スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府与党東電救済案をぶっつぶせ。 与党議員に電話しよう。あなたがやらずに誰がやる!河野太郎

2011.05.11 河野太郎ブログ「ごまめのはぎしり」
政府与党東電救済案をぶっつぶせ。
与党議員に電話しよう。あなたがやらずに誰がやる!

◆政府与党案をぶっつぶせ
政府与党は、国民負担を増やして東電を救済しようとしている。

このブログを読んだら、ぜひ、お近くの与党議員の事務所を訪問して、あるいは与党議員の事務所に
電話をして、なぜ、あなたは国民の負担を増やして東京電力を救済するのかと尋ねてほしい。

政府与党の案にはいくつかの問題があるが、それを検討する前に今、政府がやっている目くらましに
だまされてはいけない。役員の給与、賞与をゼロにしろなどというのは金額にしてもたかがしれている。
もっとリストラを、なんていうのは政府の目くらましだ。そんなことでだまされてはいけない。メディアも
それはちょっとちがうんじゃないかとはっきり言わなければならない。

政府がやるべきは、そんなことではない。

まず、東電が、どのぐらいの支払い能力があるのか、どれだけキャッシュが入ってくるのか、どれだけの
債務を抱えているのか、政府は調べていない。JALのときはタスクフォースと呼ばれた専門家のチームが
きちんとデューデリジェンスを実施したが、今回は、それがない。東電と金融機関がつくった数字をもとに
議論されている。

次の問題は、東電の資産が保全されていないことだ。被災者への賠償金も東電が銀行から借りたお金も
同じような債務だ。もし、今、東電が銀行からの借金をせっせと返していたら、被災者への賠償金の
支払い能力は減っていく。銀行は無傷でお金を返してもらったのに、賠償金は支払えないから国民が
負担しますということになっていいはずがない。だからまず、東電が勝手に債務を選択的に返済しない
ように、政府は東電の資産を保全させなければならない。

そうなると、東電の取引先は、東電に対して現金での支払いを要求するようになる。そうなると、東電は
一時的にキャッシュが不足しかねない。だから政府が東電の支払いを保証してやる必要がある。

そうすれば、東電の資金繰りは回っていくので、当面、問題はない。JALと違って、東電は地域独占だから
お客は逃げていかれない。毎月数千億円の収入がある。

ゆっくりと電力業界の改革を考えながら、賠償金を確定させればよい。

にもかかわらず、政府与党は東電に、東電が破綻したら大停電が起こるとか、東電を破綻させたら社債
市場が崩壊し金融危機になる等と脅かされ、きちんとした責任追及もせずに、国民負担で東電を救済
しようとしている。

JALの時も、JALを破綻させたら大変だなどと同じようなことが言われたがJALは飛び続けた。今回も、
電力の供給という業務と東電という企業体の存続はイコールで結ばれているわけではない。

東電の資産を保全し、キャッシュフローを保証したら、再生機構なりが管財人として乗り込んで、まずコスト
カットをやる。広告宣伝費に何百億円を使っているぐらいだから、いくらでもコストカットはできるだろう。
相当利益を増やせるはずだ。

そうしているうちに、賠償金額が確定するだろう。もちろん東電の資産では払いきれない。債務を支払え
ないということは、その企業は破綻するということになる。

まず、経営陣は総退陣。次に株主の責任が問われて、株式は100%減資。このときに株主がかわいそう
だとかいろいろ言うかもしれないが、感情論ではない。株主の責任が問われずに、年金で慎ましく暮らして
いる方々の電気代をその分上げるなどというのは、資本主義を逸脱している。株式を買った人は、リスクも
あわせて買っているのだ。

ここで株式を100%減資すれば、数兆円が浮いてくる。これをしなければ、その分、国民負担が増える
のだ。

次に金融機関の責任を問う。ここで気をつけなければならないのが社債の扱いだ。連休前から、東電を
破綻させると社債市場が崩壊して金融危機になるという話がまことしやかに永田町、霞ヶ関を駆け
巡ったが、そうはならない。

電力会社の社債は、電気事業法37条で、優先弁済される。つまり、公租公課(税金等)、労働債権
(給与等)の次に社債が償還される。資産が残っている以上、電力債はカットされずに弁済される。
だから社債市場が崩壊したりということにはならない。

そして残った資産で、銀行からの融資等の一般債務の返済や被災者への賠償金の支払いが行われる。
資産が足りなければ、これらの債権は同じ割合でカットされる。

賠償金の残りは国が支払う、つまり国民負担になる。だから、株主の責任を100%減資することによって
追及し、金融機関の責任を債務カットで追及することによって数兆円単位で国民負担が減る。政府与党案
のように株主責任も金融機関の責任も追及しなければ、その分、国民が余計に負担することになる。

金融機関は事故後に2兆円近い融資を東電に対して行っている。コミットメントラインではなく現金で融資
している。この融資を金融機関の経営陣は、どう説明するのだろうか。こうした行為に対する責任は
免れない。

金融機関が、こんなことでは貸し出し余力がなくなって復興支援ができないというならば、金融安定化
スキームで公的資金を入れればよい。

それから東電を国有化し、東電ホールディングスの下で発電会社と送電会社に分け、発送電分離をしても
問題はないことを世の中にみせてから、出口で株式売却する時に発電、送電を分離すればよい。株式
売却益は、国民負担の返済に充てる。

政府与党案では、東電は、多額の賠償金を超長期にわたって返済し続けなければならなくなり、企業体も
維持され、電力業界の改革もできなくなる。国民負担は増え、責任をとるべき存在は許され、電力の改革
も止まる。最悪だ。

だから、与党議員に、なぜ、あなたはこんな最悪の東電救済案を支持するのかと尋ねてほしい。

東電、財務省、金融機関、経産省は、毎日、足を棒にして、議員を脅かし、説得して回っている。

だれが正義をもたらすのか。

あなたがやらずに誰がやる!

