スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河系に、さまよう数千億個の「浮遊惑星」が存在する…名・阪大チーム

2011.05.19 読売新聞
銀河系に、さまよう数千億個の「浮遊惑星」が存在する…名・阪大チーム
恒星の周りを回る惑星とは別に、銀河系を広くさまよう「浮遊惑星」が数多く存在することを、
名古屋大、大阪大などの研究チームが突き止めた。

惑星の形成過程を解明する手がかりになると期待される。
19日付の英科学誌ネイチャーに掲載される。

研究チームの伊藤好孝名大教授、住(すみ)貴宏阪大准教授らは、浮遊惑星が恒星の前を横切る際、
重力によって惑星周囲の光が曲げられ、1~2日間だけ恒星の明るさが増幅される現象に着目した。
1日あたり約5000万個の恒星を観測した2006~07年のデータを調べたところ、木星と同じぐらいの
質量を持つ浮遊惑星が10例確認できた。

検出比率から見積もると、銀河系全体の恒星の数の2倍は存在するとみられ、数千億個になると
予想される。研究チームは、元々は恒星の軌道上にあった惑星が、他の惑星の重力の影響で、
はじき飛ばされて浮遊するようになったとみている。
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110518-OYT1T01316.htm

2_20110520065601.jpg
画像:銀河系に数千億個あると予想される浮遊惑星の想像図

Nature
Unbound or distant planetary mass population detected by gravitational microlensing
http://www.nature.com/nature/journal/v473/n7347/full/nature10092.html

[民の声]2ch

地球に向かって飛んでくるぞ!

浮遊霊の存在についても明らかにしてもらえると
有り難いです

恒星の寿命が尽きても、大抵は跡に白色矮星・赤色矮星・中性子星といった天体が残るから、
恒星系はそこに存在し続けるのじゃないかな?
ブラックホールになったら、全部飲み込まれるけど。

波動砲で撃て。

28:2連星だった惑星の片方が無くなっちゃって、バランス崩れて
浮遊惑星になっちゃたとかw
たまにワープしたりするんでしょ?

それなりのマター(質量)とは思うが
予想されるダークマター量には全然足りないのでは

ダークマターの質量は、宇宙の7割を占めていると言われてるけど、仮にこの想定通り、
木星クラスの浮遊惑星が恒星の2倍存在するとして、その質量は、銀河の全恒星の
質量の0.2%程度にしかならない。
まぁ、浮遊惑星の存在は、ほとんど誤差程度としか。

これらそれぞれは宇宙人が操縦してるんだぞ。
ビリヤード のように地球をはじき飛ばして太陽系に収まろうという腹だ。 ( ´・ω・)ノ Σ○ 三●

恒星になれなかった微妙に小さい星なんて腐るほどあるだら
普通に考えれば
で、その浮遊惑星の周りには普通に衛星が回っていて
浮遊惑星自体が一つの天体系を作ってると


木星並みの質量、だから、多分ガス惑星か氷惑星。
観測されてないだけで、岩石惑星タイプも存在するかも知れんけど。

> 約5000万個の恒星
太陽が5000万個あって地球型惑星が無いと考えること自体ナンセンスだな。
宇宙人が居ないと言い切れる根拠は無いな。

>>28 基本は太陽-惑星-惑星の3体系が長時間のうちにバランス崩して
ひとつの惑星が弾き飛ばされるってことだよ
三角関係のバランスが崩れてひとりが弾き飛ばされるようなもの
太陽系でも、もし土星の質量が木星くらいあったなら
四六億年たった今、地球はこの位置に存在してなかったんじゃないかな

BBCでもやってたね、素晴らしい、こういうのに金使えよ、原子力なんてもう終わってるんだから
原子力も研究するだけならやればいいが後始末できるようになってから実用化しろ

SF映画;妖星ゴラスもはぐれ星的軌道で地球軌道に接近して来たが
あれは恒星だった。

太陽系みたいな恒星と惑星の関係が、宇宙で一般的かどうかわかってない。
太陽系はすんごい特殊なのかもしれん。宇宙人はそうそういないかも。

つか、科学大国とか言うわりに科学番組がまるでない日本のマスメディアは終わってる。
NHKで前に何回かやってた海外の数学ドキュメンタリは周りに聞いたら皆見てたんだがな

こういうのは自由浮遊惑星だとか準褐色矮星とかいうんだけど
研究が進んでないので天文学でもまだ正式な名前もないんだよな

エキセントリックプラネットが一時期多数発見されたのは、それが「観測しやすかったから」
に過ぎないのだけどね。
太陽系外の惑星なんて、直接光学的に観測する事は不可能だから、観測方法はもっぱら、
恒星の摂動や、惑星が恒星の表面を通過する際の光量の変化を観測する事になるのだけど、
そうなると、恒星軌道近くを巨大な惑星が周回しているような類型ほど、発見しやすくなる。

この教授の授業で爆睡してたのを思いだした。
こんなにすごい人だったとは。



関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。