スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島原発第一1号機 津波の到達前、地震15分後に冷却装置を手動停止

2011.05.17 毎日jp
福島原発第一1号機 津波の到達前、
地震15分後に冷却装置を手動停止
“炉心溶融”を早めた可能性も

東京電力福島第1原発1号機で地震直後、非常用冷却装置が津波の到達前に停止していたことが、
東電が16日公表した初期データから分かった。従来、同装置は津波到達までは動いていたと
考えられ、東電も15日公表の解析結果の前提を「津波で機能喪失」としていた。東電は「冷却
装置によって炉内の圧力が急激に低下したため、手動でいったん停止したとみられる」と説明。
津波が到達する中、こうした操作を繰り返すうちに冷却機能喪失に至った。近く始まる政府の
事故原因究明につながる重要な内容だ。

東電が公開したのは▽福島第1原発の各種データの記録紙▽警報発生などの記録▽中央制御室の
運転員による引き継ぎ日誌▽電源復旧作業など各種の操作実績--など。A4判で約2900ページ
に及ぶ。

データによると、3月11日午後2時46分の地震発生直後、原子炉圧力容器に制御棒がすべて
挿入され、原子炉が緊急停止。非常用ディーゼル発電機も正常に稼働した。1号機の原子炉を
冷却する非常用復水器も自動で起動したが、約10分後、炉内の圧力が急激に低下したため、
地震から約15分後の午後3時ごろ手動で停止されたとみられる。圧力容器のデータの変化をみると、
その後、津波到達(同3時半ごろ)までの間に、何度か起動、停止を繰り返していた可能性がある
という。東電は「この作業は運転手順書に基づき、炉内が冷えすぎないよう調整したのではないか」
と説明している。津波の後、手動による起動の記録がある同6時10分までの間に復水器が機能して
いたかどうかは不明だ。
一方、格納容器を破損から守るため、弁を開いて炉内の放射性物質を含む気体を排気するベントに
ついては、1号機では12日午前9時15分から、手動で弁を開ける作業に入っていた。2号機は
13~15日にかけて2回のベントを試みたが、格納容器の圧力低下は確認できなかった。3号機は
13日以降、ベントを複数回繰り返していた。

福島第1原発の初期データは、原子力安全・保安院が東電に要求。原子炉圧力容器や格納容器の水位や
温度、ベントの実績など、検証に欠かせない記録を回収し報告するよう4月25日に命じていた。

◇炉心溶融早めた可能性も

非常用復水器は、全電源喪失の際に唯一、原子炉を冷却できる装置だ。東電は「地震の16時間後に
炉心の大部分が溶融した」とする解析結果を15日に公表したが、これほど速く炉心溶融が進むと
いう結果は「非常用復水器が停止した」という想定に基づいていたからだ。非常用復水器が働いていれば、
それだけ炉心溶融を遅らせられ、ベントや外部からの注水などの対策がより効果を発揮できたはずだ。

地震発生後には大津波警報が発令され、原発内の作業員も認識していた。だが運転員は非常用復水器を
動かす弁を開閉し続ける作業に追われた。東電は「非常用電源やポンプがすべてだめになることまでは
想定しておらず、通常の手順に基づいた操作」と説明する。

非常用復水器は古いタイプの沸騰水型原発特有の装置で、同原発では1号機にしかない。2~6号機の
冷却装置と違い、駆動用のポンプを必要とせずに冷却できるが、弁の開閉でしか制御できない難点もある。
非常用復水器を作動すると原子炉の温度や圧力が急激に下がり、炉を傷める危険性がある。炉を健全に
冷やすには難しい操作が避けられず、こうした特有の作業が深刻な事態を招いた可能性も否めない。
▼毎日jp(毎日新聞) [2011年5月16日 21時47分 更新:5月17日 1時7分]
http://mainichi.jp/select/today/news/20110517k0000m040122000c.html
※関連スレ
【原発問題】非常用冷却装置、津波前に停止…東電詳細データ[05/16 21:17]
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1305553653/l50

[民の声]2ch

要するに東電の所為ですか

前スレ結論
これは民主党による責任逃れ工作の疑い濃厚。
原発災害は民主党による人災。

まあ、炉心融解がそれほど怖くないってことが分かっただけでも。
メルトダウンとか、さも恐ろしいことのように言われてたけど
実際は普通に暮らせてるわけだし

え、手動?
自動シーケンスでの停止でなかったのか?

職員にテロ工作員が潜んでない??
他にも、何かのバックアップ用の燃料タンクに穴開けられたり、
放射線測定センサーを持ち去ったりという変なトラブルあったでそ??

最近まで津波のせいだと言っていたのに・・・
「本当のこと知らなかったわけ無いだろう!」というのが素人の意見だが
もし・・・それでももし本当に知らなかったのだとしたら完璧オワットルなこの企業は

こうやって後から事実を伝える
事実は即刻伝えないと手遅れ

原発の周囲は数百年もすれば普通に暮らせるようになるしね
チェルノブイリであと300~900年は住むの無理だそうだから、フクシマもそれくらい待たないといけないかもね

案の定、反応を見ながら小出しにしてやがるなw

この情報、いろいろおかしいんだよね。
当時の状況といろいろ矛盾する。
原発が壊れてスカスカならポンプ車が高圧で水が送れない!なんて事はあり得ない。
放射線量は強烈な量になったはずなのになってない。
責任逃れの工作である疑い濃厚。

