スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたも操縦士を体感できる!?最新鋭ジェット戦闘機 F - 35のフライトレビュー

あなたも操縦士を体感できる!? 最新鋭ジェット戦闘機 F - 35のフライトレビュー
F-35 EDF JET Flight Review in HD!
投稿者: bananahobby | 2011/04/11

RTF from bananahobby.com!




2011.05.23 JAXA公式ウェブサイト
【宇宙】
「はやぶさ」プロジェクトチームがフォン・ブラウン賞を受賞

5月20日、アラバマ州ハンツビルにて開催された、第30回国際宇宙開発会議(International
Space Development Conferece)にて、「はやぶさ」プロジェクトチームが、
ナショナル・スペース・ソサエティ(National Space Society) から、
フォン・ブラウン賞 (Von Braun Award)を受賞しました。

受賞理由は、「初の太陽系天体表面への往復と試料の帰還」(FIRST ROUND TRIP TO AND
SAMPLE RETURN TO EARTH FROM THE SURFACE OF AN OBJECT IN SOLAR ORBIT)に
成功したことです。

フォン・ブラウン博士は、旧ドイツから米国にわたり、アポロ計画を実現させた人物として
よく知られています。1971年に来日し、わが国初の人工衛星「おおすみ」を打ち上げて
まもなくの、鹿児島宇宙空間観測所(内之浦)を訪れ、また糸川博士と対談を行った経緯が
あります。

栄えあるフォン・ブラウン賞を受賞したことは、わが国の宇宙開発、太陽系探査が米国、
世界に認められた証拠でもありましょう。糸川博士は日本のフォン・ブラウンとも称されて
おられましたが、まさに糸川博士由来の私たち後進の活動の成果が、いわば本家によって、
評価いただいたともいえます。

授賞式は、同会議の Gala(祝祭典)にて行われ、松尾先生、上杉先生とともに、
Von Braun の Ferry Rocket と Saturn-V を象った賞をいただきました。
松尾先生は「はやぶさ」にいたる宇宙研の惑星探査の経緯を述べられ、また上杉先生は
Von Braun博士と糸川博士の関連を貴重な写真とともに紹介されました。
賞の授与の際には、出席者が総立ちになり、Standing Ovation を受け、大変に感動しました。

1_20110523212954.jpg
■写真: 右から、松尾弘毅、John Mankins(NSS)、川口淳一郎、上森規光、John Strickland、
上杉邦憲 各氏

2005年、「はやぶさ」が小惑星に着陸し、そして2回目の着陸後に通信が途絶し、帰還が
危ぶまれる中、アメリカの NBC News の Space Analyst である、James Oberg 氏は、論評で

Somewhere beyond the far side of the Sun, a battered Japanese space probe is
struggling to make its critical condition clear to controllers back on Earth so they can
diagnose the latest problems, develop another set of "workaround" procedures and
implement them by remote control. The project's goal, to return from a years-long
interplanetary odyssey with samples from an asteroid, has been teetering on the edge
of failure for most of the trip, but the Japanese control team has always been able
to work something out before.

Even if that goal does slip through the team's fingers, however, the enormously
innovative and resilient mission promises to deliver perhaps an even more important
cargo back to Earth: a renewed interest in far-out high-risk imaginative space
technology demonstrations.
.....
If Hayabusa's inspiration can encourage the expansion of this new program, it will
have made an extremely important delivery back to Earth.

と書きました。その後、通信が復旧し、昨年2010年に「はやぶさ」は地球に帰還できた
のですが、「はやぶさ」への評価は、まさにこの論評に象徴されていることだと思います。
かりに帰還が果たせなくても、地球に持ち帰られるものがある。それは、(世論の)宇宙への
関心が、独創的な大いなる宇宙技術への挑戦へと一新されたこと、と述べているのです。
挑戦することこそを評価していただいたと思います。

今、日本は、未曾有の大震災に見舞われ、なお多くの方々が苦難を強いられています。
「はやぶさ」プロジェクトは、多くの困難に対したとき、帰還へのこだわり(意地)と、
あきらめない心(忍耐)で切り抜けてきました。「はやぶさ」が、震災からの復興を目指す
方々には伝えるべきメッセージは、この忍耐であるかもと一時期考えていました。しかし、
それは違っていたかもしれません。忍耐を求めることよりも、我々日本、日本人は出来るのだ
という力、ポテンシャルへの自信と、復興に挑戦する勇気を持っていただくことこそが、
「はやぶさ」プロジェクトからの何よりもの励ましとなるものと思います。

今回、フォン・ブラウン賞を受賞したこと、それは、宇宙という狭い世界だけのこと
ではなく、世界が認めた日本の実力を、日本人である我々が発揮し、自信をもって更なる
高いレベルの復興をめざして、勇気をもって取り組め、と示唆しているものと思います。
がんばりましょう。日本。

「はやぶさ」プロジェクトマネージャ 川口 淳一郎
http://www.isas.jaxa.jp/j/topics/topics/2011/0523.shtml

2_20110523213012.jpg

[民の声]2ch

>フォン・ブラウン
ナチスのロケット技術持ってたから戦後アメリカに強制連行され宇宙開発を
強要された人らしいよ。
で、ソビエトも狙ってたけど雨が先にかっぱらって行ったから
別ドイツ人ロケット技術者をさらっていったらしい。
てー事は米ソとも宇宙開発はナチスの恩恵って事になるな。

