スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

"I Have a Dream"マーティン・ルーサー・キングJr.演説Ⅱ〈1963.8.28〉

"I Have a Dream" マーティン・ルーサー・キングJr.
 1963年8月28日、リンカーン記念公園

今日、明日、仮に困難が待ち受けていようとも私には夢がある。
それはアメリカン・ドリームに深く根ざした、ひとつの夢です。

私には夢がある。
「万人は生まれながらにして平等である。これが自明の理であることをここに保証する。」
この国家の基本理念を真の意味によって実現する日が来るという夢が。

私には夢がある。
いつか、ジョージアの赤土の丘に元奴隷の息子たちと元奴隷所有者の息子たちが
一緒に座り、友愛のテーブルを囲む日が来るという夢が。

私には夢がある。
いつか、あの差別の熱にうだるミシシッピー州さえもが自由と正義の
オアシスに変わる日が来るという夢が。

私には夢がある。
いつか、私の子どもたち4人が肌の色でなく中身で判断される、
そんな国に住む日が必ずくる。

I have a dream today!

私には夢がある。
差別主義者がはびこるアラバマ、知事は口を開けば州権優位、
実施拒否で忙しい、そんなアラバマにもいつかきっと、
幼い黒人の少年少女が幼い白人の少年少女と手と手を取り合って兄弟のように
仲睦まじく暮らしていける日が来るという夢が。

I have a dream today!

私には夢がある。
「谷はすべて身を起こし、山と丘は身を低くせよ。険しい道は平らに、
狭い道は広い谷となれ。主の栄光がこうして現れるのを、肉なる者は共に見る」
(イザヤ書40:4-5:丘と山が逆)

これが我々の希望。この信仰を抱いて私は南部に帰って行こう。

この信仰があれば、絶望の山から希望の石を切り出すことだって叶う。
この信仰があるなら、この国に溢れる騒々しい不協和音を友愛の美しい
シンフォニーに変えていくことだってできる。
この信仰があるからこそ我々は共に働き、共に祈り、共に闘い、共に牢に入って
共に自由のために立ち上がることができる。
いつかきっと、いつかきっと自由になる日が来る、そう信じればこそ。

その日…その日ありとあらゆる神の子は新しい意味を込め、こう歌うのです。
わが国は汝の国、自由の地なれば、ここに謳わん。
ここは父が骨を埋めた地、巡礼開拓者の誇り高き地なれば、
ありとあらゆる山腹から自由の鐘よ、鳴れ!

アメリカが偉大な国であるならば必ずや実現の日は来るだろう。だから、
ニューハンプシャーの巨大な丘の頂から自由の鐘を鳴らそう。
ニューヨークの雄大な山々から自由の鐘を鳴らそう。
ペンシルバニアのアレゲーニー山脈の高嶺から自由の鐘を鳴らそう。
コロラドの雪を頂くロッキー山脈から自由の鐘を鳴らそう。
カリフォルニアのなだらかな丘から自由の鐘を鳴らそう。

まだ終わりではありません。

ジョージアのストーンマウンテンから自由の鐘を鳴らそう。
テネシーのルックアウトマウンテンから自由の鐘を鳴らそう。
ミシシッピーの丘という丘、塚という塚から自由の鐘を鳴らそう。
ありとあらゆる山腹から、自由の鐘よ、鳴れ!

そして鐘が鳴るその時、
すべての村、すべての部落、すべての州、すべての町から自由の鐘が鳴り渡るその時、
私の夢はもっと早く実現の日を迎え、
ありとあらゆる神の子は黒人も白人もユダヤ教徒も非ユダヤ教徒もプロテスタントも
カソリックも共に手を携えて、あのいにしえの黒人霊歌を歌うのです。

やっと自由になった!やっと自由になった!
おお、全能なる神よ、感謝します。

とうとう我々は、
自由になったのだ!
Free at last! Free at last! Thank God Almighty,we are free at last! 



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。