スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

02.03.2006 日本共産党吉井議員/原発8割 冷却不能も 津波引き波5メートル 取水できず 炉心溶融の恐れ

原発 津波で冷却不能も


2006年3月2日(木) 日本共産党 吉井議員指摘 「しんぶん赤旗」
原発8割 冷却不能も
津波引き波5メートル 取水できず 炉心溶融の恐れ


吉井議員指摘
 津波による五メートルの引き波が発生した場合、日本の原発の約八割にあたる四十三基の原発で、
冷却水が一時的に海から取水できなくなることが一日、明らかになりました。
衆議院予算委員会分科会で、日本共産党の吉井英勝衆院議員の質問に、
広瀬研吉経済産業省原子力安全・保安院長が答弁しました。

経産相が対策約束
吉井議員は、一九六〇年のチリ津波のときに、三陸海岸で約二十五分にわたって引き波が続いたことや、原発のある宮城県女川町で海水面が推定六メートル低下したことを指摘しました。水位が下がった場合、原発の冷却水が海から正常に取水できなくなるのではないかとただしました。

 広瀬院長は、海面が四メートル低下した場合で二十八基、五メートル低下で四十三基、
六メートル低下で四十四基の原発が、一時的に取水に必要な水位を下回ると答えました。

 吉井議員は、浜岡原発1号機(静岡県御前崎市)の例をあげ、取水槽の容量からすると
「仮に、引き波による水位低下で取水できなくなったときは、三十四秒で冷却不可能になる」
と指摘しました。また、途中で原子炉を停止した場合も、
崩壊熱(燃料のなかの放射性物質が発生する熱)の除去に毎分六十トンの冷却水が
必要になることを示し、「崩壊熱が除去できなければ、炉心溶融や水蒸気爆発など、
最悪の場合を想定しなければならない」と、対策を求めました。
 二階俊博経産相は、
「安全確保のため、省をあげて真剣に取り組むことをお約束したい」と答えました。......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。