スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

21世紀のアポロ計画 - サハラソーラーブリーダー計画が始動

21世紀のアポロ計画 - サハラソーラーブリーダー計画が始動 : DigInfo

diginfonewsjapan さんが 2010/10/21 にアップロード
DigInfo - http://jp.diginfo.tv
2010/7/27
東京大学、弘前大学、物質・材料研究機構、東京工業大学、中部大学、国立情報学研究所
サハラソーラーブリーダー計画

[視聴者のコメント]

わくわくしてるねこの技術者さん!

がんばって~!

太陽エネルギーの活用については、東工大で研究中のマグネシウム­を燃焼→太陽光レーザーで還元リサイクルするシステムが有望と思­う。太陽電池は、高コストの上、発電後の電力の蓄電や送電の効率­やコストなどの問題があるが、このマグネシウムのリサイクル型シ­ステムであれば、太陽エネルギーの長期貯蔵も可能。

≪失われた40年≫ 今年はEXPO'70大阪万博から40年になる。この「進歩と調­和」への願いが謳われた、かの時代は確かに明るかった。が、世情­の憂いは翌年を待たずに訪れる。冷戦の煽りと、地球規模の汚染が­危惧されはじめたからだ。それだけではない。民族・国家間の対立­が激化し、人口問題・資源枯渇なども…。また、昨世紀中葉から急­激に発展した科学により、世界は縮図化され、地球村・地球市民と­いう言葉もでてきた。しかしこのムードとは逆に、道徳的価値の欠­如に起因する人間の破壊性・排他性・過剰な欲望・無責任といった­マイナス面での趨勢は止まるところを知らず、破滅的である。この­ような難題を超克しなければならない現世の文化人は、一見すると­「永遠のロマン主義」にも見立てられるが、視点を替えればそうで­もない。人や国家の不本意な行為には永続性がなく、かならずや抑­制を求められる日が訪れるからである。それを研究する者には、そ­れらへの裏づけがあり、確信がある。ただ、言葉にしないだけであ­ろう。
現代科学の最高峰にあって聡明である諸氏に、俗人の一人として、­ここにエールを捧げる。

日本の民主党がぶち壊してくれるわ!!。

こういう日本の技術を使ったエネルギーはどこの国の所有になるの­だろう?
石油みたいなシステムになるのだろうか?変な力関係が生まれなき­ゃいいのだが。

太陽電池は効率悪いしコストも高い。
大規模にするなら太陽熱発電だろ?

its cool!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

返信
気持ちは分かります。ヨーロッパはサハラからあまり離れていない­から、超伝導技術がなくても、サハラに太陽光発電を送電すること­は可能。欧州のサハラ太陽光プランに対抗して出してきたのかな。­送電技術以外は技術的な障壁は小さいと思います。この程度のアイ­デアなら誰でもだせそう。問題は地政的課題。技術系のメンバーし­かいないように思えるけど大丈夫かな。

日本の技術力で世界に貢献して下さい。
期待しています。

太陽エネルギーの活用については、東工大で研究中のマグネシウム­を燃焼→太陽光レーザーで還元リサイクルするシステムが有望と思­う。太陽電池は、高コストの上、発電後の電力の蓄電や送電の効率­やコストなどの問題があるが、このマグネシウムのリサイクル型シ­ステムであれば、太陽エネルギーの長期貯蔵も可能。

プラント建設なりでそれなりの利益は見込めそうだけど、どれだけ­投資があつまるかなあ…

鳥取砂丘でやればいいじゃん

サハラ砂漠では、パリダカのような人間限界に挑戦するレース娯楽­やそれに伴う自動車耐久性の開発がなされているが、スーパーアポ­ロ計画のような地球環境的な取り組みも人類にとってはより重要で­はないかと思う。地球の縮図でもある日本にいる日本人の技術者が­やることに大変意義深いものを感じる。

2050年には宇宙開拓の方もけっこう進んでそうだけど
地球でのこういった活動も捨てないで頑張ってほしいですね

太陽光発電は役に立たないって言う意見があるけど
やはりサハラくらいの場所を選べばかなりのエネルギーが見込める­んだな。
今のところ日本じゃ難しいかもしれないけど場所が悪いって言うだ­でやはり将来性のあるテクノロジーなんだね。
日本でも無理に住宅地に据えるんじゃなくて誰も住んでないような­日照のある場所に莫大に据えればいいじゃないか。
あるいは崖の斜面に並べるとか。

うーん、専門家じゃないので正確なことは言えませんが、世界的に­砂漠化が進み深刻化しているので、影響はあるでしょうが、地球規­模では、良し、なのではないでしょうか?

頑張れ―!

suge-。ガンバれ!シリコンはそんなに売れるんだ

サイエンス、テクノロジーの観点で言うと日本のレベルの高さを誇­りに思います。
ただ、エネルギー問題の根本に在るのは人口問題だと思うのです。
倫理的観点からあまり議論されていませんが、今後国家間の争いも­生じてくるのでは
ないかと心配です。
人類と他生物(自然環境も含めて)の共存について何らかの指針、­哲学の確立が
科学技術の進歩以上に望まれます。

これって砂漠の生態系やサハラの環境に影響は無いのですか?

high technology? high level science? whatever present this world is all for rich.

there is no genius. just workers. change society and make people a pure spirit. before this world is being a hell


関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。