「試料の帰還」が受賞理由に組み込まれてるのは重要だね。

仕分けした民主党の立場がなくなった瞬間ですwww

レンホー涙目。

じゃあ次は光速に達する探査船作ろう
光の速さは夢の技術

釣りか?
フォン・ブラウンはロケット開発に人生賭けてて、
軍用なら金出してくれるからナチスに入党したんだよ。
ドイツ敗戦も間近になって資本主義陣営のアメリカを選んで
投降した。強要されて開発してたんじゃない。

イオンエンジン+光子帆の太陽系内長期無人探査船はマダー?

フォンブラウン「私は、月に人を送る野望が実現出来るのなら、悪魔に魂を売った」
自伝にて
実際はものすごくいい人なんだけどね~~

はやぶさとイカロスで、一気にそれが現実味を増してきたよなぁw

計画中の木星探査船トロちゃん
http://www.jaxa.jp/article/special/explore/mori02_j.html

スレ立てありがとん
このニュースを知る事が出来て嬉しい

【宇宙ヤバイ】IAA50周年記念 世界の宇宙開発史上トップ7発表。日本のはやぶさも
http://logsoku.com/thread/yutori7.2ch.net/liveplus/1273230326/
http://genkinagochan.blog.ocn.ne.jp/doranyanko/images/2010/06/15/iaa50_2.jpg
1 アポロ月に立つ
2 地球は青かったガガーリン
3 ゴダードの液体燃料ロケット
  小さな一歩
4 国際宇宙ステーションISS
5 ボイジャーが見た土星の輪
6 火星を調査するスピリットとオポテュニティ
7 小惑星イトカワに影を写す探査機はやぶさ
(順不同)

ガンダムはな
プラネテスは初の原子力エンジン搭載の木星探査船の名前
プラネテス最終回で、テロリストが「フォンブラウン号を月面都市に落とす」
と脅迫するシーンがある

こういう式典で紋付袴ってのは、どのくらい歓迎/嫌厭されるものなのだろうか?

強力な推進力を生み出すロケットを開発できずにいソビエト陣営のドイツ人
ロケット技術者は苦肉の策として複数のロケットを束ねる方式を採用し、
アメリカは単一ロケット方式による打ち上げを継承していったんだよね。
むろん、束ね式の方が推進力のバランス調整が難しく大規模な事故も多かった。

こういう国際的な賞の授賞式なんかには是非、全員、
羽織袴とかで参加して欲しいなあ・・・と思ったりする。

ソビエト陣営に渡ったドイツ人技術者は下っ端ばっかりだったから
V-2のコピーが完成した段階で用済みになって全員東ドイツに送還されてる
複数のロケットを束ねる方式も複数のエンジンを束ねる方式もソ連の技術者によるもの

フォン・ブラウンは僕らが子どもの頃はアポロ計画を成功させた英雄だったのに・・
いつのまにかアメリカ宇宙開発の黒歴史になってしまったお(´;ω;`)。
あのトム・ハンクスの「フロム・ジ・アース」での扱いは酷すぎだお。
アメリカの宇宙開発自体が冷戦軍拡競争の黒歴史のくせに。
晩年のフォン・ブラウンは、ナチス時代の弁明で終わっちゃったお。

ナチの過去がなければノーベル賞も取れてただろうにな。

N1ロケット(ソ連版)も、ブランとエネルギア(ソ連版シャトル)も成功してたら
歴史が変わってたんだろうけどね

もうぜってー日本が世界で始めて
「恒星間航宙艦」を開発してほしい!
最初は「航宙船」でいいけど。

とりあえず、世界初の宇宙帆船は実現

かつての受賞者
Von Braun Award Winners:

2009 - Elon Musk
2007 - Steven W. Squyres
2005 - Burt Rutan
2001 - Donna Shirley
1999 - Robert C. Seamans, Jr.
1997 - George Mueller
1995 - Max Hunter
1993 - Dr. Ernst Stuhlinger
みなさま偉人なのだろうがまともに知ってるのは
イーロン・マスクとバート・ルータンぐらいだなあ

3_20110523213046.jpg

5_20110523213151.jpg





2011.05.23 cinematoday.jp
東京で撮影も?ウィリアム・ギブスン
『ニューロマンサー』映像化企画、
V・ナタリ監督によって2012年早々に着手!