(以上)


[民の声]2ch

実に正論だな

>JALのときはタスクフォースと呼ばれた専門家
火事場泥棒にスゴいルビ。

入閣しなよ

イシバに言えよ

もう河野太郎しか信じられないな

東電さんの年金もカット
役員は退職金返還
最終的にはこれくらいやらんとな

河野が言うことと逆のことが正しいw
とは言え安易な東電救済は良くないがな
でも発電送電を分離はこれは確実に駄目
利用者のメリットにならん
国土が小さく電力会社の閉める割合が大きい所に、発電送電を分離すれば逆にコストが高くなる
さらに第三国による送電網の買い占めが起きた場合に対処しきれなくなる
東電の賠償を攻めるのと、発電送電を分離を、一緒くたの問題にすべきではない

正論のように思えるが、国会が開かれることで合意したようだし、国会で追及すべきではないか。
そして自民党の方針を変えさせればいい。
無論ブログで書くことを否定するわけではない。

太郎は東電グループに入ってないってことは信じるよとりあえず
とりあえずは電力自由化もやってもらって、東電の売上根こそぎ削って欲しいわ

送電網を人民解放軍系企業に売却するつもりだろ>河野太郎

まともすぎて涙が出る
まともなことを言ってる人が一人しかいなくてまた涙が出る

>でも発電送電を分離はこれは確実に駄目
>利用者のメリットにならん
電力会社の人ですか?w

うん。電話するから太郎は石破を説得してくり。

諸外国の倍もする電力料金をどうにかしないと日本が亡ぶよ

東電潰したら賠償もクソもないじゃん。
河野太郎ってこの程度なの。
民主党にふさわしい人材のような気がする。

■昨年の参院選で東京電力労組の支援を受けた者
小林正夫(比例)=東電OB
郡司彰(茨城)
蓮舫(東京)
小川敏夫(東京)
金子洋一(神奈川)
輿石東(山梨)
藤本祐司(静岡)
http://ameblo.jp/lisa-w-paz/image-10843410939-11129547896.html

電力会社を一社にまとめて、その株式を譲渡制限付けて国民に割り当てろ。
そうすれば送電分離だの自由化など必要ない。
価格も株主である国民が投票で決めればいい。
あとNHKもな。
民主国家なんだから国民の監視はあって当然。
受信料だけ持っていく独裁なんか許されんよ。

心情的にはわかるが、全負担を東電にかぶせた結果東京の電気扱う人はいなくなりましたじゃねぇ
今いる人はとっとと辞めて他行ってこれから入る人はよほどのマゾでない限りいなくなる
同じ電気関係のスキルがあるのなら東京以外で働くだろうな

なんだか
東電救済っていうより
『東電の株主救済』
みたいだもんなあ
国民の税金を東電に投入する前にさ
普通に株刷って資金作れば資産ある会社なんだから資金作れるだろうに
それをやると、現株主の持ち株の値段が下がるから嫌なんだろ?
要するに政治に影響力を持つ銀行とか、そういった連中の利益守るために税金投入
会社って儲かった時は株主の儲けであって
損したら株主が負う
1000年に1度の天災だろうが、そういったリスク計算してやるのが投資なんだから

橋下が自分ではやらないのに懲戒請求を煽って業務妨害で有罪判決受けてなかったっけ?
これも同じ理屈でマズそうな感じなんだが大丈夫なのかな
河野は親父がクズだから、どうなろうと構わんけどw

> それから東電を国有化し、東電ホールディングスの下で発電会社と送電会社に分け、発送電
>分離をしても問題はないことを世の中にみせてから、出口で株式売却する時に発電、送電を分
>離すればよい。
初っ端っから、それが目的だろうが。
クズめ。

ソフトバンクに発電やってもらいたいわ
くそ高い電気代もだいぶ下がるだろ
ただし停電は増えそうだがww

送電会社=低リスクで半永久的に利益を得続けられる
この打出の小槌的利権を身内で独占して、
借金だらけの東電を既存株主と国民(税金)に押し付ける、
これは許せない

36:株式を100%減資したら数兆円が浮くってどういう理論ですか?
配当0円なら持ち出しほぼ無いんじゃないの?
教えてエロい人

つまりあれだ、東電を潰したら被災者保護というのか救済は全部国(政府)やる事に成ってしまうでしょ、
東電に東電に出来る範囲の責任を負わすなら東電を潰さない程度に政府は東電を助けなければいけない事になる、
だから政府が東電を助ける面が有るのは仕方ない事だと思うけれどね。

国民の税金に泣きつくんなら
株価が10分の1とか
紙くずになってからだろ

電力系議員はほぼすべて民主党ですがw

ブログで吠えてないで野党議員をまとめろよ
共産党なら協力してくれるだろ

>>36
その意味はちょっとわからないけど
一株価値下げて新株発行して売却して金作って賠償に充てるべきじゃないの?
それでこれ以上買い手が付きませんってなってから国民に泣きついてこいって思うよ

>>36
債務超過で東電を潰したら、東電の株は紙屑になる
その後に新しい会社を設立して株式を市場で売ればその分だけ資金調達出来る
でも、東電株は超優良株で高かったから
お偉さん方も保有してる人も多く、自分の資産が無くなる様な事は避けたい
電力族筆頭で親族も電力の棒、コネハさんとかは東電株4000株ぐらい持ってるんじゃなかったっけ
東電擁護の発言ばっかりしてたし、株式価値が無くなる国有化はしたくないだろうな

http://www.taro.org/2011/05/post-1002.php



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。