スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東北電力株主 原発廃止提案へ

01.05.2011 NHK
東北電力株主 原発廃止提案へ
東京電力福島第一原子力発電所の事故を受けて、原発に反対する市民グループの呼びかけに賛同する東北電力の株主およそ200人が、来月開かれる株主総会に、原発の廃止を求める議案を提出することになりました。
原発の廃止を求める株主提案を行うのは、「脱原発東北電力株主の会」のメンバーと、それに賛同する合わせておよそ220人の個人株主です。議案では、原発の廃止のほか、青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料の再処理工場など核燃料再処理事業への投資をやめることなどを、会社の定款に新たに盛り込むよう求めます。提案の理由としては、福島第一原発の事故によって、原子力発電には一企業の規模をはるかに超えるリスクがあることが明らかになったとしています。この株主提案は、2日に会社側に提出され、来月下旬に開かれる定時株主総会の議案となる見通しです。宮城県にある東北電力の女川原発では、東日本大震災や先月7日の余震で想定を超える高さの津波や地震の揺れが観測されています。今回の提案について、東北電力は「今の段階では内容が分からないのでコメントできない」としたうえで、「東北電力の原子力発電所は安全に停止しており、設備の点検や安全対策の強化を引き続き進めていく」としています。
NHK http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110501/t10015654051000.html

[民の声]2ch

みんなー、レンガだけで驚いていてはだめだよ
原子炉から調理素材や食器に転用可能な法律も自民党が可決させていたって知っていた?
「原発を解体してその金属廃棄物でフライパンを作る」という話があるのを知っていますか。
こんなことを言うとほとんどの人がエーッと声をあげるんではないでしょうか。
2004年の4月までは「まさかそんなことあるわけがない」でしたが、
2005年5月には「フライパンやジュース缶、自転車などにリサイクルできる」法律の「改正」が国会を通過し、
2005年12月に施行されました。
原子炉等規制法の改悪案」が05年5月の国会で成立してしまいました。05年12月1日から施行されます。
http://www2.gol.com/users/amsmith/hajime.html

あ~~~~。。。
可決されたら従うしかなくなるな。

東京電力の反核株主はどうしてるんだ?

面白い展開

圧力容器内が1気圧を下回ると当然 水素爆発が起きる! (いま1,2気圧まで下がってる)
 そうしたら少なくとも 福島から半径700km以内はすぐさま退避! (日本の3分の2にあたる)
その時政府は 「すぐに非難する必要はありません」と発表するが、関東や関西も半日以内に脱出せよ!
なぜか最近 爆発の瞬間の映像をあまり出さないよね?
必要なのは電力であって原発じゃない
すでに世界は70年代に原発撤廃方向に向っているのだ
京都大学原子炉研究所の小出裕章先生のページのURLを張り付けようとしても
2ちゃんねるは既に出来ないようにされているので
下記で検索して一度ご覧下さい (国にシッポを振る御用学者の話ばかり聞いていては駄目だ)
小出裕章(京大助教)非公式まとめ

日本が核でダメになったら配当もヘッタクレもねーからな。
投資家として正しい判断。つか富裕層の義務だろ

関東大震災は縦揺れだった、今回は未だ縦揺れは来てない
地震保険など準備は怠らないように、縦揺れはドカンと来たらしい、
いつ来てもいいように安全な場所に住みましょう

会社は株主の物なのに何兆円被害を出しても
株主は株価分しか責任を負わなくていいとか
どうなんだろうね。

13 :ばかな株主だ。
それでどうやって経営を成り立たせ、企業価値や利益を得るのか?

やはり東北も動くか・・
関西電力も関西広域連合と対峙する流れ
そして流れ読んで他の電力エリアもそれに追従
関東だけ東京電力の原発汚染と権力者による搾取によって苦しめられ
最終的に廃都に追いやられると思うとなんだか胸熱

金儲けのことしか頭にない株主のいる一方で、
国や国民のことを考えるのもいるんだなw

>>13
バカはお前だよ
株主は電気が何で発電されていようが配当を受け取ればそれで良い
自分の株が紙屑になっては困るというのは株主として当然の行動だ

>原子力発電には一企業の規模をはるかに超えるリスクがあることが明らかになったとしています
狭い日本に54か所もあります。



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。