2_20110523205037.jpg

SF小説の金字塔「ニューロマンサー」映画化をヴィンチェンゾ・ナタリが監督、東京で撮影も?
[シネマトゥデイ映画ニュース]
 SF映画『ニューロマンサー(原題) /Neuromancer』の実現が一歩進んだ。
映画『マトリックス』『攻殻機動隊』などのSF映画に多大な影響を与えた、
SF小説の金字塔「ニューロマンサー」の映像化企画だが、
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督によって2012年早々に着手するとcollider.comなどが報じた。
原作の映画化の権利はすでに得ていたが、監督交代などで企画が頓挫(とんざ)、
この度ようやく製作会社Seven Arts Picturesが進捗を明かした。

 原作は短編小説「記憶屋ジョニイ」がキアヌ・リーヴス、北野武主演の映画『JM』として
映画化された、米作家ウィリアム・ギブソンの処女長編。キアヌもお気に入りの作家で、
同作が“サイバーパンク”というムーブメントを起こした。舞台は世界中をネットワークが覆い、
国家より巨大企業が力を持った近未来。元凄腕ハッカーのケイスが、代償を伴う取引に臨む姿を描く。

 映画『CUBE』『スプライス』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督は、
「『スプライス』では“人体”に関する技術の発展が題材だった、
そして『ニューロマンサー(原題)』では“意識”を扱う。
人類はどのようにテクノロジーと対峙していくべきか、必然とされる題材だろう。
自分は、『マトリックス』が本当に好きなんだ。
同作は(SF作家の)フィリップ・K・ディックに対する敬意を示していたと思う。
しかしながら、まだマトリックスのような仮想空間は形成されていないし、
その領域にすら及んでいない。
だからこそ『ニューロマンサー(原題)』は、より現実的な
アプローチを試みるつもりだよ」と抱負を語った。
本作は、2012年早々にカナダ、トルコのイスタンブール、東京、そしてロンドンで
撮影を行うスケジュールで進行している。
配役は未定だ。(南 樹里)
http://www.cinematoday.jp/page/N0032500
William Gibson (GreatDismal) on Twitter
http://twitter.com/greatdismal

1_20110523205023.jpg3_20110523205825.jpg
ニューロマンサー (ハヤカワ文庫SF) [文庫]

[民の声]2ch

【映画】『ニューロマンサー』の監督に決定したV・ナタリ
「マトリックスはコミックみたいな作品だったけど、もっとアダルトな作品に―」

今の時代にニューロマンサーを映画化とか…

ニューロマンサー自体を映画化するのかw
それより宇宙戦艦マトリックス4を作ってくれ。

チバシティの鉛色の空の下……。

サイバーパンクとか、懐かしい

何で千葉かというと奥さんが英語教えてた日本人が千葉出身だから
それと当時作中書かれてる都市ででギブソンが実際訪れてなかった都市は千葉のみ
これ豆な

「こいつネオそっくりじゃんw」
「おいおい、トリニティもいるぞ」

ナタリなら期待できる

昔、邦訳を読んだが意味不明だった
故に全く記憶に残っていない

原作2ページ読んで挫折した俺にも
わかる映画にしてほしい
というかJMの豪華版みたいなやつ?

ああ、カッコイイ映像に仕上げてくれたらそれでいいよ。
デッキとかどんな感じなんだろう。

20年以上前から
映画化っていってたけど
どうなってたの?

パソコンやるようになったら意味がわかるようになってすらすらと読めた

特亜の密入国者でごったがえす現在の首都圏とか
ニューロマンサーにぴったりの設定ですがw
そんなわけで、特亜が大騒ぎするような描写を激しく希望w
期待してます!!!

電気~がブレードランナーに昇華したように、
コイツも何かの間違いで良い物に昇華したら、またSF映画の時代が転がり始めるか?

電脳化/義体化
光学迷彩
インプラント型サングラス
疑似体験装置
人間の人格をハッキングして操る
対ハッキング防壁とそれを破るウイルス
衛星軌道に建設された秘密の施設
ネット上に神のような存在として現れるAI
この辺の元ネタ

メトロポリスみたいな古典になれれば良いんだけどね
影響受けた諸作品のが当然進んでるから厳しいような

かなりの確率で挫折する小説だわさ
正直面白いかどうか意見が分かれる作品(怒らないでね)
両者が共通して言うのは、よくあの時代にあんなの書いたことだと思う

映画に関しては、映像がかっこ良ければそれでいいや
あと必ず2時間以内でお願いします
出来れば90分くらいがいいです

監督作品 [編集]
『ELEVATED』 Elevated (1996)
『キューブ』 Cube (1997)
『カンパニー・マン』 Cypher (2002)
『NOTHING ナッシング』 Nothing (2003)
Getting Gilliam (2005)
『パリ、ジュテーム』 Paris, je t'aime (2006)
『スプライス』Splice (2009)




2011.03 ニューリリース
Jennifer Lopez performing On The Floor feat. Pitbull.
© 2011 Island Records



2011.05 ニューリリース
Lady Gaga performing Judas. Follow Lady Gaga
© 2011 Interscope Records







2011.05.22 Slashdot
ついにロボットによるロボット言語が生まれ、
ロボット同士での会話ができるようになった

オーストラリアのクイーンズランド大学及びクイーンズランド工科大学の研究チームがロボットに
言語を作り出すよう教えたところ、ロボットによるロボット言語が生まれ、ロボット同士での会話が
できるようになったとのこと (Lingoroids、 ExtremeTechの記事、 本家/.)。

研究の目的は、どのように言語が時間をかけて自然に進化し、発達していくのかを理解することだ。
ただし、言葉を持たない人間を用意して実験することは不可能なので、相手や周囲を認識して
会話するためマイクとスピーカー、カメラ、距離計、ソナーを装備した
ロボット「Lingodroid」を作成したのだという。

