スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東電とマスコミ-「愛華訪中団」という友好団体とは

18.03.2011
東日本大震災:発生当日、東電会長ら不在

東日本大震災が起きた11日、東京電力の勝俣恒久会長、清水正孝社長ら最高幹部3人が出張中で、
当日中に本社へ戻れなかったことが17日分かった。社内では震災当日の11日中に非常災害対策本部が
立ち上がったが、本部長の社長は不在だった。

 東京電力や関係者によると、勝俣会長と皷(つづみ)紀男副社長は震災当日、日中の経済交流を進める
「愛華訪中団」の一員として中国・北京にいた。勝俣会長が団長で、12日まで上海や南京などを回り、
中国政財界幹部と会合を開いた。11日は成田空港が使えず、勝俣会長らは12日に帰国した。.....


07.04.2011 ゆかしメディア
東電ーマスコミ「癒着旅行」の結論は?

東電ーマスコミ「癒着旅行」の結論は? 3月11日に東京電力の勝俣恒久会長、と
マスコミとの中国での懇親会が行われていたが、この結末がまだ発表されていないが、
どういう結果となるのか? 

 関係者によると、これは「愛華訪中団」という友好団体で、勝俣会長ら東電幹部とマスコミOBらで
組織されているもので定期的に行われているものだという。

 新聞やTVでは、経済部、政治部など一部は「ごっつぁん」体質。
それが都合の悪い形でバレてしまった。しかも、今回はタイミングがいかにも悪すぎた。
だからこそ問題となったのだが、3月11日に訪中していたからだ。..... 



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。