スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FORESIGHT/今こそ国のグランドデザインを

01.04.2011 磯山友幸 Isoyama Tomoyuki
今こそ国のグランドデザインを

東日本大震災から10日余りが過ぎた3月22日、枝野幸男官房長官は記者会見で、震災復興に向けた
施策を統括的に担当する「復興庁」の設置に取り組む姿勢を示した。1923年の関東大震災の際に
「帝都復興院」を設けて復興計画の原案を作成した例にならったもので、自民党の石原伸晃幹事長や
公明党の井上義久幹事長などから設置を求める声が上がっていたものだ。みんなの党も25日に、
与野党党首や自治体の首長、民間人を議員とする「東日本復興院」を仙台に置く構想を発表した。
 枝野氏は会見で、「復興に対して、まとまった機能を果たしていく組織は、
当然考えていかなければならない」と述べたが、その後の具体的な動きは鈍い。......


06.04.2011 現代ビジネス
外国人記者が見た「この国のメンタリティ」

ピンチにひとつになれるのは素晴らしい。しかし天災と人災を一緒くたに論じたり、
身の安全が脅かされているのに政府に情報公開を求めないのは不思議だ、理解しかねる。
 大地震が起きても大きな混乱を見せない日本人を、海外メディアは「ミラクルだ」と賞賛した。
しかし手放しで喜べない。
彼らは同時に、政府に対してモノ言わぬ日本人を冷ややかな目で見てもいる。

なんて温かい人たち

「最初に取材に入ったのは福島県でした。郡山市内のホテルに宿泊しましたが、
福島第一原発で多くの異常が発生していたため、そのホテルから退去しました。
空港に行けば別のホテルを紹介してくれるだろうと、案内係の女性に
ホテルの情報を尋ねたのですが、どこも泊まれるところはないと言われました。......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。