人が自分を指差して自分の名前を言い、相手に自分の名前を伝えるのと同様に、
Lingoroidは地図上の場所を説明するために必要な言葉を作って話し、言葉と場所を結び付けていく。
これまでに見た場所について話し合うことで、距離や時間といった抽象的な言葉も作り出し、
ロボットだけの力で幅5mの迷路を描きだすことに成功したとのこと。

ロボット同士のコミュニケーションが発達すれば、
映画「ターミネーター」のようなことにもなりかねないと
恐怖を覚えたのはタレコみ子だけであろうか。
http://slashdot.jp/idle/11/05/21/0034226.shtml
http://www.youtube.com/watch?v=vhUOUaSNP3w&feature=player_embedded



[民の声]2ch

第零条 ロボットは人類に対して危害を加えてはならない。
またその危機を看過してはならない。
第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。
また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない。
第二条 ロボットは人間にあたえられた命令に服従しなければならない。
ただし、あたえられた命令が、第一条に反する場合は、この限りでない。
第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのないかぎり、
自己をまもらなければならない。

DCOMとかIIOPで会話するの?www

よくわからんな
周波数とかモールスとかになるんじゃね?

後のドラえもんだな

会話ができたとして、新たに加わるロボットは、できあがった言語を覚えないと
いけないんじゃないか?

ロボットの生み出した言語を人間が理解できないと、
ロボットに命令するとか制限を持たせることもできないんだろうと思う
単純に人間が生み出した、別の生命体という位置付けになるんじゃないだろうか?
人はどこまで神の領域に踏み込むんだろうか?
たぶん、人は人の生み出した兵器によって滅びるんだろうと思う
どんな形かはわからないけど・・・制御不能になって
原子力がいい見本だと思う

スカイネット

(ブログ主より→スカイネットは、映画『ターミネーター』シリーズに登場する
架空のコンピューター、その総体である。)


いずれにしてもまだプログラミングされた事だけで喋っているんでしょ?
出来試合レベルなんだろうな。
ロボット自体が日本語でも英語でもないまったく新しい言葉を作り上げて
会話を始めて行動したらすごいんだけどな。

プログラミングを作るプログラミングのはてに自我

そして進化し続けたロボット言語は、ネットワーク化とクラスタ化に目覚めるんだ。

それこそ怖いな。人間に翻訳できるのだろうか

こっ これは マ シ ン 語だぁっ!!

チューリングテストについて調べるだけで、かなり面白い

(ブログ主より―チューリング・テストとは・・・
アラン・チューリングによって考案された、
ある機械が知的かどうか(人工知能であるかどうか)を判定するためのテスト
■異本「計算する機械と知性について」
 福井県立大学・経済学部 田中求之 (Motoyuki Tanaka)
 http://mtlab.ecn.fpu.ac.jp/turing_ihon.html)


ロボット同士はデータのやり取りで簡単に済んじゃうけど、
普通に話をしたいとか言ってたロボットがいたな

人間も誰かにこうやって作られたのかも

人類絶滅計画の打ち合わせができるね

機械伯爵による人間狩りの始まりであった

ロボットに我は我であるという認識はあるのだろうか?
これがないと言語というより単なるデータリンクのプロトコルになるんじゃないかな?

す、スイカネットか!?
人類滅亡のプラグが刺さったのか!!

一度話出すと、とてつもないスピードで会話が進みそうだな。漫才とかされてもついていけない。

自我の発生は経験が無いと起こらない
つまりロボットが自律的に何かをした結果を蓄積し、それに対するレスポンス(=経験)から、それを評価(=フィードバック)する事をしない限り、ロボットは永久に物で有り続ける
まぁ一番手っ取り早くロボットに自我を作るには、人間のあらゆる全てを分解・解析して、それをロボットにそっくりそのまま施すのが最短距離ね
人間が目指すロボットの最終地点は、「有機に依らない、人の手による人間の創造」に帰結すると思う
言語はその一端だな

ロボットが音声通信にこだわるとはおもえない。
高容量の光か高周波、接触通信するだろう。
人間を含めた会議のみ音声を使用する。

何を今更、、
ディープブルーの時も、誰も意図しない手がさされた時、、コンピューターが意思を持った!?
って騒ぎになった時代がありましたな。

人間ですら電脳化をすすめようとしているのに、ロボットに言語はいらんやろ
無線データ通信で相手の思考を共有できる

C言語は人間に分かりやすくした言葉だからマシン語かな

自我のないロボットに自然言語は発生しないと思う。
それともCPUの集積度と並列化が進み、パペッツの回路に相当する循環構造を備えれば、
自然に意識が生まれるのだろうか?

