スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドナルド・キーン氏、コロンビア大で最終講義

27.04.2011 読売オンライン
ドナルド・キーン氏、コロンビア大で最終講義
【ニューヨーク=柳沢亨之】日本文学研究の第一人者で、東日本大震災を機に日本永住と国籍取得を決めたドナルド・キーン米コロンビア大名誉教授(88)が26日、同大での最終講義を行った。

20110427-646436-1-N.jpg
ニューヨークのコロンビア大で、
最終講義を行うドナルド・キーン氏=小西太郎撮影

 キーン氏は冒頭、博士課程の学生ら約10人を前に日本帰化の決意を表明。「(日本人に)勇気を与えたと言ってくれる人がいる。私も、そうであることを願う」と語った。9月までに東京都内の住まいに移り住む予定だ。

 講義のテーマは能の歴史。キーン氏は自らの体験もユーモアを交えて披露し、日本留学中の1950年代に初めて能を見た際には「長時間の正座が大変で空腹にも襲われ、実は苦痛だった」と告白。「でもその後、能を愛すようになった。あなた方も日本に行って、私と同じ体験をしてくれることを願う」と学生たちに訴え、大きな拍手を浴びて、半世紀を超すコロンビア大での研究生活に終止符を打った。
(2011年4月27日13時35分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20110427-OYT1T00424.htm

[民の声]2ch
関連ニュースは産経サイトから
2011.4.17 11:52 「私は日本という女性と結婚」 ドナルド・キーン氏、永住へ帰化手続き
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110417/art11041711580005-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110417/art11041711580005-n2.htm
(前略)
キーンさんは1922年、ニューヨーク生まれ。学生時代に「源氏物語」の英訳を読み、
日本文化に興味を抱いた。
日米開戦後は海軍情報士官として、玉砕した日本兵の遺書を翻訳したり捕虜を尋問。
復員後、英ケンブリッジ大、米コロンビア大、京都大で日本文学を学んだ。
「日本文学の歴史」「百代の過客」「明治天皇」などの著作で知られる。
三島由紀夫とは京大留学中の54(昭和29)年に知り合って以来の友人で、
三島作品の翻訳も行った。2008(平成20)年に文化勲章を受章した。
松尾芭蕉の「おくのほそ道」をたどる旅をし、英訳も出版。
東北大(仙台市)で半年間、講義したこともある。
それだけに、被災地の状況を心配している。平泉の中尊寺は難を逃れたが、
何度も訪れた松島や多賀城など芭蕉ゆかりの地は 大きな打撃を受けた…。
(中略)
NHKのインタビューに応じたキーンさんは
「日本は危ないからと、(外資系の)会社が日本にいる社員を呼び戻したり、
野球の外国人選手が辞めたりしているが、そういうときに、私の日本に対する信念を
見せるのは意味がある」と語った。
「私は自分の感謝のしるしとして、日本の国籍をいただきたいと思う」とし、
夏までに日本国籍を取得する考えだ。
独身を通してきたキーンさんは
「私は『日本』という女性と結婚した。日本人は大変優秀な国民だ。
現在は一瞬打撃を受けたが、未来は以前よりも立派になると私は信じる」と、
新たな祖国になる日本の復活を信じている。
-以上です-

元米国人の米寿です、と言いたいだけの為に帰化かも

えー、じゃあ、くっだらねー番組を全部つぶして、キーン先生の日本講座を
帯番組でやってくれい。

まるで日本に死にに行くような扱いじゃねーかww
まあ実際今の日本は放射能塗れになりかねない状況ではあるが

大江健三郎がどれ程ダメか大いに語ってほしい。

ドナルド・キーンが日本国籍取得? それがどうした。

キーンさん、ありがとう。
 
外国にはここまで日本を考える人がいるのに、当の日本には反日がいる
まぁ、自国の良さを理解するのは難しいのかもね

ご苦労さまでした・

名誉国民だな
有り難い事だ

日本がこの人にとってあたたかい場所でありますように(-人-)

キーンさんは、小説家としての大江健三郎と知り合い、
安倍公房を紹介してもらった。
その後、安倍公房と友情を深め、大江に感謝していると語ってた。
しかし小説家以外の大江には失望し疎遠になった。
ゴメンね、キーンさん、大江があんな売国奴で。

こういう文系の博士課程のやつとか、退路がないからなーw アカポス以外に。だいたい
家が金持ち。

講義をうけたいなあ。
せめて教育テレビで最新版たのむ。

アメリカでキーンさんに指示している人たちがニュースで
先生の後を継いで日本文学を研究しますって言ってて
とても嬉しかった
日本を深く理解してくれる人がこれからも続くのがありがたい

指示→師事 
失礼

お帰りなさい。

キーンさん、本当にいい方です。
戻っていらしたことを後悔することのないよう、日本も頑張ります。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110427/k10015580451000.html

遠山のキーンさん、歓迎しますよ。

大物来たる

黒澤映画の批評本ならこの人のが一番読み応えがある。

NHKはICUのクソ学生使った「白熱教室JAPAN」なんぞとっと止めて
キーン教授の講義撮影しとけよ!
いや、マジ頼みます

んちゃ!



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。