スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発事故 「原子力村」というところ/毎日jp

07.04.2011
東日本大震災 福島第1原発事故 「原子力村」というところ

◇学者集落は200~300人 「危ない」言えない雰囲気 規制値3000倍でも「安全」

 東日本大震災の発生から間もなく1カ月。今も福島第1原発から放射性物質が漏れ続け、
テレビは連日、東京電力、経済産業省の原子力安全・保安院の会見を映し出す。でもなぜだろう。
見れば見るほどよく分からなくなり、不信感が増す。
会見場に足を運び、「原子力村」について考えてみた。【宍戸護】......

07.04.2011 NEWSポストセブン
原子力安全委員 最短週10分の会議出席で年収1650万円

原発事故で刻々と状況が悪化する中でお目付役である原子力安全委員会は何をしていたのか。
震災発生翌日(3月12日)の朝、菅首相の原発視察に同行した班目春樹・原子力安全委員会委員長。
 同委員会は原子力の安全確保のために内閣府に設けられた「原発の監視役」で、
事故が起きれば専門家としての知見を国民に示す立場にある。
 が、班目氏が初めて会見したのは23日の夜。......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。