ついにトランスフォーマーが生まれる第一歩ってわけだな。
地球産のプロトタイプとか胸熱




2011.05.22 毎日jp
「アルコールが運転に与える影響の調査研究委員会」
元メンバーの大阪大学教授(63)を酒気帯び運転で逮捕

兵庫県警宝塚署は21日、兵庫県宝塚市月見山1、大阪大学教授、三浦利章容疑者(63)を
道交法違反(酒気帯び運転)容疑で現行犯逮捕した。

宝塚署によると、21日午後5時ごろ、宝塚市南口1のスーパー駐車場で、酒気を帯びた状態で
乗用車を運転した、としている。三浦容疑者はこの駐車場で物損事故を起こしたため宝塚署員が
検査したところ、呼気1リットル中0.65ミリグラムのアルコールが検知された。
「自宅で酒を飲んだあと、スーパーに買い物に来た」と容疑を認めているという。

三浦容疑者は認知心理学、交通心理学などを専攻。大阪大人間科学部長などを歴任した。
大学のホームページなどによると、国際交通安全学会に所属し、編著に「事故と安全の心理学」
などがある。自動車の運転者の視覚と交通安全などのテーマで講演活動をしており、警察庁所管
の交通事故総合分析センターの「アルコールが運転に与える影響の調査研究委員会」委員を
98年から07年まで務めた。
http://mainichi.jp/select/today/news/20110522k0000m040116000c.html

[民の声]2ch

実学はじつにすばらしい

動物愛護団体がステーキ食ってるようなもんか

身を呈して実験中だったんですねw

「研究の一環だった」

あきらめないで

他人に被験者をしてもらうのは申し訳なかったんだな

実践して飲酒運転者の気持ちを理解しようとしたんだな

論文は書けますか?

久々に明るいニュース

こんな人間でもアルコール飲んだら判断能力が落ちるって事だ

専門家としてアルコールが運転に与える影響はないって判断したが、
アルコール飲んで運転するようなバカの運転はアルコールを飲んでも飲まなくても
危ないという結果がでたってことだな

はたしてアルコールがどのように車の運転に影響したのか
論文が待たれる

アルコールが人生に与えた影響を研究したらいい

妻で実験すれば華岡青洲になれたかも。
でも今の世の中、妻は恐すぎなのが憐れ

件の教授 「やっとこれで、調査研究が終了しました。
       アルコールが運転に与える影響はまったく確認できませんでした。」

「しかし社会に与える影響は大きかったようです」

自己の論説を事故により証明したり。やはり、学者はどこか違うね。

テストコース借りる金無かったのかね

この体験含めて啓蒙していけばいいんじゃね
「酒飲むと危険でした」とw

自分の身体や地位を投げうってまで研究に尽くすとは、研究者の鑑だな。
おまいらも見習え…あれ?

いわゆる阪大クオリティ

学者たるもの自らの体で実験するのも辞さない覚悟で物事に当たるべきだ。

すげぇな 身を持って教えるなんて正に教育者の鑑
こういう先生に教わりたかった




2011.05.20 searchina
【中国】殺人被害者の内臓が消える、
調査結果「溶けたのだろう」
…遺体は冷凍されていた上、他の臓器がそのまま残る

殺人被害者の内臓が消える、調査結果「溶けたのだろう」=河南
2007年に河南省で発生した殺人事件の被害者女性の内蔵が、遺体から消えていたことが分かった。
冷凍保存していた遺体を改めて法医学鑑定するために 2010年8月に解凍したところ、心臓と肝臓がなかった。
調査チームは5月11日、「盗難の可能性はない。自然に溶けたとみられる」との結論を提出した。
遺族は納得していない。鳳凰網が報じた。

同省許昌禹州市で、医師をしていた王軍豹(36歳)が2007年3月12日、
自宅の診療所で妻の馮秀敏さんを金づちで殴って殺害した。
河南省許昌市中級法院(裁判所)は2010年11月28日、
王被告に執行猶予2年つき死刑という二審の確定判決を言いわたした。

裁判を進めるにあたり、妻殺害の計画性が問題になり、2010年8月19日に、
冷凍保存していた馮さんの遺体に毒物中毒の痕跡がないか、改めて確認することになった。

法医学の専門家2人と整理病理解剖学の専門家1人が遺体を調べたところ、心臓と肝臓がなかった。
馮さんの遺族は市公安局に事件として捜査することを求めたが、公安局はいったん拒否。
その後、共産党の指示で7人からなる専門家の調査チームが、調べることになった。

5月11日の結果発表では、「臓器が盗まれた可能性はない。遺体を冷凍保管していた
葬儀場職員や外部者の侵入の可能性を含め調査した結果、盗難の可能性ないと認められた」、
「臓器が消失したことについては、自己溶解と考えられる」との結論が示された。

調査結果について、遺族は納得していない。遺体は冷凍されていた上、
腎臓など他の臓器がそのまま残っているのに、心臓や肝臓だけが完全に
「溶けてしまった」とは信じられないと主張している。(編集担当:如月隼人)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0519&f=national_0519_272.shtml

[民の声]2ch

「溶けたのだろう」www
こんな事真顔で言える中国人がちょっとだけ妬ましい…

おいしかった?って聞いてみろよ。

連中の言う医食同源って奴には、
肝臓が悪かったら他者の肝臓を、心臓が悪かったら他者の心臓を食する。
というのがあるそうな。

いや、それが本来の医食同源の意味であって、
今の普段の食事が体を整えるっていう考え方を医食同源っていうのは、
昭和の日本でうまれたものじゃなかったかな。
いまでは何故か中国や韓国で自国の料理の宣伝文句に使われる事があるけど。

まぁ栄養学的にはあながち間違いでもないよな

全然駄目でしょう。
心臓に問題があるからといって心臓食ってもコレステロール値は下がりようがない。
野菜などを摂取してバランスをとるようにしないといけない。

人肉食が文化として発達していた証拠ですな

食べた説優勢だけど普通に事件直後に臓器ブローカーに売られたんじゃないか?

