スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ル・フィガロ/福島:放射能汚染水11.500トンが海へ

ル・フィガロ Lundi 4 avril 2011 1 04 /04 /Avr /2011 17:46
福島:放射能汚染水11.500トンが海へ

東京電力は汚染水を海へ捨てる作業を開始した。
この作業は危険がないとの説明が東京電力よりあり、本日、11.500トンの汚染水を太平洋に捨てる作業が
開始された。
この1万トン以上の水は、地震によって損傷を受けた原子炉の燃料棒を冷却する為に使われた
高濃度の放射能を帯びた水を入れる為の貯蔵庫を確保する為に放出される。第2号原子炉をはじめとする
機械室などに溜まった水は原発の電源と冷却回路の復旧作業を阻んでいる。
第5号、第6号原子炉からの水は1500トン。この水も毎日300トンずつ放出される予定で
5日間で作業が終わる。
東京電力は海への放出は人体には影響がないとしている。「この地方の海からの海産物を
毎日食べる成人ひとりの場合、1年で0.6ミリシーベルトの放射線を浴びることになるが、
自然界での年間に成人ひとりが浴びる放射線量は2.4ミリシーベルトである」と会社の代表者は述べた。
しかし、その少し後に原発の広報官は涙を浮かべ、声を詰まらせ、この汚染についてテレビで謝罪した。
「私たちはすでに住民の方々に多大な苦労とご迷惑をおかけいたしました。
また新しいご負担をおかけすることになり、本当に申し訳なく思っております」
「安全の為に大洋にこの汚染水を放出する以外に方法がないのです」
政府の広報官である枝野官房長官もテレビでこう説明した。 .....

05.04.2011 msn
仮設タンク設置作業に大成、清水、熊谷組 東電福島第1原発で

東京電力福島第1原子力発電所1~3号機の地下にたまっている強い放射性物質(放射能)を含む汚染水を
一時的に貯蔵するための仮設タンク設置作業に、大手ゼネコンの大成建設と清水建設、熊谷組が
参加することが5日、分かった。
 東電は15日から設置作業を始めるとしており、4月末までに、総量1万5000トンの仮設タンクを
敷地内に配置し、順次、汚染水を移し替える。汚染水がたまる1~3号機のタービン建屋の地下を
排水できれば、原子炉を冷やすためのポンプ類が動かせる可能性がある。
 東電によれば、設置する仮設タンクは、鉄製の四角い貯蔵体で、容量は5、10、20トンの3タイプ。
大成、清水、熊谷組が敷地内の空き地で設置作業を進めるとしている。.....



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。