スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JBプレス/The Economist/日本の原発災害 プルトニウムとミッキーマウス

02.04.2011 The Economist
日本の原発災害
プルトニウムとミッキーマウス


日本の原発危機が長引き、東京電力、さらには国のエネルギー政策の根深い欠陥を白日の下にさらしている。
白昼にもかかわらず、世界最大の民営電力会社である東京電力の本社内は陰鬱な暗さに包まれていた。
幹部たちは頭を下げ、自社が起こした事故について消え入るような声で謝罪の言葉を述べた。
 66歳の清水正孝社長は3月30日に高血圧のため入院した。清水社長は地震後の3週間、
ほとんど姿を見せていなかった。暗がりの中で、東電本社ビルの壁のロゴマークは、
突然変異したミッキーマウスのように見える
長引く原発危機、事態収束のメド立たず

取水口付近に亀裂、汚染水が海に流出 福島原発事故

 そんな本社から250キロほど離れた福島第一原子力発電所では、数百人の東電社員や下請け会社の
作業員が、3基の損傷した原子炉や様々な場所に置かれた使用済み燃料から放射性物質が
さらに漏洩するのを防ごうとしている。
 作業員の環境は限界ぎりぎりの状態だ。ほんの2~3時間で、1年間の許容量を超える放射線量を
浴びてしまうこともあった。.....


05.04.2011 湯之上 隆
東京電力に原発を運転する資格はない
原子核工学出身の半導体技術者が見た原発事故


私は、何を隠そう原子核工学の出身である。修士課程の2年間、大阪の熊取町にある京都大学原子炉実験所
で研究を行った。ちょうどチェルノブイリの原発事故が起きた頃だ。
 大学卒業後、日立製作所に就職し、半導体技術者に転身した。それから25年も経ってしまったが、
少なくとも原子炉がどのようなもので、現場がどのような環境であり、そこで行われる作業が
どのくらい危険なものかは理解しているつもりだ。
 本稿では、原子核工学出身の半導体技術者として、今回の福島原発事故に対する意見を述べたい。

作業者を見殺しにするな

 福島第一原発では、極めて過酷な環境下で数百人の作業者が事故対策に当たっている。
3月28日、保安検査官事務所の横田一磨氏の報告によれば、作業者の食事は1日2回
(ビスケットとアルファ米だけ)、夜は毛布1枚で雑魚寝であるという。また、4月1日の報道によれば、
放射線の被曝量を測定する線量計はグループで1~2個しかなかったという
(なぜ横田氏はこのことに気が付かなかったのか)。.....




関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。