スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト革命~日本でタレント活動をされているFIFIさんからのメッセージ 2011.2.3~2.5

2011-02-03 00:50:03
エジプトの夜明け~新たな一頁へ

エジプトもいよいよ始まりましたね。どうしてこのタイミングでって、
その最大の引き金となったのはチュニジアのジャスミン革命の成功でしょうね。
エジプトはアラブのリーダー的存在なんだとゆう自覚が強いですからね、
チュニジアに出来て、自分達にできないなんていうのはプライドが許さないでしょう。
そもそも、Wikiリークスによるチュニジア上層部の贅沢三昧の暮らしぶり暴露が
きっかけで起こったこのジャスミン革命、革命に至るまでにtwitter や
Facebookでデモの呼びかけが行われるなんて、皮肉ですよね、
エジプト革命も同じですが、アメリカで生まれたソーシャルネットワークを
駆使して、結局親米政権を打倒しようとアラブの人々が団結したのですから。
でも、まぁ起こるべくしておきた革命なんですよね。
だいたい三十年も政権を握ってる大統領がいる事自体が不自然なんですから。
物心ついた時からずっとムバラクでしたよ。しかも、街の一角に掲げられた
大統領の写真はたぶん就任当時の物から変わってないと思う。
83歳の割に若く見えるのは何度となく繰り返された整形と、
下からのライティングのおかげかとおもう。
そもそも、日本でまともにアラブを解説してくれるような報道は今までも少ない、
そしてこの場に及んでも、アラブの情勢をうまく伝えられる報道機関が無い訳で。
アラブについて研究してる人は少なく無いはずなのにね、
なんで、なんにでも解説するような人にコメントさせてんの?
信用できる情報ではないですよ。
私の母が日本で国際政治の博士号を取ってまして、わたしも少なからず
母の影響をうけて育ちましたので躊躇する事なく言わせていただきますけど、
そもそもこの革命、エジプトの民主化運動なんて言葉で軽く繰られても、
それでは深いところは読めませんよ。
エジプトは他のアラブ諸国に比べたらただ一点を除いては不自由なく
生活している国ですからね。はっきりいいましょう、ムバラクは確かに
長年政権を握ってきたので独裁政権です。しかし、それはアメリカの作った
親米政権による独裁であるわけで、国民はその親米による独裁に憤慨しているのです。
それはなぜ独裁政権である同じアラブの隣国リビアではこの時期に革命が起きないか
とゆう理由が物語っています。要するに民主化を求めているなら
リビアでも同じように革命が起こっておかしくないですよね?
つまりこれは民主化運動とは違うんです。親米政権にウンザリなんです。
リビアはちなみに反米政権です。
エジプトは対外的に良い面をしていますが、本当に外国人ばかりが優遇されていて、
国民は虫けらのように扱う国です。極端な話、外国人の方が仕事に就きやすくて
エジプト人はあぶれてるなんてこと、ほんとに過言ではないくらい。
わたしもいく度となく大使館で不快な思いをしています。大使館に働いている
外国人スタッフは高い給料をもらっていながらエジプトのために積極的に働いても
いない、それを嗜めると、エジプト人スタッフが外国人をかばい、同じ国民をバカにする。
エジプトの政府の態度がまさにそれ。そんな事があたりまえの国だったんです。
だからそれに不満を持ち度々旅行客を狙ったテロも起きたんです。エジプト政府に、
海外ではなく、国民に目を向けて欲しい、または今の外国に媚び売る政権に
ダメージを与えるためにテロが起きていたわけです。
今回のムバラク政権後、はたして誰がリーダーになるのか、いちばんかたずをのんで
見守っているのがアメリカでしょうけど、なんてたって、
デモを抑え込んでしまったら各国の民主化を進めよと非難し攻撃をしてきた
これまでの姿勢に矛盾がおきますから、ヒヤヒヤしながらも民衆を支持する
なんて心にもない態度しちゃって。その見返りに反米政権が誕生しようもんなら
どうしましょうと心配で仕方ないでしょうね。
野党であるムスリム同胞団の事が度々メディアで紹介される際に、
この同胞団を過激派とイコールに誤解して解説する人がいますが、
ちゃんと勉強した上で話をしていただきたい。それに足元すくわれて知識の無さが
誇張されてしまいますよ。日本語でもアラブの政治の本を読めば書いてあるが、
ムスリム同胞団は孤児院や病院などを設立し古くから民衆をサポートしてきた団体、
組織であって、過激派とは全く異なる。むしろムスリム同胞団をアルカイダなどの
ように扱って世界にその誤解を広めたのはアメリカ。
その方がアメリカに取って都合がよかったから。イスラムはテロだ、アルカイダなど
とゆう単純かつ幼稚な思想をメディアを駆使して無知な人間に植え付けたことで、
アラブの立場を窮地に追いやり、中東での立ち振る舞いを世界に納得させて
きたんだから。
まぁ、でもそんなアメリカのパワーバランスももう崩れてきているわけで、
その証拠にいまアラブの火薬庫から次々に噴煙が上がっているにもかかわらず
それを消火できずにいる。わたしはまさに世界地図が描き変えられる瞬間を
目にしているようで身震いの連続なわけだが。
今まさにミダン・タハリール(解放の広場)で100万にも及ぶ民衆が
新たな歴史の一頁を塗り替えようとしている。わたしはこの人々を見るとき、
わたしの生まれる前ではあるが、かつて記録映像で見たナーセルの死を悼む
群衆と重なった。あの時と目的は違えど、エジプト国民が一つになった事が
どれだけの重みを持つのか、今この時代に、これだけの人間が
情報を遮断されてもなを一つになれる事がどれほどの意味を持つのか、
世界中に問いかけているようでならない。
最後にエジプトに旅行にきたにも関わらず観光もできる状態ではなく、
さらにはホテルに缶詰、空港で足止めとなった方々には大変心を痛めています。
帰国されたあるご婦人が、
『またしばらくして落ち着いたらエジプトに行きたいです』と空港で
インタビューに応えてらっしゃいました。
その言葉はエジプトにとってどれだけの勇気と励ましであるでしょう。
感謝の気持ちで涙がこぼれました。
エジプトを愛して下さる方々のためにもエジプトは生まれ変わって
自らの力で立ち上がりもう一度みんなが訪れたい国にならなきゃなと思うわけです。
エジプトを愛して下さる日本の皆さんほんとに有難うございます。
現在、エジプトには母と妹が里帰りしています。母はこの歴史的な瞬間の経緯を
エジプトで見守りたいという事なので予定を変更してしばらく日本には
戻らないそうです、といっても、空港がパンクしてますし。ネットはまだ
遮断されていますがようやく携帯も繋がり通話状態は良くないですがなんとか
連絡が取れるようになりました。
一日も早くエジプトに平穏な日々が戻るよう遠い日本から願うばかりです。
これ以上人々の血が流れることがありませんように。


