スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経ビジネス/韓国民を激怒させた東北地方太平洋沖地震の歪曲報道

16.03.2011 趙 章恩 
韓国民を激怒させた東北地方太平洋沖地震の歪曲報道
ネットでは「ガンバレ日本」義援金


東北地方太平洋沖地震が発生した金曜日の午後、韓国でも正規の放送が中断され、
緊急速報でニュースが始まった。刻々と伝わる被害の大きさに言葉を失ってしまった。
この映像が本当に日本で起きていることだなんて、信じたくなかった。

 仙台には韓国領事館がある。東北地方には、東北大学の留学生や在日コリアンを含め
多くの韓国人が住んでいる。外交通商部によると、東北地方太平洋沖地震後、14日午前までに安否が
確認されていない韓国人は21世帯70人、死亡は1人となっている。いずれも海岸地域に住んでおり、
津波に襲われたとみられている。

「日本だからこそ被害の拡大を食い止められた」

 東北地方や東京に住んでいる韓国人らは、メールやTwitterを利用して「私は無事です」とメッセージを
家族に伝え、安心させた。携帯電話はつながらなかった。日本にいる韓国人のTwitterのつぶやきには
共通した「あること」が書かれてあった。「日本だからこそ被害の拡大を食い止められた」。
家をなくし家族をなくした被害者が大勢いる中、こういうことを言っては申し訳ないが、
これが外国人である韓国人の共通した意見だった。 .....


23.03.2011 趙 章恩
東日本大震災が韓国に与えた意外な影響
韓国赤十字は5日間で105億ウォン義援金を集める


東北地方や東京から韓国へやってくる外国人が急増している。それぞれの国の政府が出した日本から
避難する勧告を受け入れてのことだ。日本から近い韓国に滞在して、東京に戻るかどうか様子を
見ているようだ。

 フランス、英国、米国、チリ、トルコ、オーストリアなど、各国の駐日大使館関係者や航空会社、
外資系企業の東京支店社員が、ソウルと仁川空港近くのホテルに団体で宿泊している。
このため、一般旅行客の宿泊を受け入れることができないところも出てきた。日本に帰国せず
24時間営業のサウナで寝泊りしている日本人観光客の姿も報道されている。 .....


31.03.2011 趙 章恩 
韓国民の不安を高めた「4日間」
韓国の原子力発電所は安全?


韓国の春は黄砂と共に訪れる。中国からやってくる黄砂は年々ひどくなっている。駐車場に置いてある車が、
まるで砂漠を走ってきたような埃をかぶる。家の中でも空気清浄機が必要なほどだ。
 それに今年は福島原発から漏れ出した放射性物質が風に乗って世界中に広がっているというニュースも
流れている。日本と同様に韓国も3月から4月にかけては花見のシーズンである。
だが、黄砂と放射性物質への不安から花見客が減りそうだ。

韓国民の不安を高めた「4日間」

 韓国気象庁は「風向きから判断して福島原発の放射性物質は韓国まで届かない、韓国は安全だ」
としてきた。ところが3月27日、韓国原子力安全技術院は「韓国の東北部にある江原道で、
極微量ではあるが、放射性キセノン(Xe-133)が大気中から検出された」と発表した。
続いて28日には環境放射線監視センターが
「ソウルの大気中から極微量の放射性ヨード(I-131)が検出された」と発表した。 .....


 
関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。