スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チェルノブイリ事故との比較/首相官邸HP

チェルノブイリ原発事故について諸処検証した上で首相官邸HPに、掲載しているのか 
掲載を許可した官邸と学者もどきの名前は記憶に留めよう



15.04.2011 首相官邸ホームページ
チェルノブイリ事故との比較

チェルノブイリ事故の健康に対する影響は、20年目にWHO, IAEAなど8つの国際機関と被害を受けた3共和国が合同で発表し、25年目の今年は国連科学委員会がまとめを発表した。これらの国際機関の発表と福島原発事故を比較する。
1. 原発内で被ばくした方
*チェルノブイリでは、134名の急性放射線傷害が確認され、3週間以内に28名が亡くなっている。その後現在までに19名が亡くなっているが、放射線被ばくとの関係は認められない。
*福島では、原発作業者に急性放射線傷害はゼロ、あるいは、足の皮膚障害が1名。
2. 事故後、清掃作業に従事した方
*チェルノブイリでは、24万人の被ばく線量は平均100ミリシーベルトで、健康に影響はなかった。
*福島では、この部分はまだ該当者なし。
3. 周辺住民
*チェルノブイリでは、高線量汚染地の27万人は50ミリシーベルト以上、低線量汚染地の500万人は10~20ミリシーベルトの被ばく線量と計算されているが、健康には影響は認められない。例外は小児の甲状腺がんで、汚染された牛乳を無制限に飲用した子供の中で6000人が手術を受け、現在までに 15名が亡くなっている。福島の牛乳に関しては、暫定基準300(乳児は100)ベクレル/キログラムを守って、100ベクレル/キログラムを超える牛乳は流通していないので、問題ない。
*福島の周辺住民の現在の被ばく線量は、20ミリシーベルト以下になっているので、放射線の影響は起こらない。

一般論としてIAEAは、「レベル7の放射能漏出があると、広範囲で確率的影響(発がん)のリスクが高まり、確定的影響(身体的障害)も起こり得る」としているが、各論を具体的に検証してみると、上記の通りで福島とチェルノブイリの差異は明らかである。

長瀧重信 長崎大学名誉教授
    (元(財)放射線影響研究所理事長、国際被ばく医療協会名誉会長)
佐々木康人(社)日本アイソトープ協会 常務理事
     (前 放射線医学総合研究所 理事長)


ATOMICA-原子力に関連する幅広い情報を提供するインターネット上の百科事典
<タイトル>
チェルノブイリ事故による死亡者数の推定 (09-03-01-13)
<概要>
 チェルノブイリ原子力発電所4号機事故での放射線による死亡者数は、それが事故の大きさを端的に表すことから社会的関心を呼んでいる。これに関する推定値が報告されているが、WHOなどでも採用されている国際がん研究機関(IARC)のCardisらによる推定は以下のとおりである。事故直後から1987年にかけての緊急の事故処理に当たった作業者、チェルノブイリ原子力発電所から 30km圏内に居住し事故後避難した避難民、および避難はしなかったが旧ソ連(ベラルーシ、ウクライナ、ロシア)の高度汚染地域に居住していた人の計約 60万人を対象とすると、事故により増加するがん死亡は約4000人と推定され、旧ソ連の(高度汚染地域を除いた)汚染地域の居住者を含めて約740万人を対象とすると、合計で約9000人と推定された。さらに、最近の報告では、推定対象をヨーロッパ全体5.7億人に広げ、過剰死亡の数は約16000人と予測されている。........


第102 回原子力安全問題ゼミ 2006.4.14
チェルノブイリ20 年:事故の経過、汚染、被曝、影響
今中哲二(京都大学原子炉実験所)

その前日
その日の前日、1986年4月25日(金)、旧ソ連ウクライナ共和国にある「レーニン記念チェルノブ
イリ原子力発電所」の4号炉は、点検補修のため、2年前の運転開始以来はじめての停止作業に入っ
た。当時チェルノブイリ原発では、最新鋭のRBMK型原子炉(電気出力各100万kW)が4基運転さ
れ、さらに5・6号炉が突貫工事で建設されているところであった。.......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。