スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノーベル賞受賞の米医師団体「子どもの許容被曝量高すぎる」

02.05.2011 J-CASTニュース
ノーベル賞受賞の米医師団体「子どもの許容被曝量高すぎる」
アメリカの医師団体「社会的責任のための医師の会(Physicians for Social Responsibility=PSR)」は、日本政府が子どもの年間被曝許容量を「年間20ミリシーベルト」としたことを批判する声明を出した。
PSRは反核などを訴える医師による民間組織で、1985年には「核戦争防止国際医師会議(International Physicians for the Prevention of Nuclear War=IPPNW)」とともにノーベル平和賞を受賞している。
PSRのアイラ・ヘルファンド博士は2011年4月26日の会見で、子どもにとって「年間20ミリシーベルト」という値は発がんリスクを「200人に1人」にまで高めるものだと指摘。政府の基準に疑問を示し、許容量の引き下げを求めた。
J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2011/05/02094683.html

30.04.2011 J-CASTニュース
「校庭放射線量」で抗議の参与辞任 
東大教授「容認したら学者生命終わり」

原子力の専門家で放射線防護を中心に助言してきた東京大学大学院教授の内閣官房参与が、政府の対応を批判して辞任した。小学校などの校庭利用を制限する放射線量基準について、「とんでもなく高い数値」と批判している。一方、政府側は、基準値について専門家の意見をきいた上での「最終判断だ」と問題はないとの認識を示している。
2011年4月30日付の辞任届を首相官邸に出したのは、小佐古敏荘・東大大学院教授だ。4月29日、記者会見して明らかにした。小佐古教授は、福島第1原発事故をめぐる政府の対応について、法律や定められた指針にのっとっておらず、「その場限りで場当たり的」と批判した。
細野補佐官「政府の最終判断」
また、小佐古教授は、小学校などの校庭利用に関して、「年間被ばく量20ミリシーベルト」とした文部科学省の制限基準について、「とんでもなく高い数値」と訴えた。通常の放射線防護基準に近い「年間1ミリシーベルト」を採用すべきだとも主張した。現行基準について「容認したら私の学者生命は終わり」とも述べた。
小佐古教授は、原発事故後ほどなく内閣官房参与に任命され、放射線防護の分野を中心に助言してきた。
一方、細野豪志・首相補佐官は4月29日夜、TBS番組に出演し、小佐古教授が批判した校庭利用制限基準について、専門家らの意見を聞いた上での決定だとして「政府の最終判断だ」と変更する考えはないことを明らかにした。
また、菅直人首相は4月30日、衆院予算委員会で、小佐古教授による「場当たり的」との批判について、小佐古教授らの助言も含めて検討しているとして、「決して場当たり的な対応はしていない」と反論した。
インターネットの個人ブログや、関連ニュースへのコメント欄をみると、小佐古教授による「政府は場当たり的」批判について、賛同する声が多く寄せられている。特に子どもが関係する制限基準については、「専門家の意見がわかれた場合、厳しい基準の方を採用すべきではないか」といった声も少なからずあった。
J-CASTニュース http://www.j-cast.com/2011/04/30094618.html



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。