蔵を応援します。

「Save The 東北の酒」へようこそ。
私たちは東北関東大震災で被災された酒蔵を応援します。
酒蔵の復興状況をはじめ、チャリティ利き酒会、チャリティ日本酒講座など
さまざまな情報を発信していきます。

現地の情報、チャリティ利き酒会、
被災地の酒を扱う酒販店に関する情報も随時受け付けております。
掲載は無料です。
問い合わせページより、お気軽にお送りください。

なお、連絡先、本名が書いていないお問い合わせに関しましては、
返信しかねますので、ご了承ください。

「Save The 東北の酒」実行委員会




関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。