スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BLOGOS/良い官僚。悪い官僚

05.04.2011 大西宏
良い官僚。悪い官僚

日々記者会見する原子力安全保安院の存在がいやがおうでも意識せざるをえなくなってきました。
官房長官、保安院、東電、さらに安全委員会などどんどん情報発信の主役たちが増え、
危機対応としては最悪の仕切りとなってきています。マスコミもなぜ素人でしかない保安院の
記者会見を取材するのか不思議ですが、実は、この保安院こそ、日本の官僚制度の悪い実態を
象徴する存在だという印象を受けます。本来は原発行政を握る中枢部の役割をになっており、
今回の福島第一原発事故に関しては、事態が収集した折にはなんらかの責任が問われるべきだ
ということをご記憶にとどめておいてください。......


05.04.2011【佐藤優の眼光紙背】
このままだと日本は「原子力犯罪国家」の烙印を押される

4月4日、東京電力は福島第一原子力発電所第2号機から海に漏れ続けている高レベルの
放射性物質を含む汚染水を集中廃棄物処理施設で貯蔵するために同施設にたまっている
低レベルの汚染水1万1500トンの海への放出を開始した。意図的に放射性物質を含む
汚染水を海に排出することは、過失で汚染水が海に漏れることとは本質的に異なる。
今後は日本国家としての責任が直接問われることになる。
 本件に関する日本政府、特に国際法を主管する外務省の認識が驚くほど弱い。
4月5日付東京新聞朝刊はこう記す。
放出される水は、低レベルといっても、原子炉等規制法で決められている濃度の最大五百倍の
放射性物質を含み、危険時の応急の措置に限り、認められる水準だ。
 また海洋汚染についての国際的取り決めであるロンドン条約では、原則として放射性廃棄物の
海洋投棄を禁止している。しかし原子力安全・保安院は「ロンドン条約では、船や飛行機からの
海洋投棄を禁じているのであって、陸上の施設からの放出は該当しない」としている。......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。