スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広告市場でIT業界が新聞を抜き2位に  地震報道などで見せた各媒体の「真の価値」に対する意識の移り変わりか?

2011.05.17 searchina
広告市場でIT業界が新聞を抜き2位に 
地震報道などで見せた各媒体の「真の価値」に対する意識の移り変わりか?

 経済産業省は2011年5月16日、特定サービス産業動態統計調査において、2011年3月分の
速報データを発表した。それによると、2011年3月の主要メディアにおける広告費売上高は
前年同月比でマイナス6.1%と減少を見せていることが明らかになった。主要項目別では
「新聞」がマイナス26.3%と、もっとも大きな減少率を記録している。

4.gif

 【4大既存メディア広告とインターネット広告の推移をグラフ化してみる】や【「mixi
自社広減少!?」をもう少し考えてみる】で触れているように、経済産業省では毎月主要業
態の売上高推移を公開している。そこで【4大既存メディア広告とインターネット広告の推
移をグラフ化してみる(2009年6月発表分)】で掲載した2009年6月発表分・同年4月分デー
タ以降、メディアと深い関わりのある広告業の売上について、今サイトでは定点観測を行
っている。今記事はその2011年3月分データ(公開は2011年5月)の速報値を反映させたも
の。なおそれより前のデータについては、速報値の後に発表される確定値で修正されたもの
を用いている。

2_20110519080929.jpg

 比較しやすいように先月発表データと並列して図にしたが、大まかな構図は変わらない
ものの、「ラジオ」以外のすべての項目で数字が悪化しているのが分かる。特に「新聞」の
値は異常値とも表せるもので、マイナス26.3%とは昨年8月のマイナス24.4%来のダイナ
ミックな下げ方といえる(ちなみに2010年3月はマイナス1.9%。「前年の上げの反動」と
いうわけではない)。今件の動向はいうまでも無く東日本大地震によるもので、月中盤以降
のみを反映した3月ですら、これほどまでの影響が生じている。

 今回も該当月における各区分の具体的売上高をグラフ化しておく。電通や博報堂の区分と
は違うため、該当同月の両社データとの違和感を覚えるところもあるだろうが、参考値の
一つとしてとらえてほしい。

 先月2月分で「インターネット広告が新聞を追い抜くのも遠くは無い。ちょっとしたはず
みで立ち位置が逆転しそうな状況」と言及したが、その「ちょっとしたはずみ」どころか
巨大な「はずみ」が生じ、2011年3月の単月速報値ベースではあるが、「テレビ」に続き
「インターネット広告」が広告費第二位となり、「新聞を」追い抜く形となった。これは
注目に値する動きといえる。

 次に、公開されているデータの推移をグラフ化する。インターネット広告のデータが掲載
されたのは2007年1月からなので、それ以降の値について生成したのが次の図。

3.gif

 大勢としては「インターネットは激しい起伏の中で2009年後半以降は回復、プラス圏を
維持。この数か月は再び大きな伸びへ」「テレビは2010年あたりから戻しの雰囲気」「ラジ
オはマイナス圏で低迷~やや下げ幅を縮小、一部はプラスに」「雑誌はかなり厳しいレベル
の下げ幅を継続していたが、ここしばらくは復調の雰囲気も」という傾向を見せてい”た
”。しかし繰り返しになるが、今般東日本大地震による影響で直近月では折れ線グラフが
急カーブを描いて下降しており、厳しい部門はより厳しく、そうでない部門もそれなりに
辛い値が出たのが確認できる。

 元々紙媒体の電子媒体への一部移行と住み分けの適正化(紙媒体のすべてが電子媒体に
移行するわけではない)、電波媒体の広告プラットフォームとしての立ち位置の適正化は、
メディアの技術進歩や需給関係の変化と共に、漸次進行していた。しかし東日本大地震と
それに伴う各種震災は、広告出稿側のお財布事情の変化、地震報道などで見せた各媒体の
「真の価値」に対する意識の移り変わり(視聴者・広告主から見た)をもたらし、広告業界
においても一部軌道修正がされた上で、変化の「時計の針」をかなり先に進めてしまった
感はある。

 今後は電通・博報堂の月次レポートの分析と共に、これまで以上に特定サービス産業動態
統計調査の結果の追跡が重要視されるに違いない。
(情報提供:Garbagenews.com)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0517&f=column_0517_012.shtml

[民の声]2ch

新聞終わった?

記者クラブに名を連ねるマスコミは、地震関係を機に、政府の方針をただ垂れ流している
だけって自己アピールしてしまったからな。
ただ、インターネットだから自主取材しているわけではない。単にテレビや新聞に
あれほど投資する必要はないというだけ。

5:こないだ全国紙でとったアンケートでは新聞は必要の割合が高かったけどwww

だいぶ前から終わってるよ
貯金を食いつぶしてきたけど、そろそろ限界だろね

夜と朝にニュース速報見てるとマジで新聞はいらなくなる。TVガイドも
ネットだし、CATVは一覧番組表毎月来るし。3950円削減するかな?

>>5
それ新聞社が行ったアンケートで、新聞は必要だったってやつだろ

11:デジタル朝日新聞の価格設定が日経と横並びなのには笑った。
こいつらやる気ないだろ。

CDの登場によってレコードがなくなったように、新聞もなくなっていく。

朝日は路線転換の時期だな

斜陽産業は10年間かけてじわじわ縮小する…
さっさと逃げた方が良いよ

  アサピー帝国の崩壊が
  生きているうちに見られるとは、
  うれしいのう、うれしいのう。

アサヒもネット媒体使い出したんだっけか。時代の変遷だな

テレビ局はその新聞社の系列会社で、系列外の新聞大写し・朗読して「ニュース」と言っています
最近、ネットニュースも見ていますが、2・3日遅れたりもします

新聞もTVも今回の震災でもう支持はないだろ
原発報道がインチキ過ぎる

ネット放送はTVに含まれるの?
広告の方式増加で、いまは再評価段階だと思うけど

どうせどの段階でもバイアスがかかるんだろうから
いっそ各省庁の広報をネットで流すだけでいい
むしろマスコミを通すよりも役に立つと思う

日本の大手新聞社全部潰れろ
読む価値なし

バイアスがひどすぎる。

仕事場の休憩室に新聞が置いてあって、
微妙な空き時間には気軽に読める情報ツールとしては良いかなぁ
iPad持ってうろついて、ネットでアクセスして、自ら見たい記事を
クリックしながら探す…というのは、なかなか難しい時がある
寝る前に布団の中で、iPadでニュース探してるのは結構楽しいけど
新聞がなくなるのも寂しいな。
ニュースソースを全部ネットに流してくれてるんだから文句言えない。

福島第一原発事故で名古屋あたり地価が上がるだろ
よかったな毎日新聞

>>11
そんなことないよ
やる気はあるだろうけど、無能なやつしか残ってない
有能なやつはアカヒ見限って希望退職で全員やめた
あとはカスばっかり



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。