スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大前研一氏 「原子力災害を国が補償するのは当然」は暴言と指摘

2011.05.11 news-postseven.com
大前研一氏 「原子力災害を国が補償するのは当然」は暴言と指摘
原発賠償に税金投入を安易に決める議論が、いつのまにか進んでいる。
そうした議論の中から抜け落ちている問題点について、大前研一氏が指摘する。

時を追って東日本大震災の被災者の経済的困窮が顕著になる中で「原発賠償」を巡る議論が紛糾している。
今回は、この問題を解決する上での大前提について考えてみたい。

福島第一原子力発電所事故の一次責任が東京電力にあることは論を俟たない。
ところが先月、日本経済団体連合会の米倉弘昌会長の口から“暴言”に等しい言葉が飛び出した。

原子力損害賠償法には大規模な天災や内乱による事故は国が補償するとある。
国が全面的に支援しなくてはいけないのは当然だ」「原発は国によって安全基準が定められ、
設計・建設されている」と記者会見で述べ、国の責任を強くアピールしたのである。

この発言は、経団連会長ともあろう人物が、その仲間意識(東電の清水正孝社長は経団連副会長)から
財界の都合を主張した“不見識”といわざるを得ない。

たしかに原賠法は「原子炉の運転等により原子力損害を与えたときは、当該原子炉の運転等に係る
原子力事業者がその損害を賠償する責めに任ずる。

ただし、その損害が異常に巨大な天災地変又は社会的動乱によって生じたものであるときは、
この限りでない」(第三条)と、この第三条並びに第十六条で政府による「援助」を定めている。

つまり財界の“言い分”は、原子力は国の方針に従って推進してきた、
原発は国の安全基準に準拠して原子力安全委員会の審査で認められたものを造り、
原子力安全・保安院の指導のもとに運転してきた、国の言う通りにやってきたにもかかわらず、
想定外の津波でこんなことになったのだから国が責任を負うのが当然だ――というものである。

だが、もしこの理屈で企業が責任を負わないとなれば、製薬会社や航空会社、
鉄道会社などが事故を起こしても、安全基準を定める国の責任ばかりが問われることになる。

経団連はCSR(Corporate Social Responsibility/企業の社会的責任)を声高に叫んでいるが、
それが虚構にすぎないことが図らずも露呈した。

一方の政府は、東電の支払い能力を超えた部分について支援する意向を早くから打ち出している。
聞こえはいいが、そのツケを納税者である国民に回すことへの熟慮や躊躇が政府からは微塵も感じられない。
http://www.news-postseven.com/archives/20110511_19965.html

[民の声]2ch

原子力安全委員会と原子力安全・保安院の責任を追及しないといけないんだよな。
それをせずに税金投入とか言うなって感じ。

下の者に対しては自己責任と言い、己は援助や支援は当然の権利だと言う。

やってもいいけど
経営権は手放せ 国有にしろ

http://www.ustream.tv/recorded/14602600
まずみろ・・

国が推進する原発事故は国が賠償するのが当然 (経団連米倉会長)        <---- これ暴言 (大前)
原子力損害賠償法は大規模な天災や内乱による事故は国が補償するとあるが、
東日本大震災は 「大規模な天災」 には当たらないから、税金投入はおかしい。  <---- これ正論 (大前)
                                        (大前研一) 
「大規模な天災」の定義からかよ、あーーーーーーーー面倒臭い

この際、正義とは何か
はっきりさせようぜ!

 東電はリストラ促進でいいけど、
バラマキ4K・国会議員・地方議員・全公務員のリストラ忘れてるんじゃない。
 総理大臣を決めるのに在日外国人が深くかかわっている民主党の党員システムは違法。
   民主党の偽善パフォーマンスと震災利権による増税にだまされる左巻き売国反日日本人がいっぱい。
 少子高齢化は戦後、国防など男の本能を抑えた極論に走った左巻き反日思想の責任。
   パチンコはギャンブル、警察と国会議員・知事・地方議員は仕事しろ。

地震は天災。
原発を水素爆発させてしまったのは、東電と民主党!

賠償金が払えない東電はすでに倒産状態。会社更生法を適用させ、資産を凍結しろ

100%減資、企業年金廃止は不可避

そうした官僚機構の本丸に対抗できるような政治家がいないんだろうな。

大前が言うんなら
国の方針はただしいってことだ

大前健一氏がいうことも理解できる。
とりあえず、「全責任を東京電力が負います。資産をすべて売却します。
社員の給与はすべて3分の1にします。役員報酬は取りません。ですから
銀行さん20兆円貸してください。」
銀行、「貸します。」
東電、「ありがとう、頂きました。」
半年後、臨時ニュースをお知らせします。「東電が自己破産しました!」
てなことでもいいのでは?
悪の親玉として、言いたい放題言わせて、給与カットして、資産売却して
借りまくって、
ハーイ!!!、ラッキー!!! とーさーん、しました!!!
すべて、ちゃらだ!、後は知ったことは無い、勝手に国民が犠牲になればいいんだよ!!
ほんと、おもしろい。
神様じゃあるまいし、責任、責任だーと言っても、限界があるよね。
世間の言われるまま、責任とっちゃえよ!
「東電は悪い!東電は悪い!」とみんなでデモでもなんでもすれば?
解体すればいい。
それで、どうなるのか見ものだ。
国民のヒステリーはとことんやってくれ。
国家を潰すまでやってくれ。
限度をしらない国民は自分で責任をとらない。アイツが悪い、コイツが悪い、・・・・
どうなってもいいよ。好きにしてくれ。

自民とその信者の人間のカスはどうしようもねえな

こいつらは税金をなんだと思ってるんだろうな
自分らの財布ぐらいに考えてるのか?

どうでもいいけど、東電のリストラは当然なんだが、倒産した会社が
更生する考え方まで突き詰めて、リストラ策をださないと、
誰からも信用されない。
その上で、まだ足りないだろうから、その分は国家が保証する。
東電を根こそぎ、リストラして何もない状態まで追い込んで、東北電力と
合併させるか、どうかというところでしょうか?
だれかが、電力会社を経営しないといけないんだから。
そうしたいなら、そういうプランを出せばいい。
リストラだー!っていうだけでは、先が見えない。
足りないところは、政府がやるが、基本は倒産した会社と同程度とみなして
リストラする、と明言しないと、いつまでもかかる。

現に大きな事故起こった場合
裁判などでは必ず国が巻き込まれて
支払い命令受けてるけどな
まず、天災なのか人災なのかをはっきり分けてからの方が良くないか?
未だに、天災か人災かははっきり政府は言って無いと思うが

暴言という言葉を使うことが暴言
自分の意見と違うからといって
論議を否定するようなことをしてはいけない

大前と経団連…
大前の方が信用できんな

製薬会社や航空会社、 鉄道会社の存在自体を国民は否定していない。
原発は、その存在自体を国民に否定されるところから始まり、そこから欺き、洗脳し、覆し 今がある。
根本から全く違う。

経団連よりは大前の方がマシかな

菅内閣と官僚機構と御用学者どもにとって、国=国民だからな
率先して原発政策をゴリ押しして来た自分達は、あくまで対象外なんだよ



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。