某漫画だと、中国で死ぬと臓器ブローカーに内臓を盗まれるって
展開があったな

切断面を見れば切ったのか引き抜いたのか解けたのかくらいはわかるだろ

>自然に溶けたとみられる」との結論を提出した。
メチャクチャな嘘を平気で言うなwww

国連人権委員会、たまには中国で仕事せえよ
ネタの宝庫だぞw

党の幹部が絡んでるか、調査関係者が犯人に買収されたかのどっちかだな。

人丹といいますが昔は人胆と言っていたそうですが…

組織ぐるみって言ってるようなもんだろコレ
かなり上まで絡んでるね
マジ怖い

そうかー。
中国では溶けるのかぁー。

米ドラマのボーンズに全く同じ話があった気がする。
確か中国人の内蔵が盗まれる話だったと思う。

溶けるわけ無いだろ!!
結論が、めちゃくちゃだな。
翻訳の問題かな?

あくまで「医学的に」ではく「栄養学的に」ですよ
臓器の疾患からではなく単に栄養の欠乏から来る失調ならその調子が悪い臓器と
同じものを食えば大抵は具合がよくなる
脳にはDHAが豊富に含まれているし、肝臓にはヘム鉄が豊富に含まれているから

いや、この見解通り解けたんだろ、誰かの胃の中で。

よーし、みんな目をつぶれ。
先生、怒らないから、盗み食いした人は手を上げなさい。




2011.05.21 ネットウォッチャーズギルド
飛行機と自動車は活躍する場は違えど、
技術的に融合する場がある
…HUD方式のカーナビが一般車向けに正式発表

昨年10月に開催されたCEATEC JAPANのパイオニアブースで紹介されたので、既にその存在は
ご存知の諸兄も多いかと思われるが、かつては一部の高級車におけるオプションのみの位置づけで
あったHUD方式のカーナビが、遂に一般大衆車向けに正式発表された。

HUDとはHeadUp Displayの略称で、戦闘機の前面スクリーンに配置されているアレである。
アレじゃわからんという諸兄に詳しく説明するならば、
標的に向かって十字が追いかけていったりする、
情報が空中に浮かんでいるアレである。わかっていただけましたか?

パイオニアではカーナビにネットワーク機能を付随することにより、
正式名称をNetwork Vision Head Up Displayとし、
スマートフォンと連携することでテレビ電話としての利用も可能としている。
走行中のフロントガラスに人の顔が 映っていたら不気味じゃないか?という向きもあるだろうが、
走行中の携帯電話の使用は道交法違反であり、 それ以前の問題である。

電話を使っていないのに人の顔が浮かんでいたら?
それはカーナビ云々ではなくまさにただの霊現象である。

実際のカーナビ機能としては、carrozzeriaブランドとしてカーナビ業界の老舗、
基本機能はもちろんのこと、 ネットワークに接続することにより、従来よりの
VICS発信情報とともにネットワーク上からハイブリッドに 収集することが出来る。
また、ハイブリッド車においては電池残量や利用効率なども表示できる。

トヨタのプリウスなどは情報表示専用のディスプレイが用意されているので、
通常はそれほど頻繁に利用する 機能とは思えないが、いつも携帯電話の電池残量が
気になって仕方ない諸兄には有難い機能だろう。

思えば、飛行機と自動車というのは活躍する場は違えど、技術的には融合する場がある。
戦闘機メーカーであった富士重工が大戦後にスバルへと変化を遂げ、
インプレッサを筆頭とする強力な ラリーカーで世界を相手にしていることはご承知の通り。
空気抵抗を測定する風洞実験も元々は航空機の ためのものだし、
そう言ってしまえばレーシングカーのダウンフォースとは航空機の揚力(空気の圧力を
変えて翼を押し上げる力)を反転して使っているとも言える。

航空機全般に使用される技術とは常に最先端であり、これに異論はないと思われるが、
一瞬でも敵を 見失ったら即、死に繋がる環境においても、次々と飛び込んでくる
自機の情報にも目を配らねばならない。
最も視線を移動することなく情報を的確に入手する方法、それこそがHUDであり、
だからこそ戦闘機にいち早く採用されたのだ。

『メーター見たら視線が逸れちゃうよ!』『じゃあ、視線の先にメーター置いたらいんじゃね?』
的な発想から生まれたと思われるが、まさにコロンブスの卵!
常に画期的な発明とは一見突飛な発想の先にあるものである。

平面若しくは斜面上に画面を置き、それを反射させることで空中に情報や映像を
浮かび上がらせる技術はかつてより存在し、
科学技術館系の施設に来た子供たちの目を白黒させたものであるが、
それは画面と等倍かひと回り大きい程度が限界の稚拙なものであった。