格納容器に穴開いてるって事だからなw
それに注入しても水が溜まらないなんて、明らかに漏れてるって事だしねw

福島のあの地域が立ち入り禁止区域になるのかと思うと、
日本にそんな地域ができるなんてと、いまさらながら寂しくなるな・・・

なにが凄いって、平気で嘘ついてた事だよな
そして今も嘘ついてる

どのみち外部電源が逝って発電機も浸水で逝ったら、結果は同じだけどな
・発電機を高い位置に設置
・予備の発電機や電源車を30km圏内の高台に用意
この二つだけやっておけば深刻な問題はおきなかった
コストカッター(笑)にはそんな金のかかる発想はおぞましかったかね

そもそも地震で損傷して機能が損なわれてる時点で
国の監督責任があるわけだろ。
これを止めたからやっぱり東電が「すべてにおいて」悪い
という風な論調になるのはおかしい。
(もちろん隠ぺいした東電は悪い)

★3月11日~12日 管&枝野くんの視察オナニー決行による1号炉爆発までの流れ★
官邸 危機管理ファイル 保安院は初めから1号炉ベント開放の必要性を訴えていた
http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103122050.pdf ←p13参照 *11日の時点で既に明記されていた
[予測] 27:20 原子炉格納容器設計最高圧(527.6KPa)到達
    原子炉格納容器ベントにより放射性物質の放出 ←「3時20分までにベント開放すべし」
★実際の流れ★
3月11日16時   1号機、2号機冷却用非常エンジン機能不能が発覚、電源車待ち。
      23時   電源車到着。
3月12日 0時   2号機水位安定。注水不能。
      2時 1号機屋内の放射線レベル上昇。
         1号機、2号機共に「早急に」原子炉格納容器内から放射線を含む蒸気を
放出する緊急措置を政府に提案。
『★平成23年3月12日(土)午前2時頃に行われた内閣官房長官記者会見
http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg4477.html   [6:10~]
【記者】総理が原発を視察する地点で大気への作業は行われるのか?それとも何時に作業を?
【枝野】(ベントを)行う前にしっかりと国民の皆様に予めご報告しなければならないということを
    東電のほうに要請というよりも指示を行った、
・・・・ (放出作業を首相視察まで待てと指示) 』
       3時12分   ★菅総理会見。「明日の午前中、福島原発に視察に行きます!」
       4時 1号機原子炉内、ドライウェル圧力が840キロパスカルを突破。設定値の倍の圧力。
            ★政府が東京電力に対し、総理が到着するまで蒸気放出待機命令。
            ★この間、1号機内の圧力は上がり続ける。
    7時30分    ★総理 福島第一原発に到着 ヘリから降り立つ勇姿を記念撮影。一面を飾る。
    8時30分    ★総理帰宅
      9時    速攻でベントを空け、蒸気を放出しようとするも、2つのうち1つが圧力がかかりすぎて開かない。
      15時    核燃料の上端が水面上に露出。原発周辺でセシウムを検知。
   15時36分    水素爆発。

チェルノブイリのプリピャチ市のように、事故が起った日の姿をそのまま数百年も残る事に
3.11のあの日の姿が、これから数百年残る事になるな

>「この作業は運転手順書に基づき、炉内が冷えすぎないよう調整したのではないか」
大地震が起こって、大津波来襲が確実だという時に通常操作優先かよ。
非常時の手順書は作成・周知してなかったと見える。
5重の壁どころか数十、数百、数千、数万の防護壁があったって東電マインドは
全てを無にしてしまう。

チェルノブイリはたしか試験運転した時にミスが重なったとか
制御棒が曲がって入らなくなり、燃料棒の核分裂が暴走、一気に水蒸気と化した水が原子炉を吹っ飛ばした
原子炉から一筋の青い光が、空に向かって伸びており、それを見た市民は神が降臨したと思ったそうなw
実は悪魔の降臨だったってオチがw

この時点では、再稼動の事を念頭に入れてたんだろ?
ホウ酸も海水も渋ってたくらいだから
まさか廃炉になるなんて想像もして無かったはず
ミスでも何でもなく、現場トップの危機に対する見積もりが甘かっただけじゃん

ぶっちゃけいっせいと母をを俺は基地外だと思ってた。お前らもだろ
だが作った時点で、危機管理やる責任は自民にあったよ。
アマチュア与党だったからって民主が免責されるわけでもないが。
俺らの県じゃ延々MOX燃料は安心安全だってプロパガンダ番組垂れ流してた。
ろくに機能してない原発関連の天下り組織野放しにしてた。
確実に自民には罪がある

こうやって人の責任していくわけか・・・
原発の設計や安全性は完璧だったという訳ですね。

1号機は欠陥炉
GEにも責任が有る
欠陥と知っていて使い続けた東電の責任はもっと大きいけどな

本当は地震でぶっ壊れて停止したんだろ。
それ認めると全国の原発止めなくちゃならなくなるから
作業員のミスで済ませようとしてるだけで。

1号機はこれで作業員に押し付けても2~4号機と
伏兵らしい5.6号機は……?
民主の分も東電が泥をかぶるのを条件に国がお金だすことになって
捏造情報も混ぜて色々出しはじめたんだろうけど。
下請けの中に津波で親族全滅してる人がいたら
責任押し付けられて友愛されちゃいそう。

再臨界と核爆発は別物だぞw

http://d.hatena.ne.jp/bakagaki/20110517/1305579944
テロリストがやったのに等しい

ところで
臨界って何?

いまだに「原発で核爆発」とかふつうにいう奴がいるのが不思議でならないし、
そんな奴がいるからデマがあっという間に広がるんだと確信するよ。

核分裂している状態
再臨界ってのは、核分裂を停止させた後、再び自然に核分裂を始める事を言う
そして今、1号機がそのような状態になっている可能性がある



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。