2011-02-03 13:23:34
エジプトの夜明け~ムバラク支持派の正体

(何卒、今回の記事も携帯で打って投稿してますので
読み辛いとは思いますが、ご了承ください。)
なぜ今頃になってムバラク支持派がメディアへのアピールを始めたのか。
ムバラクはこの長きにわたる独裁政権において今まで副大統領とゆう
ポジショニングを設けてこなかった。これはムバラクの前のサダト大統領
(これまた親米政権)が軍のクーデターによって射殺されたのが副大統領を
含めた幹部の陰謀によるのではないかとの見方があり、自分も同じように
暗殺されることをおそれてきたから。
それが今回のデモを受けて1月29日、突然スレイマンという人物を側近として
副大統領に任命した。このスレイマンという人物は何を隠そうエジプトの
秘密警察を束ねる内務省長官でCIAとの繋がりも深い、もうお気付きだとは
思いますが、そう、デモが開始され一週間以上も経つこの時期になぜ、
突然ムバラク支持派が現れた謎がとけますよね?しかもこの数日アメリカと
スレイマンが電話でやりとりもしているこのタイミングに。
日本のメディアでも触れていますが、ムバラク支持派の人が秘密警察のIDを
所持しているとの情報がありますが、つじつまが合うわけですよ。
ムバラク反対派が100万越えでデモしている中にだれが好きこのんで
突っ込んできますか?はぁ、本当にエジプトの政治は腐敗している。
自分の支持なんてものは金で買えると信じてるんですよ。
まぁ、実際これまで賄賂で回してきた行政ですから。それがこんな時に
露骨にでちゃうと、世界にその汚職の仕組みを見せているようで
情けないですよね。
なんだかムバラク支持派の持っている真新しい垂れ幕やプラカードは個人が
作ったとは思えないクオリティだったし、何よりムバラクの写真うつりが良すぎだし。
本人がチョイスしちゃってんのかなと思わせるほどで。
blogを読んでたくさんのコメント頂きました。これだけの反響をみると、
いかに日本の情報が人々のニーズに沿っていないのか、また、みなさんが
世界情勢を知りたいという気持ちが強いのかを感じるわけです。
頭ごなしにこの国の人は国際政治なんて関心ないなんて決めつけて、
低俗な話題を垂れ流しにしているメディアは、それ自体がいずれ国益に
何らかのダメージを与えかねないという事を自覚して頂きたい。
今日本人が求めているのは、国内だけの問題では無いはず、
海外の動きもみて、自分達の今後を見極めて行きたいのだと思う。


2011-02-05 03:10:21
エジプトの夜明け~国民の想い

エジプトにイスラム政権が誕生することへの懸念とか、
ムバラク退陣後の新政権の樹立についてだとか、そもそもなんでアメリカが
口を出すんでしょう。確かにエジプトは中東に置いて重要な役割として
位置付けられてたから分かりますが、コメントするまでならまだしも、
なぜ今後のエジプトの新政権樹立にアメリカが関わろうとするの?
関わるどころか今まで通り主導していこうとしてますからね。
エジプト国民が何に対して怒っているのかぐらいわかってるはずでしょ、

