スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

賠償は国と東電で 原子力は基軸」 電事連の八木新会長/msn

15.04.2011
賠償は国と東電で 原子力は基軸」 電事連の八木新会長
関西電力の八木誠社長が15日、電気事業連合会の会長に就任し記者会見した。 東京電力福島第1原子力発電所事故により避難している周辺住民への損害賠償で、電力各社に負担を求める議論があることについて「承っていない。まずは国と東電が原子力損害賠償法(原賠法)の仕組みの中で対応することだ」と述べた。
また、事故を経てもなお「電力の安定供給を支える基軸は原子力だ」とし、安全対策に取り組む姿勢を強調した。......

15.04.2011 読売オンライン
東電が不動産1000億円売却へ…賠償金に充当
 東京電力が、グループで保有するビルや遊休地、社宅など約1000億円相当の不動産を売却することが15日、明らかになった。
 すでに金融機関などに売却を打診しており、来年度にかけて順次実施する。......

18.04.2011 asahi.com
燃料棒の溶融、保安院が初めて認める 内閣府に報告
福島第一原発1~3号機の原子炉内にある燃料棒は一部が溶けて形が崩れている、との見解を経済産業省原子力安全・保安院が示した。18日に開かれた内閣府の原子力安全委員会に初めて報告した。保安院はこれまで、燃料損傷の可能性は認めていたが、「溶融」は公式に認めていなかった。......



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。