更に大きく表示させようとすると画素数が不足し、細かな表示が出来なくなるのである。
ビキニの美女を等身大に拡大したら、ヘアラインどころか乳首すらただの茶丸である。

技術的には細部まで描写するレンズの発明は可能であったとされる。
ただし、非常に高価になってしまうのだ。
1機あたりが余裕で100億円を超えてしまう戦闘機と違い、
世間一般で1000万円を超える車といえば、
まさに動く不動産である。

中古車が余裕で買えるくらいのオプションならば、自分でメーター見るからいい。
それが人情って奴でしょう。
パイオニアは新開発のレーザープロジェクタ技術を使ってコストの大幅な削減を試みている。
本記事の本質はここにあるのだが、毎度のことながら話が逸れまくってしまった。

筆者の思考はHUDの枠外にあるようだ。反省。

公式発表による市場投入予定は2012年。発売が待ち遠しいものである。
間違っても高速道路で抜かされたからといって、
『アイスマン、左に旋回しろ!』とか一人茶番劇を演じないように。
って、誰もやらないか。その辺りは個人の自由なので
その範疇に任せ、やっと筆を置くことにする。
http://n-w-guild.net/Entry/46/

[民の声]2CH

いよいよHUDSONの時代か

電影クロスゲージ、明度20と叫びつつスイッチオン

視線移動は少なくて済むだろうけど鬱陶しそう

HUDはレイアウトをよく吟味して欲しいな
視線の先にさほど重要でもない情報がちらちらしてたら
かえって気が散って危険だと思うし

ついでに赤外線誘導ミサイルと機関砲も装備して

前車をロックオンしたり出来るのか?

リンク先読んだが、ロックオンできないじゃないか!!

昼夜関係なく見えるもん?

未来のカーナビはロックオン警報が流れるなんて胸熱だな

前方の車両をロックオン
fire!

Head Up Display
遂にボンドカーの時代か・・・胸熱だな

Pioneer Network Vision Head Up Display : DigInfo
Diginfonews





シンプルで、大胆かつエモーショナル 
非常に印象的なアニメーション作品...

TIJI "COLOUR" HD by AKAMA

TIJI "COLOUR" HD from AKAMA on Vimeo.


素晴らしいショット、素晴らしいストーリー
小さな女優、言葉が無くても通じるものがある

Rêverie | a short film by Jaro Minne

Rêverie | a short film from Jaro Minne on Vimeo.





2011.05.19 searchina
中国ブログ:われわれは日本に「スタートラインの時点で負けていた」
中国の静茹ブログでこのほど、日本の子どもたちとお昼の給食を一緒に食べたことがきっかけで、
日本と中国は「スタートラインの時点で差が付いていると感じた」とする記事が掲載された。

筆者は、「1900年にすでに義務教育が行われていた日本で、日本人の子どもたちと一緒に給食
を食べたところ、中国の子どもが日本の子どもに負けている点を目の当たりにした」と綴った。

日本の小学校では、給食は子どもたち自身で用意をするのが一般的だ。給食当番は毎日交代で
誰もが必ず担当することになる。当番の子どもたちはかっぽう着、帽子、マスクを着用して、
台拭きや運搬、配膳作業を行う。また、給食はクラスの全員で一緒に食べることが一般的で、
勝手に食べ始めてはいけないルールとなっている。

2_20110521065253.jpg1_20110521065335.jpg

筆者は子どもたちと一緒に給食を食べた筆者は、「私の正面に座った女の子が気を遣って、私
や中国の子どもの牛乳のフタをとってくれた。とったフタは紙とビニールに分別してゴミ箱に
捨てていた。すでにこの年で環境教育が行きとどいている」と驚いた様子。

食後、食器を片付ける際、牛乳ビンはトレーに寝かせると落としにくいと日本の子どもが教え
てくれたという。筆者が中国の子どもを見てみると、中国の子どもたちは食事も残したうえ、
ビンを立てたまま運んでいた。筆者h、「これは子どものせいではなく、われわれの教育が行
きとどいていないため」と反省の弁を綴った。

日本の子どもたちは、食べ終わると自発的に片づけをしていたと紹介し、「それぞれが仕事を
見つけて、黙々と働いている。みんなが働く雰囲気の中で台湾から来た通訳までが思わず手伝い
を始めた」と紹介。

中国の子どもはほとんど家事を手伝わず、やらせる時にはご褒美を与えることが多い。中国で
は「スタート地点で負けてはならない」として、高い月謝を払い子どもに楽器や書画などを習
わせる。しかし子どもは自立せず、孝行を知らず、家事もできないという。筆者は、「まさに
感慨深いランチのひと時だった」と綴っている。(編集担当:畠山栄)
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0519&f=national_0519_173.shtml
元ブログ・すでに「スタートライン」で負けているとはどういうことか - 静茹博客BLOG
http://blog.sina.com.cn/s/blog_5517197d0100jyz2.html
3_20110521065356.jpg

