スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エジプト革命~オバマ大統領による演説 2011.2.11

-オバマ米大統領、自由切望するエジプトで「歴史が刻まれた」-

Youtube-


「皆さん、こんにちは。歴史が刻まれていく様を目にするのは、
人生において得難い特権です。これはそういう瞬間です。
これはそういう時です。エジプトの人たちは意思を示しました。
人々の声は届きました。そしてエジプトは二度と元のようにはならない。

退陣によってムバラク大統領は、変化を求めるエジプトの人たちの渇望に
応えました。しかしエジプトの移行はこれで終わりではありません。
これは始まりです。これから先、困難な日々が続くことでしょう。
答えの出ていない問題もたくさんあります。
けれども、エジプトの人たちは答えを見つけるはずだと私は確信しています。
エジプトの人たちは平和的に建設的に、この数週間を貫いてきた団結の精神で、
答えを見つけるはずだと。なぜならエジプトの人たちは、
の民主主義以外のなにものをも認めないと、はっきり意思表示してきたからです。

軍はこれまでも国を守るものとして愛国心と責任感をもって尽くしてきました。
軍は今後も、エジプトの人たちが見て納得のいく政権移行を、
保障しなくてはなりません。それはすなわち、エジプト市民の権利を守り、
国家非常事態法を撤廃し、変化を不可逆なものにするため憲法や
その他の法律を改正し、そして公正で自由な選挙への明確な道筋を示すこと
を意味します。何よりも、この政権移行にはエジプトのあらゆる声が
参加しなくてはなりません。なぜならエジプトの人たちがこれまで示してきた、
平和的抗議と不撓不屈の精神こそ、政権移行を後押しする強力な風と
なり得るからです。

アメリカは今後もエジプトの友人でありパートナーであり続けます。
信頼できる民主主義への移行を実現するため、私たちは必要な支援を、
求められれば、何でも提供する用意があります。
それに加えて、エジプトの若者たちがこの数日の間に示した気転や創意工夫や
起業家精神を使えば、この若い世代の素晴らしい可能性を羽ばたかせるだけの、
仕事やビジネスといった新しい機会を作り出せるだろうと、私は確信しています。
そして民主的なエジプトは、周辺地域だけでなく世界各地において、
責任あるリーダーとしての役割を推進していくことでしょう。

エジプトは6000年以上にわたり、人類の歴史において決定的な役割を
担ってきました。しかしこの数週間、エジプトの人たちが普遍的な権利を
求めるに伴い、歴史の歯車はめまぐるしい勢いで回転しました。

本当の自由とはこういう姿なのかもしれないと子供たちに見せるため、
お母さんたちやお父さんたちが子供たちを肩に担いでいる姿を私たちは見ました。

『生まれて初めて、自分がいることに意味がある。自分の声が意味をもつ。
自分はたったひとりだけど、これが本当の民主主義の形だ』と言う
若いエジプト人を、私たちは見ました。

『セルミヤ、セルミヤ(平和的に、平和的に)』と何度も何度も合唱する市民の姿を、
私たちは見ました。

守ると誓った市民に向かって銃弾を撃たない軍隊の姿を、私たちは見ました。

傷ついた人たちを助けるために街中に飛びこんでいく医師や看護師たちの姿を、
私たちは見ました。抗議する市民が武装していないことをひとりひとり確認する
ボランティアたちの姿を、私たちは見ました。

信仰する人々が共に祈り、
『ムスリムとクリスチャン、私たちはひとつだ』と唱える姿を、私たちは見ました。
信仰と信仰の間の軋みは未だに多すぎるほど世界の多くを隔てているし、
たった一つの出来事がその溝をただちに埋めることがないことも承知しています。
けれどもこうした光景を目にすると、改めて思いを新たにします。
互いの違いが私たちの全てではないのだと。私たちは人間性を共有している。
その共通点をよりどころに自分たちを語ることができるのです。

そして何よりも、新しい世代が台頭するのを私たちは見ました。
この世代は、自分たちの創意工夫と才能とテクノロジーを駆使して、
自分たちの恐怖ではなく自分たちの希望を代表する政府を要求したのです。
自分たちの無限の志に応えてくれる、そんな政府を求めたのです。
1人のエジプト人がこう簡潔に言いました。ほとんどの人はこの数日で気づいた。
自分には価値があるのだと。その価値は、二度と決して奪われることがないのだと。

これが人間の尊厳というものの力です。決して否定されることのない力です。
エジプトの人たちの姿に、私たちは感動し、奮い立った。エジプトの人たちは、
正義は暴力で勝ち取るのが一番だなどという考えの嘘を暴いてくれて、
私たちを奮い立たせてくれたのです。
なぜならエジプトでは非暴力による道義の力こそが、
テロでもなければ無意味な殺戮でもなく、非暴力の道義の力が、
歴史の流れを改めて正義へと向かわせたのですから。

私たちが触れた光景や音はどれもすべてエジプトのものでしたが、
こだまして響く歴史の音を思わないわけにはいきません。
壁を打ち砕くドイツの人たちからの響き、
街中にあふれたインドネシアの学生たち、
そして正義の道へ人々を導くガンジーからの響き。

