スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府、TPP参加の判断先送り 新政策指針を決定

2011.05.17 中日新聞
政府、TPP参加の判断先送り 新政策指針を決定
政府は17日、東日本大震災を受けて政策の優先順位を見直す「政策推進指針」を閣議決定した。
焦点だった環太平洋連携協定(TPP)交渉参加の判断時期は「総合的に検討する」との表現に
とどめ、6月に結論を出す従来方針を先送りした。

原発事故などを受けて環境・エネルギー政策を見直すほか、インフラの海外展開戦略なども
再検証するとしている。

指針は、震災復興に加え、「財政・社会保障の持続性確保」と「国家戦略の再設計」を柱に据え、
日本再生を目指す姿勢を明確にした。

震災や福島第1原発事故に伴う電力供給の制約や風評被害などで、企業や人材の流出が懸念されると
指摘。産業空洞化の防止や災害に強いエネルギー供給体制の構築を掲げた。

社会保障と税の一体改革は「6月末までに成案を得る」とこれまでの方針を明記。
震災復興の財源を確保し、財政健全化を着実に進めるとした。
成長戦略も5月から再検討を開始し、年内に具体像を提示する。
農業改革については「復旧・復興の進行状況を踏まえて検討する」として、
6月に示す予定だった基本方針を延期した。
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011051701000222.html

閣議に臨む(左から)鹿野農相、菅首相、江田法相=17日午前、国会
http://www.chunichi.co.jp/s/article/images/2011051701000223.jpg
関連スレは
【経済連携】"平成の開国"TPP参加結論、先送りへ--政府、代わりに「自由化推進堅持」を表明 [05/10]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1304958158/l50

[民の声]2ch

やばそうなのは震災を理由にして先送りでいいよ。

5:先送りしたら日本置いてきぼりで内容決まっちゃうんだけどいいの?
6月でさえ手遅れくさかったのに

やることが本当にチマチマしてる
裏でゴゾゴソ、ガサガサ
ゴキブリがいるみたいだ

>>5
だまれ売国奴
このな不平等条約いらねえんだよ

10: TPP止めるんじゃなく先送りだぞ?
このままだと日本の意見まったく反映されないままTPPやるはめになるんだぞ


昭和39年の林業自由化により安い外国の木材が大量に入ってきて、
日本の木材が売れなくなり、山村の働く場所がなくなり、山村の少子高齢化が進みました。
また、最近TPPの農業自由化の動きもあり、海外から安い米が輸入され、
農村で作った米が売れなくなり、農村の働く場所がなくなる可能性があります。
さらに、TPPの労働自由化により、海外から安い労働力が大量に入ってきて、
国民の働く場所がなくなる可能性があります。

もう、菅は米中の操り人形だわ
中国がおとなしいのはもう日本は特別に相手にする必要がなくなったからだ
米には原発の隠蔽で大きな借りを作った、事故処理じゃなく、隠蔽ね
つまり、米中によって事実上日本は分割統治されるわけね
だから菅は首相にしがみついてられる
米中の後押しがあるから

民主党は時期だけは言うけど見通しなんか無いんだよ。

震災を理由に決断が出来なくなる程度の世論形成しかできていないからこうなる。

開国はしないのね
鎖国してちゃんころの属州になるのを待つ?

>>10
17:お前が何を言いたいのか知らんが、
日本の意見反映の機会がどうのこうのって話は去年でおわっとるわ。
そんでもって、TPPの全容はいまだに不明。
TPP議論で滑稽なのは、
TPP推奨しまくるやつがTPPのスケジュールや内容を知らないということなんだよな。
ただひたすらに「開国!開国!」「バスに乗り遅れる!」アジるだけw

>>10
それが何か問題あるのか?
日本は日本だけで金を回しておればよろしい。

何度も言う!
TPP=不平等条約
TPP=不平等条約        だまされるな!
                 阻止する為 デモやるなら参加したいわ
                 
原発は安全だと言われてましたが、今回のような事故があった。
それと同じで、食糧輸入もいつ停止されるか分からず、TPPのリスクが如何に
高いかということです。

>>17
21:TPPの全容はとうの昔に公開されてるぞ。
現在の「拡大交渉」は、現行のTPPの全面改訂ではなく、飽くまで規定通りの拡張なので、
ベースとなる基本として抑えなくてはならない重要度は変わらない。
英文 (PDF) ttp://www.mfat.govt.nz/downloads/trade-agreement/transpacific/main-agreement.pdf
私訳 ttp://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/187356552.html

