スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島第1原発、高台25メートル削り建設  元東電幹部、津波軽視認める

05.05.2011 中日新聞
福島第1原発、高台25メートル削り建設 
元東電幹部、津波軽視認める

 東日本大震災で15メートルの大津波に襲われた福島第1原発の立地場所が、40年以上前は海抜35メートルの台地だったことが、建設当時に東京電力が国に提出した資料などで分かった。

2011050599094957.jpg

東電は、地盤の強度や原子炉を冷やす海水の取り入れやすさを考慮した結果、地表から25メートルも土を削って原発を建設した。計画に携わった元東電幹部は「違う建て方もあった」と、津波対策を軽視してきたことを認めた。
 原発の建設地約200万平方メートルは、東電が1964年までに取得した。旧日本軍飛行場があった場所で、海岸線に険しいがけが続く台地だった。地質は、地表から海水面までの3分の2は、地盤が弱い粘土や砂岩層が広がっていた。
 計画メンバーの1人、豊田正敏・元東電副社長(87)によると、さまざまな建設方法を検討した後、地震に対応する巨大な原子炉を建てるには、地表から25メートル下にある、比較的しっかりした泥岩層まで掘り下げることが必要と判断した。
 大量の冷却水を必要とする原発は、海面に近い方が取水効率がよく、船で運搬される核燃料の荷揚げにも都合がいい。こうして71年、1号機が稼働を始めた。
 今回、東電の想定5・7メートルをはるかに超える津波の直撃で、原発は高濃度の放射能漏れが続くレベル7という危機的状況に陥った。いまだ収束の見通しは立たない。
 「耐震設計の見直しはしてきたが、津波対策をおろそかにした。建設を計画した1人として、申し訳ない」と話す豊田氏。「台地を削らず、建屋の基礎部分を泥岩層まで深く埋めれば、地震と津波の両方の対策になったかもしれない」と悔やむ。
 13メートルの大津波に襲われながら、かろうじて惨事を逃れた宮城県の女川原発は海抜15メートル。そして、津波の教訓を生かして福島第1原発に新たに配備された非常用電源があるのは、原発の後背地に残る掘削前の高台だ。
(中日新聞)http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011050590094854.html

[民の声]2ch

海岸部分だけ台地を残しておけばよかったんだな。
取水はそこにトンネルを掘ればよかった。
まあ後知恵だけどね。

わざわざ下げたのかよバカすぎw

もうなんか、どこまで浅知恵なんだと…

東電元幹部が安全対策の軽視認めてるんだったら
当然東電の責任で全額賠償でしょ

凹 ← せめてこの窪みの中に原発があれば・・・

軽視じゃなく、無視なんだろ!?
正直に言え!

人災確定

むしろ水中にすれば万一の際に自動的に冷やせるじゃん

わざわざ自爆装置を取り付けるアホ

人災暴露きたあああああああああああああああ

40年前の基準なんだから当たり前じゃん。
新規作らない事で、どんどん古い原発ばかり残る事も事実
日本だけじゃなくて、世界がね・・・

バカさかげんが、どんどん明るみにでているな
清水も焼肉社長もコストカットでオワッタ

コスト優先した結果、バカ高いコストが発生しますた。

元東電幹部による事実上の『人災』発言だな。

砂泥岩で地盤は軟弱、わざわざ高台を削って低くして、津波対策は怠る
万一海水取得出来なくなった時の貯水池も用意しない、排水池も用意しない
二次三次の非常電源、外部電源もおざなり。。。これでどうして「安全」だと言えたのかね?

GEの勧め通り、さっさと廃炉にすべきだったな。

これ以上のコストダウンは無理だっちゅーのに
もう手抜きするしかコストダウンできねーちゅーのに
それでもやらせる今の世の中の流れ

福島原子力発電所建設記録 黎明 -調査篇
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14139011

リスクをコストとして削除した結果これだよ
サーバ構築・ソフトウェア開発の現場でも良く見られるが
こういった命に直結するところでも、散見されるということは
もう人としての心を失った奴が増殖した結果なんだろうな
ほんとうに終わっているなw

今まで好き勝手やってきたつけだな
マジで叩けばいくらでもほこりの出てくる奴ら

プロジェクトX
~大地を削った男達~

でも税金で肩代わり、電気代を大幅アップして、
国が守ってくれるので、
役人連中の収入は変わらずウホウホです。
そんな感じにとられても仕方がないわな。

そもそもコストが高すぎる原発が止まっているのに
電気料金をアップする必要が本当にあるのか?

東電を擁護するわけじゃない事を前提に
ちょっとこの記事を補足させてくれ
要は、元々の高台の地盤は軟弱だった
だから、自重沈化して圧縮され固くなった
地耐力の高い層まで掘り下げた
地盤を堅牢なところまで掘り下げて
たくさんのコストを掛け耐震性を高めたが
津波に対する軽視から
その措置は、逆に津波に対し脆弱になる
状況を招いた
ってことだと思う。
もっと簡単に3行にすれば、
地震には十分、気をつけて費用も掛けたけど
津波は疎かにしちゃったから
その辺は理解してね
って論調だと思うよ
「いいわけ」だな

いったん潰せ
JALも空飛んでる



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。