スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メンフィス大学とカーネギー研究所による数値計算(2003年)

「1891年の濃尾地震(M8)は、東南海地震(1944年)の発生を48年早め、東海地震を20年遅らせた。
東南海の再来周期を最短の138年とすると、東海地震発生は2012年前後」。
メンフィス大学とカーネギー研究所による数値計算(2003年)。

Triggering and inhibition of great Japanese earthquakes:
the e¡ect of Nobi 1891 on Tonankai 1944,
Nankaido 1946 and Tokai

Paul A. Rydelek , I. Selwyn Sacks

Nankaido earthquakes were relatively early compared to the historical record of past occurrence, and the Tokai
section of the Tonankai fault did not fail in 1944 whereas it probably had for the previous V1000 years. We show
that both phenomena can be explained by postseismic strain diffusion from the great Nobi, Japan, earthquake (M 8.0)
in 1891. It is believed to have produced stress changes that influenced the time of occurrence of the great Tonankai
(M 7.9) and Nankaido (M 8.0) earthquakes in the mid-1940’s. .....



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。