関税自主権を保持する目的からすれば、TPPなんて参加しないほうがいい。
しかしだ
関税は自主的にゼロにしたほうがいい。
これはTPPとか関係なく、比較優位論に基づく基本的な考え方だ。

23:農産物の平均関税率は日本が11%、米国は5%、EUは15%です。
日本が米が異様に高いため、平均関税率は米国より高いですが、米以外は
ほとんど非関税なのです。
それなのに、米豪が日本のTPP参加を求める理由を他に考えねばなりません。

>>23
24:日本が勝手に俺も参加させろって割り込んだんですけど
日本がというか菅が

国家の主権を脅かしかねない毒素条項というのがあって、それが問題です。
日本国民の安全を考えて規制を強めた結果、外国からの輸入が減った場合、
輸入先から損害賠償を要求されるという条項です。

>>24
日経と読売はTPPを進めろと社説で書いてますよ。

29:意味がわからんのだが
菅は日経と読売の操り人形って言う意味?

TPPの簡単な解説書を読んだだけでも、農産物の自由化以外の項目が多岐に
渡っていることを知るはずです。原発と同じでリスクが高いのだから、国民的
議論を尽くしてからでも決して遅くはないはずだ。

>>29
菅だけの思惑ではないということです。日本をTPPに参加させたい一大勢力があるのでは
ありませんか。

日本は工業製品が非関税ですけれど、米国・EUとも日本製品に関税を課していますから、
これを取っ払うにはTPPに参加するほかないという勢力があるわけです。
他の犠牲は知ったことではないのでしょう。

>>29
経緯については省くが、経団連の声が大きい事が大きく影響している。
ところが、経団連の利益と日本人の利益は合致しない。
日本人の雇用人数としては、経団連が管轄する大企業は、マイノリティ。
そして、多くの中小企業は、TPPが自社にとって具体的にどんな利益もしくは不利益をもたらすのか、
ろくに把握出来ていない。
理解と議論が空転している事が、最大の問題点。

国会で所信表明したくらいですから、菅さんなりの見識でもって、TPP参加を
進めるつもりだったのではないかな。

やりたいなら、後からアメリカとFTAでも十分だろ

TPPは完全に諦めろ。
こんな不平等売国条約は絶対に阻止だ。

俺もそう思うけど政府はTPP参加ごり押ししてるじゃん

国内だと経団連、国外だとアメリカの農業ロビイストだな。
ちなみにマスコミや政治家がTPPを進める論拠がアメリカの農業ロビイストと
瓜二つなのは中野が指摘した通り(-_-;)

>>21で全容をリンクしていただいてますが、内容を知ること自体が大変ですよね。
農業だけに止まらないことを知っただけでも、真面目に考える端緒となりました。

41 :やはり管は岡田よりマシなのか?
岡田なら勢い良くアメリカに媚を売るだろうから・・。

>>41
菅は平成の開国!とかぶち上げて勢い良く媚び売ってますけど

TPPについては内容を知れば知るほど反対する人が多くなること間違いない。

条文読めー なんてのは、普通の人には厳しいですからね。
関連記事へのまとめページです。
ttp://nihon-jyoho-bunseki.seesaa.net/article/188168904.html

>>21
おれの言葉が悪かったのもあるが・・・。
  >TPPの全容はとうの昔に公開されてるぞ。
 >現在の「拡大交渉」は、現行のTPPの全面改訂ではなく、飽くまで規定通りの拡張なので、
 >ベースとなる基本として抑えなくてはならない重要度は変わらない。
↑この内容を指して「全容」が公開されてるとは思わんね。
つうか、あんたも自分で思っていないからこそ、
「ベースとなる基本として押さえるうんぬん」言ってるんだろうけどさ。
・労働の自由化(移民ガッポリ入ってくるのこないの?)
・金融の自由化(あらゆる金融サービスにすべてTPP対象国の金融機関をかまさないとだめなの?)
・公共サービスの自由化
 (ド田舎の橋の架け替えひとつとってもTPP対象国の全ての企業が入札参加できるようにしないとだめなの?)
この手の項目に関する不確定な疑問に対して、具体的な回答は何も出てない。
「交渉中」という美辞麗句のもとあいまいにされてるだけ。
何度でも言うが、「TPPに関していまだ全容はわからない」これが正解。




関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。