変革を求めてるんですよ。チェンジですよ、チェンジ!オバマ大統領が
あれだけ選挙の際に繰り返した『CHANGE』なんです。エジプトが変わっちゃうと
不都合ですか?表向きには国民を応援しているように見せていますが、
もしそれが真意なら今までのようにエジプトの政治に口をはさむべきでは
無いはずです。エジプト国民はエジプト人のためのエジプトを
つくりたいのですから。
イランはイスラム政権ですが目立って反政府運動がおきてはいませんし、
最近のアラブ各国での世論調査でもムスリム同胞団に対する支持は80%を
超えています。本当に危険な集団であればこれだけの支持が得られるでしょうか?
そもそもテロリストがいなくなって一番困ってしまうのは
アメリカなのではないでしょうか?テロ撲滅の名目で戦争や攻撃を正当化出来たし、
国内の武器産業も潤った。エネルギー有り余るアラブの若者たちを不自由な中に
閉じ込めて彼等の主張も虐げ、テロリストを産むような構図をあえて作り上げ、
テロの連鎖を引き起こしてきたのはアメリカ自信ではないでしょうか?
むしろ中東が丸く収まってしまうことのほうが問題なのでは?
いつも中東のどこかに火種を抱えていて、その危うさで世界中の人々の恐怖心を
煽ってきたじゃないですか。こんな簡単に世界が情報交換できるご時世に
湾岸戦争やイラク戦争でやってきたような情報戦術でコントロールできると
思ってるんですか。携帯からでも、その国の現状を、真実を誰でもが簡単に
世界中に配信できる時代なんですよ。大相撲の八百長もそうですが、
今までならうまく隠せていたものが、そうゆうわけにはいかなくなるんですよ。
Wikiリークスだってそう、賢いハッカー達がいくらでもネットワークに入り込んで
ヤバいネタ掴んでは嘘を暴きますから。
ところで、ムバラク支持派は外国人ジャーナリストを襲撃したり、無
理な情報操作を試みたり、イメージを悪くするだけの動きをみせて、
ムバラク自身最後のあがきのように大統領の座に粘り続けるのはなぜでしょう?
これはあくまでわたし個人の見かたですが、自分の資産を整理するのに
手こずっていてそれまでの時間稼ぎなのではと思うのです。
ここは驚くところですよ!ムバラク一族の総資産は3~5兆円とも言われています。
億じゃないですよ兆です。今政権が変われば腐敗政治でせっせとこしらえた資産は
新政府によって差し押さえられかねませんよね?
そりゃあイメージもへったくれもないですよ!何としてでもそれを整理
したいんでしょうね。それだけの資産を整理するのにはやはり9月まで
かかるってことだったのかなぁ~と思うわけですよ。
連日ニュースの中で映し出される風景はタハリール広場のまさにデモの様子なので、
エジプトにいる人々は大丈夫なのかと心配されてる方も多いでしょう。
大手のスーパーは営業していませんが個人商店は営業していますし、
なにしろこれは戦争でも無いので経済封鎖や攻撃を受けて街が破壊しているなどと
ゆう状況ではありません。ですから目的が達成できるまではデモが衰退して行くと
ゆうことも考えにくいです。ネットと電話が復旧し人々は平常の生活を取り戻そう
とはしていますが、役所がらみは再開してませんので仕事も滞っています。
その為なす術も無い人々で、例えば喫茶店などが混み合っているそうです。
今後は誰が政権を握ると思いますか?なんて尋ねられるけど、
今のところその候補が現れないのではと思ってますよ。タイミング的には
今でない方がいいです。今出ても人々は冷静にその人物がふさわしいのか判断
出来ませんよ。人々はこの長年のあいだ行われてきた見せかけ選挙ではなく、
真っ当な選挙の下自分達の指導者を選びたいと思っています。また、
今誰かに出てきてもらうと反政府運動が複雑化します。
エジプト国民が今求めているのは、国民の信頼を失ったリーダーと
その腐敗した政権を倒すこと。国民対政府!このシンプルな図式を下手に
複雑にすることはそこに邪魔が入る隙を与えかねないですからね。
今の状態で訴えるのが良いでしょう。
私は今日もブログに自分の思いを綴りましたが、今までならタレントという
立場からもハッキリと明言することをためらっていたと思います。
はじめに投稿した『~新たな一頁へ』は今後の仕事の心配もしつつ言葉を
選んで打っていました。
でも、今はもう迷わない!→どこかで聞いたことあるフレーズ。
読んでくださってるみなさんがわたしに勇気をくれました。
私は命と引きかえに、そのリスクをかえりみず母国の為に、またアラブの為に、
叫び続ける彼らの為にもあきらめないと決めました。
彼らの起こす革命を世界中が注目しているんです。
彼らのメッセージをわたしが日本で伝えていきたい。それがわたしのできること。
今の時代、1人の人間が社会に影響を与える事だってできるんです。
ほら、その証拠にこのブログを多くの人が読んでくれている。
そして、みなさんは自国の為に何を想いますか?
日本の未来の為に今なにが出来ますか?



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。