[民の声]2ch

韓国の日本記事みると余裕がない
中国の日本記事みると策略に見えるだけ

日本でも躾が行き届いている子供は極少数です。
大概の子供は猿同然。つうか親も同様。教育より調教が必要なレベルです。

掃除の時間まで泣いて全部食べるまで晒し者になるリンチが待っているからなのに

全て勝ち負けでしか考えられない脳味噌が既に「負け」ている。

シナ人ってのは、白人の一番弟子というか、手下で500年くらいずーっと
東南アジアの白人植民地で現地人から搾取する中間業者やってたわけ
鞭でアジア人をしばく役、奴隷がしらの役回りだ
バカで身の程知らずだから日本にもいきなり殴りかかってきた。長崎事件だ
てめえが白人に媚びて、アジア人踏み台にして繁殖して甘い蜜吸って
でも白人の手下だった鬱憤はらそうと日本に殴りかかったら
ボコボコにされて、逆恨みして何度も日本に噛み付いたが粉々にされて
いつのまにか侵略されたと泣き喚いてるのが、シナなんだよ  死ねよ○○

長崎事件とは、1886年8月に長崎に来航した清国北洋艦隊水兵が起こした暴動事件。
清国海軍の北洋艦隊のうち定遠、鎮遠、済遠、威遠の四隻の軍艦が長崎港に艦艇修理
(日本人威嚇)のため入港した。8月13日、遊廓で登楼の順番をめぐる行き違いから、
備品を壊したり暴行を働くなどのトラブルが起こり、日本の警官が鎮圧に向かった。
そして警察と清国水兵が双方抜刀して市街戦に発展。日本国内の反清感情を大いに刺激し、
後の日清戦争を引き起こす両国の対立の背景の一つとなった。

中国って事実と向き合って真摯に受け止めるあたりが好感もてるな

マナーのなってない国は先進国とは言えないわな。

おぢさんの子供のころは
瓶詰めの牛乳が三角パックになったころだったかな
うちの子に聞くと今の牛乳は四角いパックらしい
ちなみに>>1の牛乳のフタがよく分からない
また牛乳が瓶詰めになったのかな

こういうの読むと支那人達は日本に負けまいと努力するのかね?

給食はかんけいないな
スーパーのレジで
おばさんはペットボトルをカゴに寝かせるけど
不細工な兄ちゃんは立てる
不細工が気がきかないのは
万国共通

一人っ子政策以来支那のガキどもは聞き分けがなくて始末に終えないらしいな
大丈夫なのか?あの国

>筆者h、
落ち着けw
>中国の子どもたちは食事も残したうえ
それが礼儀だって教わってるとしたら、それも教育の効果
>自立せず、孝行を知らず、家事もできないという
日本の子供の家での姿を知らないだけジャマイカ?
ところで、牛乳の蓋を取る道具まだあるのかね?
最近は紙パック増えたというが

地域によって差があるんじゃないの。
俺は2年までは紙パック。それ以降は瓶だった

一人っ子政策でこどもが王様って環境をつくってるから
突然、厳しく仕様にもできないでしょ?
もう人口抑制が効きすぎて、若年労働者が枯渇し始めてるのが
わかってるんだから、一人っ子政策はそろそろ終了すべきだな

比較対象が無いと頑張れないのかねw
日本は手本になる国が無くても発展できたぞ

中学の頃までは平気でポイ捨てしてたけどな。
高校の頃にそれが悪いことだと反省して止めたが知能遅れの俺みたいな日本人も居る

違うようだ
中国は何度も何度も日本のここが凄い、見習うべきと違う人間が同じようなことを挙げているだけ
しかし毎度不思議なのが、そう考える思考があって、同意する人間も多数いるのにちっとも進歩しないところである

給食の時間はレクリエーションだし
準備されるのまってるよりみんなでやったほうが面白いだろ
むしろなんでやらないのかが不思議だわ

「躾」という漢字は日本生まれってほんと?

お前らに、メインおかずを転んでぶちまけた時の悲しさを理解できるのかよ!

国の成り立ちがと言うかベースが違うから無理はあるんだよね。
日本は全国民がなるべく均一に一定の教育と道徳を身に着けるべく長年取り組んできた。
一方あちらじゃ国を動かすのはほんの一握り、それ以外の圧倒的多数は人間である必要性すらないというやり方。

飲食店に勤めてるんだが、育ちの良い人と悪い人はすぐに見分けつく。

日本は欧米を手本にしたんだよ。
教育も教職課程をとれば必ずペスタロッチとか教えられる筈だが・・・

しかしこの国は、そんな子供達にストロンチウムやセシウム入りの給食喰わせてしらんぷり

北京大学の学生が日本旅行をした時に、
同じようなこと言ってたな。

おかずぶちまけは人だかりができる大事件だよな。
だが当事者がここで泣いていてはいけない。
ひたすら後始末。

ペスタロッチ懐かしいな
教育免許取るときに必ず出てくる人名だよね
デューイとか

何も勝ち負けにこだわる事はねえだろうよ、この中○人は。




すでに一般化されているものも有るようですね

ガラスの未来
A Day Made of Glass... Made possible by Corning.
CorningIncorporated



Future of Screen Technology


伸縮性スクリーン、透明スクリーンと電子インクディスプレイの技術です。

 

関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。