自分の国をより良いものにしようとしていたマーティン・ルーサー・キングは、
ガーナの新国家誕生を祝ってこう言いました。
『魂には、自由を切望して声を上げるなにかがある』と。
タハリール広場から響いたのは、まさにその声でした。
そして世界中がその声を受け止めた。

今日のこの日は、エジプトの人たちのものです。
アメリカの私たちはカイロやエジプト各地の光景に感動しました。
私たちがアメリカ人である所以(ゆえん)、自分たちの子供たちには
どういう世界で育ってほしいと思っているか。
そこにエジプトの光景は訴えかけてきたからです。

『タハリール』という言葉は、解放を意味します。
私たちの魂の中で自由を切望するなにものかに、訴えかける言葉です。
今後いつまでも、エジプトの人たちを思い出す言葉となるでしょう。
人々が何をしたか、何のために動いたか、いかにして自分たちの国を変えたか、
そしてその結果いかに世界を変えたか、思い出す言葉となるでしょう。

ありがとうございます」



The White House

Office of the Press Secretary
For Immediate Release
February 11, 2011
Remarks by the President on Egypt
Grand Foyer

3:06 P.M. EST

THE PRESIDENT: Good afternoon, everybody.
There are very few moments in our lives where we have the privilege to
witness history taking place. This is one of those moments.
This is one of those times. The people of Egypt have spoken,
their voices have been heard, and Egypt will never be the same.

By stepping down, President Mubarak responded to the Egyptian people’s hunger for change. But this is not the end of Egypt’s transition. It’s a beginning. I’m sure there will be difficult days ahead, and many questions remain unanswered. But I am confident that the people of Egypt can find the answers, and do so peacefully, constructively, and in the spirit of unity that has defined these last few weeks. For Egyptians have made it clear that nothing less than genuine democracy will carry the day.

The military has served patriotically and responsibly as a caretaker to the state, and will now have to ensure a transition that is credible in the eyes of the Egyptian people. That means protecting the rights of Egypt’s citizens, lifting the emergency law, revising the constitution and other laws to make this change irreversible, and laying out a clear path to elections that are fair and free. Above all, this transition must bring all of Egypt’s voices to the table. For the spirit of peaceful protest and perseverance that the Egyptian people have shown can serve as a powerful wind at the back of this change.

The United States will continue to be a friend and partner to Egypt. We stand ready to provide whatever assistance is necessary -- and asked for -- to pursue a credible transition to a democracy. I’m also confident that the same ingenuity and entrepreneurial spirit that the young people of Egypt have shown in recent days can be harnessed to create new opportunity -- jobs and businesses that allow the extraordinary potential of this generation to take flight. And I know that a democratic Egypt can advance its role of responsible leadership not only in the region but around the world.

Egypt has played a pivotal role in human history for over 6,000 years. But over the last few weeks, the wheel of history turned at a blinding pace as the Egyptian people demanded their universal rights.

We saw mothers and fathers carrying their children on their shoulders to show them what true freedom might look like.

We saw a young Egyptian say, “For the first time in my life, I really count. My voice is heard. Even though I’m only one person, this is the way real democracy works.”

We saw protesters chant “Selmiyya, selmiyya” -- “We are peaceful” -- again and again.

We saw a military that would not fire bullets at the people they were sworn to protect.

And we saw doctors and nurses rushing into the streets to care for those who were wounded, volunteers checking protesters to ensure that they were unarmed.

We saw people of faith praying together and chanting – “Muslims, Christians, We are one.” And though we know that the strains between faiths still divide too many in this world and no single event will close that chasm immediately, these scenes remind us that we need not be defined by our differences. We can be defined by the common humanity that we share.

And above all, we saw a new generation emerge -- a generation that uses their own creativity and talent and technology to call for a government that represented their hopes and not their fears; a government that is responsive to their boundless aspirations. One Egyptian put it simply: Most people have discovered in the last few days…that they are worth something, and this cannot be taken away from them anymore, ever.

This is the power of human dignity, and it can never be denied. Egyptians have inspired us, and they’ve done so by putting the lie to the idea that justice is best gained through violence. For in Egypt, it was the moral force of nonviolence -- not terrorism, not mindless killing -- but nonviolence, moral force that bent the arc of history toward justice once more.

And while the sights and sounds that we heard were entirely Egyptian, we can’t help but hear the echoes of history -- echoes from Germans tearing down a wall, Indonesian students taking to the streets, Gandhi leading his people down the path of justice.

As Martin Luther King said in celebrating the birth of a new nation in Ghana while trying to perfect his own, “There is something in the soul that cries out for freedom.” Those were the cries that came from Tahrir Square, and the entire world has taken note.

Today belongs to the people of Egypt, and the American people are moved by these scenes in Cairo and across Egypt because of who we are as a people and the kind of world that we want our children to grow up in.

The word Tahrir means liberation. It is a word that speaks to that something in our souls that cries out for freedom. And forevermore it will remind us of the Egyptian people -- of what they did, of the things that they stood for, and how they changed their country, and in doing so changed the world.

Thank you.

END 3:13 P.M. EST





関連記事
スポンサーサイト

Add Comments

管理者にのみ通知
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。