スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年の放射線量予測地図を公表…月2回更新へ

27.04.2011 yomiDr.
1年の放射線量予測地図を公表…月2回更新へ
文部科学省は26日、東京電力福島第一原子力発電所の周辺地域で、来年3月までに受ける放射線の予測積算量を地図に示し、公表した。



 原発から半径20キロ圏外で、計画的避難区域の目安となる年間被曝量20ミリ・シーベルトに達する地域は、今月11日に発表された積算量地図とほとんど変わっていない。文科省では今後、最新のデータを盛り込みながら月2回、地図を更新して公表する予定だ。
 原発の周辺2138地点で今月21日までに観測された放射線量を基に、1日のうち屋外で8時間、木造の家の中で16時間を過ごすとして計算した。
 今後の線量は、現在の値がそのまま続くと仮定し、震災から1年にあたる来年3月11日までを積算した。
 その結果、福島第一原発から北西24キロの浪江町内で235・4ミリ・シーベルト、同33キロの飯舘村で61・7ミリ・シーベルトなどの値が得られた。
(2011年4月27日 読売新聞)
yomiDr. http://www.yomidr.yomiuri.co.jp/page.jsp?id=40016

文部科学省HP
東日本大震災関連情報
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/index.htm

福島第1及び第2原子力発電所周辺の放射線量等分布マップ
線量測定マップ(平成 23 年 4 月 24 日時点)

http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/04/26/1305519_042618.pdf



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。