スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災で変わった中国人の日本観/msn

23.04.2011
震災で変わった中国人の日本観
3月11日に発生した東日本大震災以降、中国メディアでは日本の報道が急増し、多くの中国人の日本に対する印象に大きな変化をもたらしたようだ。それまでにアイドルグループやアニメなど日本の流行文化の魅力に惹かれながらも、歴史や尖(せん)閣(かく)諸島の領有権問題をめぐり日本を敵視してきた多くの若者たちは、募金活動に参加するなど日本支援に回った。インターネットなどで秩序を守る日本人を称賛する声が多く寄せられたほか、記者会見で菅直人首相(64)が厳しい質問に浴びせられたことについても「日本の言論の自由が羨(うらや)ましい」といった反応があった。

涙の中継に感動

 震災発生当日、香港系メディア鳳凰衛視(フェニックス・テレビ)のライブ放送で、東京特派員、李(り)●(=森の木が全て水)(びょう)氏は津波が町を襲う映像を紹介する際に声を詰まらせ、嗚咽(おえつ)しながらニュースを読み上げたことが中国のネットで反響を呼んだ。「なぜ日本人のために泣くのか」「歴史を忘れてはならない」といった批判的意見が一部であるものの、李氏を支持する声は圧倒的に多く、「感動した」「被災した日本を一刻も早く支援すべきだ」といった被害者を悼(いた)み、日本人にエールを送る書き込みがあふれた。

 2004年10月に新潟県中越地震が発生した際、中国ネットでは「天罰だ」「祝賀する」といった心のない書き込みがほとんどで、それを諌(いさ)める声も少なかった。被害の大きさに違いはあるとはいえ、日本の天災に対する反応は大きな変化があったといえる。近年の高度経済成長で、被災者を支援する精神的余裕が出てきたことと、08年5月の四川大地震で、日本が中国を支援したことが背景にあるとみられる。

「優しさ」が話題に

 その後、仙台市内のビルの屋上で立ち往生して約8時間後に救出された中国人女性の手記が中国のインターネットで出回り、日本人の優しさが話題を集めている。女性は日本人約80人と一緒に救出を待っていたが、貧血で倒れそうになったという。「赤ちゃん連れの主婦が粉ミルクを分けてくれたり、駆けずり回って水を探してくれた若い女性もいたり…」などと周りに助けられたという。

 「みんなの携帯電話のうち、つながるのは2台しかなかったが、外国人を優先するということで、中国人の私に真っ先に使わせてくれた。その後、日本人たちは行列をつくり1人ずつ家族に電話をしていた」と、女性の手記は救出されるまでの様子を克明に紹介し「私を支えたのは彼らの優しさだった」と日本人への感謝の気持ちを綴った。そして、ネットで大きな感動を呼んだ。さらに、中国人研修生20人を真っ先に高台に避難させ、自らは津波にさらわれて行方不明となった宮城県女川町(おながわちょう)の水産会社役員のことが新華社通信の記事で紹介され、中国のネットで英雄となった。「日本人にはこんなにたくさん優しい人がいるとは知らなかった」といった反応が多かった。

「言論の自由」羨ましい

 また、4月12日の首相会見で、産経新聞の阿比留(あびる)瑠比(るい)記者が菅首相に対し「一体何のために、その地位にしがみついているのか」と質問し、菅首相が「阿比留さんの物の考え方がそうだということと、私は客観的にそうだということは必ずしも一致しないと思っています」と丁寧な言葉で答えたことを香港のメディアが中国国内のインターネットで配信し、「権力者を批判できる日本の記者は素晴らしい」「中国だったら、その記者はすぐに投獄されるだろう」「これこそ民主主義」といった日本の制度を称賛する反応があふれた。

中国の若者たちの日本に関する知識は、これまでは中国政府主導の愛国主義教育や、テレビで毎日のように流される抗日ドラマによるものが多かった。ただ今回は、震災報道やネット情報などを通じて、秩序を守り、他人を思いやる日本人のありのままの姿を知ることができた。そのことによって、日本をある程度客観視できるようになったと言えよう。(中国総局 矢板明夫)
msn
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110423/chn11042312020000-n1.htm



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。